カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2分前後の曲特集

The FutureheadsCartel.jpgThe VinesTango In The AtticBeady Eye


今日の5曲
1.ロボット/ザ・フューチャーヘッズ・・・The Futureheads
2.ルーズ・イット/カルテル・・・Cartel
3.ヒーズ・ア・ロッカー/ザ・ヴァインズ・・・Melodia
4.ワン・ステップ・アウェイ/タンゴ・イン・ジ・アティック
             ・・・Bank Place Locomotive Society
5.フォー・エニワン/ビーディ・アイ・・・Different Gear, Still Speeding


1970年代前半、プログレッシヴ・ロックが全盛期を迎えていた時代、1曲の
長さは最低でも5分以上が当たり前でした。
中にはレコードのA面、B面合わせて3曲とか、2枚組にもかかわらず4曲
しか収録されていない、というものも有りました。

私自身も、「長尺であればあるほどOK!この長さに耐えられなければ(笑)、
ロック通とは言えない」
と中学生の時に、真剣に考えていたくらいですから。

その後、パンク・ロックが登場した時、従来のロックに耳を慣らされた多く
のロックファンは、その「異様なファッション」「がなり立てるヴォーカル」
そして「3分以内の短い曲」を、受け入れる事が出来ませんでした。

今でこそ「パンク・ロックが、時代に風穴を開けた!」みたいに言われて
いますが、当時は全くそんな感じでは無かったんですよね~。
プログレの高尚な音とは正反対な、ローファイで乱暴的なサウンドにワタシ
は全く付いていけませんでした(苦笑)。

しかし、パンク・ロックがニュー・ウェイヴに進化して行く過程の中で次第に
身体と耳が順応していくようになると、今度は逆にオールド・ウェイヴな古い
タイプの曲(長尺曲)を、聴けなくなってしまったのです。

自分が表現したい事を3分間で完結させる「パンク・ロック」は、実に潔く
痛快な音楽に映り、「短い事はいい事だ」とそれまでロックの代名詞で
あった「長髪、ロンドン・ブーツ、ベルボトムのジーンズ」は、姿を消し
替わってテクノ・カットを代表する短髪が、流行る時代になりました。

そこで、今日は比較的最近の作品から「3分」とは言わず、「2分前後の
曲(苦笑)」
を集めて聴いていきたいと思います。
(な~んだパンク・ロックの話じゃないのかよぉ。前フリは何だったんだ?)

先ずは景気づけにザ・フューチャーヘッズの2分1秒の曲、「ロボット」
お聴き下さい。



どうです?実にパンキッシュだったでしょう~(爆)。

DEVOXTCギャング・オブ・フォーの影響を強く受けた、2005年発表
フューチャーヘッズのデビュー・アルバムを聴いた時、「もしXTCが復活
しなくても、このバンドが居ればいいかな~」
とマジに考えたものです。

その後、2ndはXTC度も増して、かなり期待に応えてくれた作品でしたが、
3rdアルバムはヒネクレ度が薄れ、XTCの3rd 『Drums And Wires』 とは、
かなり距離感が開いてしまった印象を受けました。
まぁ、XTCのソングライティングには二人の天才が居ましたからね~。
でも、この先も期待していきたいバンドです。




続いての曲は、今日の5曲「2分前後の曲特集」最長の2分34秒のナンバー、
カルテルの2008年発表の2ndアルバムから、「ルーズ・イット」です。

このカルテルの2ndアルバムは、胸キュン・メロディック・パワー・ポップと
いう感じで、とてもいいアルバムでした。
にもかかわらず、日本でも本国アメリカでも、それほど話題に上らないのが
寂しいですね。調べによると3rdアルバムも出ているようですが、日本盤の
発売はなかったようです・・・(涙)。




続く3曲目は、ザ・ヴァインズの2008年発表の4thアルバム 『Melodia』
から、1分55秒の曲「ヒーズ・ア・ロッカー」です。
因みにこの動画では2分44秒と表示されておりますが、曲が始まるのは
45秒位からですので、必要に応じて進めてご覧下さい。

2002年のデビュー・アルバムがメディアから大絶賛を受け、NME誌の
表紙を飾り、そのサウンドは「NIRVANA meets THE BEATLES」
評されたほどでした。

しかしその後、順風満帆と行かなかったのは、メンバーの中心人物である
クレイグ・ニコルス「アスペルガー障害」と、どう向かい合っていくかと
いう問題があったから。
でも5枚目が最近出たばかりだし、一先ず安心といったところでしょうか。




4曲目はタンゴ・イン・ジ・アティックの、2010年に発表されたアルバム
『Bank Place Locomotive Society』から1分25秒と、あっという間に
終わる「ワン・ステップ・アウェイ」です。

「スコットランドのヴァンパイア・ウィークエンド」とも、言われる彼らですが
どちらかというと、80年代「ネオアコ」の風味を前面に出した新世代ポップ
という感じ。

実は私自身、全くこのバンドに対する知識はなかったのですが、タワレコの
試聴機でジャケット写真に惹かれて試聴して、即購入したCDなのです。
タワレコの作戦にまんまと嵌ってしまった感じですが(笑)、清々しいギター
の音が、ROUGH TRADE系の音を良く聴いていた80年代前半の、ほろ苦い
青春時代を思い出させてくれます。




そして最後の曲は、今年2011年に発表されたばかりのビーディ・アイの1st
アルバム 『Different Gear, Still Speeding』 から 「フォー・エニワン」
です。時間は2分14秒。

実にリアムの作品らしい曲で、オアシス時代の「ソング・バード」あたりを
想起させる、アコースティックな作品。
リアムは顔や言動に似合わず、こういう優しい曲を作るのが上手いですね。

それにしても、こんなにいい曲をノエルは何故、ボツにしたんですかね~。


2minutes.jpg


1980年前半当時のワタシのもみ上げはスパッと短く、見事な刈上げでした。
今、その当時のチェッカーズとかマッチ(近藤真彦)の映像をTVで観ると、
自分も彼らの髪型を必死にマネしていたなぁ~と、思わず赤面してしまいます
(爆)。


関連記事
スポンサーサイト

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

コメント激遅ですみません!
2分前後の曲特集、いいですね~。
聴き疲れないし(爆)

今日の5曲の中だと、ザ・ヴァインズが好きだなぁ。
タンゴ・イン・ジ・アティック、ホントにすぐ終わりますねぇ。
えっ、もう終わり!?と思って、思わずもう一度聴いてしまいました。
これって思うツボ…なんですよね、きっと(笑)

煌砂さん、いつもコメントありがとうございます。

ここだけの話ですが、本当は「2分以内の曲」という
テーマでやろうと思い、i-Tunesで集めたのすが
「な~んか短い曲ばかりで、物足りないなぁ~」と感じて、
結局2分を超える曲も交えて「2分前後」という中途半端な
企画に変更となったのですe-351

ザ・ヴァインズは、アルバム全編3分以内の曲でばかりで、
しかもキャッチーな曲が多いので、聴き易いですよ。
でも、アルバム自体「あっ」という間に終わっちゃう(笑)。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。