カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎のG1勝負(秋)第3戦 天皇賞(秋)

今週は『炎のG1勝負(秋)』第3戦、古馬最高峰の一戦「第144回
天皇賞(秋)」
が行われます。


この天皇賞のJRAのCM、1999年のスペシャルウィークを起用した
「逆襲のラン」のフレーズ。
スペシャルウィークを父に持ち、「逆襲のラン」にピッタリ当てはまる
のは、ブエナビスタしか居ないと思います。

ブエナは昨年の天皇賞(秋)の勝利後、次戦のジャパンCで1着入選
にもかかわらず、進路妨害により2着へ降着。
ここでケチがついたか、有馬記念ハナ差2着、ヴィクトリアマイルC
クビ差2着、宝塚記念も2着と勝利から見離され続けておりますが、
いよいよ本日「逆襲のラン」で、1年ぶりの勝利の美酒に浸れるので
はないかと考えます。
ただ、調教で遅れたのが気掛かりですが・・・。

そして、もう1頭「逆襲のラン」があるとすれば、昨年のダービー勝利
の後1年半近く勝利から遠ざかっている、エイシンフラッシュ
ダービー馬スペシャルウィークの「逆襲のラン」と重なる部分もあり
ますし、鞍上にルメールを配し反撃体勢が整いました。


【結論】
◎ブエナビスタ
◯エイシンフラッシュ

△ダークシャドウ
△ペルーサ
△ローズキングダム
△トーセンジョーダン
△アーネストリー
注ビッグウィーク

勝つのはブエナビスタか、エイシンフラッシュのどちらと見て
馬券はブエナビスタ-エイシンフラッシュの馬連と、三連単で
1着ブエナ2着△の前走重賞勝利馬(ペルーサは昨年の2着馬)
3着エイシンと、1着と3着を入れ替えた三連単で勝負します。

ただ、オレも「逆襲のラン」の権利が有るぞと言わんばかりに
菊花賞以来のビッグウィークの大駆けが怖いので、単勝だけでも
買おうかな(笑)。


第144回天皇賞(秋)の発走は15:40。
レース後の反省文をお楽しみに・・・。



【レース結果】
1.トーセンジョーダン
2.ダークシャドウ
3.ペルーサ


う~ん、1.56.1のレコード決着とは凄いレースでした。

このハイペースの原因は、シルポートの暴走もそうですが
アーネストリーが大外枠から、捲くり気味に先団に取り付き
それをマークするようにルメール(エイシンフラッシュ)が
そして、ブエナビスタまでもいつもより前目の位置で隊列が
落ち着いてしまった事にあると思います。

まぁ、私の馬券作戦に「併せ馬の調教で遅れた馬は消し!」
というのが有るのですが、ブエナもエイシンもそれに該当
していたのです。
それでも、これを無視して買ったのはJRAのCMですね。

あのJRAのCMに、すっかりやられました(涙)。

結局、1着2着は前走福永騎手でG2を勝ち、今回外人騎手に
乗り替わった馬。
今シーズンも、外人騎手に要注意ですね・・・。

関連記事
スポンサーサイト

THEME:競馬 | GENRE:スポーツ |

COMMENT

CMからだとブエナとしか思えないです。
相手は、結構、混戦で難解ですね。

kazupさん、いつもコメントありがとうございます。

レコード決着の時には、何故か波乱の結末が待っていますね。
ブエナも次は、外人Jに乗り替わりでしょうかね~。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。