カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い夏に聴きたいロック(ファウンテインズ・オブ・ウェイン) 第6夜

Sky Full of Holes

避暑地というと皆さんは、「軽井沢」とか「那須高原」なんていう所を、
思い浮かべるのでしょうか?

でも、ワタシが北海道に住んでいた頃は、避暑地と言われても、今一つ
ピンとこなかったですね。

何せ、自分が住んでいるところがクーラー無用の涼しさなのですから
・・・(爆)。



The Summer Place/Fountains Of Wayne

という事で、今日の「暑い夏に聴きたいロック」は、4年ぶりとなる
ファウンテインズ・オブ・ウェインの、通算5枚目のニュー・アルバム  
『Sky Full Of Holes』 から「ザ・サマー・プレイス」です。

サッカーのワールド・カップと、夏のオリンピックが開催される隙間の
年にきっちり4年周期で、アルバムを発表してきたファウンテインズ・
オブ・ウェイン
。(以下FOW

この作品も、いつものように「胸キュン・パワー・ポップ」「琴線に
触れる切ないメロディ」
に包まれたFOW節が炸裂しています。

このバンドの最大の魅力は、変わらない事の安心感だと思います。
前回エントリーしたポール・サイモンは、70歳を目前に控えながらも
貪欲に音楽的変化を続けているアーティストでしたが、このFOW
デビュー当時から奇をてらう事無く、一貫して「良質なポップ・ソング
を作る事こそが我が命」
という姿勢を貫いております。

そんな彼らの音楽は、正にポップ・ミュージックの普遍性を具現化した
ものであり、この後10年、20年経ってから聴いても決して色褪せる事の
無いタイムレスな音楽を、作り続けていると言えるでしょう。

それにしても、クリス・コリングウッドアダム・シュレシンジャー
コンビは、レノン=マッカートニーアンディ・パートリッジコリン・
ムールディング
(XTC)に匹敵する、ソング・ライターだと思いますね~。

その、どこか懐かしさを感じるエヴァー・グリーンなサウンドは、夏でも
涼しかったサマー・プレイス・北海道で、ラジオから流れる洋楽ポップス
を、毎日ワクワクしながら聴いていた頃の、今ではすっかりセピア色
なった遠い昔の思い出を、ワタシに呼び起こさせてくれるのです。


関連記事
スポンサーサイト

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。