カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い夏に聴きたいロック(メトロノミー) 第2夜

English Riviera


先週は、この暑さの中で会社の天井エアコンの入替作業が行われました。
作業期間の2日半もの間、エアコンが使えず社内は気温36℃の異常な
状態に。

ワタシも自宅から持参した「小型扇風機」を机に設置しての仕事でしたが
届くのは熱風のみ。
思わず「情熱・熱風せれなーで」(by近藤真彦)を歌っちゃいましたよ、ええ。

事務所内で一人も熱中症患者が出なかったのは、奇跡だと思います。
「節電」もいいのですが、過度に頑張ると命を落とす危険性も有りますから、
エアコンを使って上手に、この夏をサヴァイヴしましょう。



The Look/Metronomy

今日の「暑い夏に聴きたいロック」は、今年4月に発表されたメトロノミー
の新作 『English Riviera』 から 「ザ・ルック」 です。

前作からメンバーを入替え、黒人ベーシストと女性ドラマーを加えた4人
編成に。家内制手工業的な佇まいから、スタジオ・バンド・スタイルを構築。

ただ、このバンドの世界観を決定しているのはフロントマンでソングライター
ジョセフ・マウントであり、今回のアルバムでも彼のメランコリックな
音楽性が、大きく支配しています。

なんでも今回、目指したのはイーグルス『Hotel California』 だとか。
アルバム・ジャケットの椰子の木に、それが現れているのでしょう。
ジョセフの繊細な音楽感性が滲み出ている、リゾート気分満載のジャケット
だと思います。(↓左)

English Rivierametornmy.jpg

これは、前作『Nights Out』(↑右)のアルバム・ジャケット(男が車にもたれ
かかって空を見上げながら、今日のデートの反省をしている(笑))と同様に、
アルバムのテーマがアート・ワークに投影されていて、とても分かり易いの
です。(前作はOASI-Zが選ぶ ALBUMS OF THE YEAR 2009 で堂々4位に)

音は前作以上に「脱力感」を前面に出した、エレクトリック・ダンス・ミュージック。
無機質でクールなポップ性とグルーヴ感は、このバンドならではですね~。

ただ、前作のようなシンセを多用したプログレ的手法による違和感は、一掃
されており、ジョセフはコンテンポラリーな方向にバンドを導いたようです。
(前作は、そのダンサブルでアヴァンギャルドな違和感が良かったんだけどね)


余談ですが、“リヴィエラ”で思い出すのは、森進一「冬のリヴィエラ」
松本隆・大瀧詠一のコンビによる、森進一の新機軸となったポップなヒット曲。
でも、最近の森進一の老け方って尋常じゃないね。恐ろしくね?

因みに“リヴィエラ”をWikipediaで調べたら、フランス~イタリアの地中海に
面した海岸の「避寒地」だって。(のリヴィエラだものね)
暑い夏に「避寒地」って(汗)。すっかり椰子の木に騙されました・・・。


関連記事
スポンサーサイト

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。