カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎のG1勝負 スプリンターズS

秋のG1レース初戦となりました電撃の6ハロン、スプリンターズS
外国馬VS日本馬の様相を呈してまいりました。

なんと言っても注目はシンガポールの怪物、21戦17勝2着4回という
パーフェクトの連対実績を誇る、その名もロケットマン!

そして、不気味な香港馬2頭。このレースは、過去6年間の間に
香港馬が2勝という相性抜群となっております。
迎え撃つ日本馬は、1,200mのG1レースで2回連続降着という失態
を演じながらも、実力はNO.1のダッシャーゴーゴーを総大将に、
重賞レース3連勝中のカレンチャンや、G1レースでは末脚が一際
光るサンカルロ等、目移りしてしまう難解な一戦となりました。

第45回スプリンターズS(G1)》 芝1,200m
【結論】
◎ダッシャーゴーゴー
◯ロケットマン
▲サンカルロ
△カレンチャン
△グリーンバーディ


川田騎手が2回降着の雪辱を晴らし、悲願のG1タイトルを
奪取する事を期待して、ダッシャーゴーゴーにしました。
いつも前哨戦に頑張り過ぎて本番にヨレるこの馬でしたが、今回は
セントウルSが3着で、余力残しの臨戦過程に好感が持てます。
CBC賞後に見せた川田Jの、感激号泣の再現に期待です。

◯ロケットマンは、どんな走りを見せるのか?2着をぶっちぎるのか?
中山の急坂は大丈夫なのか?という所が焦点だと思います。

まぁ、殆どこの2頭のレースだと思いますので馬連1点でもいいの
ですが、あとはダッシャーゴーゴーから▲サンカルロ、△カレンチャン
△グリーンバーディへの馬連、を少し買いたいと思います。


第45回スプリンターズSの発走は15:40。
レース後の反省文をお楽しみに・・・。



【レース結果】
1.カレンチャン
2.パドトロワ
3.エーシンヴァーゴウ


ビービーガルダンの放馬で、レースが10分近く遅れてスタート。
馬体検査にもう少し時間がかかるのかと思いきや、TVの放送
時間を考慮したのか、意外と早くリ・スタートされました。

結果は上記の通りで、ワタシ予想は全く外れました(涙)。
ダッシャーゴーゴーは、道中の行きっぷりも余り良くなかった
ですし、最後の直線では前が壁になって、2度ほど川田Jが
立ち上がるなど、スムーズなレース運びが出来ませんでした。

ロケットマンは、パドックでもイレ込んだ感じでしたし、本来
の力が発揮出来ませんでした。それでも、4着は流石ですね。

1~3着は、夏場に使って重賞戦線で結果を残していた馬。
そして、調教でも1、2着馬は11秒台の抜群の動きで、絶好調
でした。

ただ、出来れば最初のゲート入りの後、すぐにスタートして
欲しかったですね~。

この秋のG1レースは池添Jから目を離せなくなりました。
秋華賞も、菊花賞も、全部勝っちゃうかもですね~。

関連記事
スポンサーサイト

THEME:競馬 | GENRE:スポーツ |

COMMENT

私も似たような予想で、恐らくこれらの馬で決まると思うんだけど・・・。
外国馬の実績は、あてにならないことが多いので取捨が難しいですよね。
日本馬は、牝馬が鍵を握っているかな。

kazupさん、いつもコメントありがとうございます。

>日本馬は、牝馬が鍵を握っているかな。
ズバリ、その通りになりましたね~。流石です!
正直、カレンチャンもエーシンも使いすぎかな~と思って
おりましたが、牝馬は強し!
まさに「カアチャンコワイ」ですね(笑)。

それにしてもビービーガルダンは、見事な走りでした。
最後は自ら1,600mのスタート地点の輪乗りをする場所に
戻るなんざ、流石ですね~。

ビービーガルダンは、笑えましたね。
でも佐藤哲三は、骨折したみたいです。

池添君、秋華賞まで勝ったら、菊花賞で負けるかもね(^^;

kazupさん、またまたコメントありがとうございます。

>ビービーガルダンは、笑えましたね。
今までも放馬はTVでも何度か見ましたが、大体係員にすぐ
止められていたと思います。
しかし、BBガルダンは違いました。
係員の制止を振り切り、2周もしてしまうのですから・・・。
ああなると、後は疲れるのを待つしかないのですね。
つくづく、騎手の力は大きいのだなぁと痛感しました。
でもWIN5で4レース的中して、最後BBガルダンだけを
買っていた人は、悔しかったでしょうね~。
(そんな人は居ないかな?)

>池添君、秋華賞まで勝ったら、菊花賞で負けるかもね(^^;
それは、ありえるかもですね~。
でも、我々も馬券検討で池添Jの取捨に悩みますね・・・。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。