カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アバンギャルド・ポップの奇才、ブライアン・イーノはいいのぉ~

Here Come the Warm JetsTaking Tiger MountainAnother Green WorldBefore And After Science


今日の5曲

1.ニードルズ・イン・ザ・キャメルズ・アイ・・・Here Come The Warm Jets
2.プット・ア・ストロー・アンダー・ベイビー
                 ・・・Taking Tiger Mountain By Strategy
3.セント・エルモス・ファイアー・・・Another Green World
4.マザー・ホエール・アイレス・・・Taking Tiger Mountain By Strategy
5.ヒア・ヒー・カムズ・・・Before And After Science


皆さんは、ブライアン・イーノと聞くと何を思い浮かべるでしょうか?

古くからのロック・ファンであれば、ロキシー・ミュージックのオリジナル・
メンバーで、バイセクシャルなファッションが話題のノン・ミュージシャン。

或いは、デヴィッド・ボウイ「ベルリン三部作」を共同制作し、ボウイの
新境地を切り開いた人物。

更に、テクノ・ビートで一世を風靡したディーヴォウルトラヴォックス
のデビュー・アルバムのプロデューサーとして。

プロデュースした作品の中でも、リズムとグルーヴを前面に打ち出した
トーキング・ヘッズの、アフリカン・ビートを大胆に導入した白眉の作品
「リメイン・イン・ライト」は、80年代を代表するアルバム。

また、U2がスケール・アップし、スーパースターに上り詰めたアルバムで、
最高傑作の呼び声も高い、「ヨシュア・トゥリー」のプロデューサーとして。

その一方で、「環境と同化して機能する音楽」を目指した「環境音楽:
アンビエント・ミュージック
という、従来のBGMとは異なる非商業的な
作品を作ったり、Windows95の起動音を作成したり。

そして、現在ではコールドプレイのアルバム・プロデュースを手掛ける等、
その才能のマルチぶりを遺憾なく発揮している、アーティストなのです。

しかし、私にとって最もブライアン・イーノが輝いていたと感じるのは
1974年~1977年のソロ活動時代。
良質なアヴァンギャルド・ポップのアルバムを、立て続けに発表していた
時期です。

今日は、その時代の4枚アルバムから5曲を聴いていきたいと思います。

先ず1曲目は、1974年のアルバム『Here Come The Warm Jets』から
ロキシー・ミュージック時代の盟友、フィル・マンザネラのギターが鳴り
響くオープニング・ナンバー「ニードルズ・イン・ザ・キャメルズ・アイ」を、
お聴き下さい。


Needles In The Camel's Eye


この1stに名を連ねたパーソネルが豪華絢爛で、前述のフィル・マンザネラを
始め、アンディ・マッケイロバート・フリップジョン・ウェットンクリス・
スペディング
など。
そして2ndには、フィル・コリンズロバート・ワイアットも参加。

その2ndアルバム、『Taking Tiger Mountain By Strategy』(1974年発表)
から、メランコリックでストリングスが印象的なナンバー、「プット・ア・ストロー・
アンダー・ベイビー」
をお聴き下さい。


Put A Straw Under Baby

1st、2ndともに、イーノのヴォーカルが聴ける、ロック的なアプローチの
ポップ・ナンバーが殆どでしたが、3rdアルバム『Another Green World』
(1975年発表)では約半分がヴォーカル・パート、残りがインスト・パートと
いう構成に。
それは、正に「アンビエント・ミュージック」に見られる、実験的な要素が多く
取り入れられており、後のデヴィッド・ボウイ「ベルリン三部作」の原点と
言える作品となりました。

ジャケットのアート・ワークも秀逸なこのアルバムから、「セント・エルモス・
ファイアー」
を、お聴き下さい。


St.Elmo's Fire

彼がプロデュースしたアーティスト、例えばトーキング・ヘッズU2は、
イーノが手掛ける前の段階で、ある程度成功を納めていたバンドでした。
しかし、イーノはそこに実験的な要素を注入し、ポップ的な要素を希薄に
する事で、商業的には従来の作品以上に大成功させたのです。

その一つのキーワードは、「ミニマリズム」の導入という事になるでしょう。
その、ミニマルな魅力が存分に発揮された2ndアルバムの収録ナンバー
「マザー・ホエール・アイレス」をお聴き下さい。


Mother Whale Eyeless

イーノの作品は従来のオールド・スクールな型にはまらず、自由な発想の
下に作られています。それは彼がノン・ミュージシャンである事が大きな
理由だと言われております。

イーノは、音楽家であれば絶対やらないような方法を駆使しながら、自身の
芸術性やアート感覚で、斬新なポップ・ミュージックを作りあげたのです。


最後の曲は1977年発表のアルバム、『Before And After Science』から
牧歌的なポップ・ナンバーでありながら、実験的な部分とのバランス感覚が
絶妙と言える「ヒア・ヒー・カムズ」を、お聴き下さい。


Here He Comes


Brian Eno

頭髪は4年間で確実に後退していったのですが、音楽性は確実に進化して
いったのです・・・。


関連記事
スポンサーサイト

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

Windows95の起動音、ブライアン・イーノだったんですか!!

驚きでいつものご挨拶を忘れてしまいました(笑)
改めまして、こんばんは、OASI-Zさん!

いやはや、しかしブライアン・イーノ、手広いですねぇ。
手掛けたお仕事、半分ぐらいしか知りませんでした。

私の中では、一番強い彼のイメージは、やっぱりU2のプロデューサーですかねぇ…。
アンビエント界の巨匠のイメージもけっこう強いです。

彼の手が加わると、テイストは色々あってもどれも特徴的のある音になりますよね。
深く語れるほど知っているわけではないですが、面白いので好きです、彼の音楽。

煌砂さん、いつもコメントありがとうございます。

そーなんですよ、ワタシも実は知らなかったのですが(汗)、
Windows95の起動音はイーノが作ったようですね。
でも、どんな音でしたっけ?(苦笑)

グランド・ファンクやバッドフィンガー、スパークス、XTC等の
バラエティに富んだバンドのプロデュースを手掛け、
自身も「屈折ポップ・ミュージックの天才」と呼ばれた
トッド・ラングレンと、このブライアン・イーノには、
共通点がたくさんあるように思えてなりません。
何より、二人ともワタシは好きですからe-446

ただ個人的にはイーノのアンビエント・シリーズ
「Music For Airports」を聴いても、心は癒されないんですよね。
空港のロビーでこれを聴いたら、よけいに不安感を煽るような・・e-351

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。