カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プログレなのにシングル・ヒットした曲特集

Meddle.jpgIn Search Of SpaceSeventh SojournTubular BellsPictures at an Exhibition


今日の5曲
1.吹けよ風、呼べよ嵐/ピンク・フロイド
2.シルバー・マシーン/ホークウィンド
3.ロックンロール・シンガー/ムーディー・ブルース
4.チューブラーベルズ/マイクオールド・フィールド
5.ナット・ロッカー/エマーソン・レイク&パーマー


プログレッシヴ・ロックというと、とにかくアルバム至上主義
言いましょうか、トータル性を重視し壮大なスケール感に溢れたアルバムを
作ったり、アルバム収録曲の1曲当たりがやたら長尺で、「シングル・カット
なんか眼中に無いわい!!」
と、言わんばかりのバンドが殆どである為、
シングル・チャートに顔を出すなんて事は、稀なわけです。

しかし僅かではありますが、ヒット・チャートを賑わしたプログレ・バンドが
放ったシングル・ヒット曲というものも実際にはありますので、今日はそんな
ナンバーを聴いていきたいと思います。
(チャート記録は当時のニッポン放送、ポップス・ベスト10より)


先ず1曲目は、名盤『おせっかい:Meddle』に収録されたピンク・フロイド
「吹けよ風、呼べよ嵐:One Of These Days」です。
この曲はアルバムの中でも少し違和感を感じる、暴力的で狂気性を孕んだ
ハードなインスト・ナンバー。
'72年3月に最高位18位、ベスト20には1週だけのランクインとなりました。

この曲がロック・ファン以外にも有名なのは、悪役プロレスラーとして人気を
博していたアブドーラ・ザ・ブッチャーが、リングに入場する時のテーマ・
ソングに使われた事によります。




続いて2曲目は、ホークウィンド「シルバー・マシーン」です。
ホークウィンドはプログレ・バンドというよりも、サイケデリックな要素の強い
バンドですが、何を隠そうワタシはこのバンドのアルバムを持っていないの
です(汗)。知っている曲も、この「シルバー・マシーン」のみ(滝汗)。

ただ、彼らのライヴ・パフォーマンスにはヌード・ダンサーが参加している
らしいという事は、当時から強烈な印象として残っています(笑)。
それは、当時小学校6年生だったOASI-Zの下半身を揺さぶるのに十分な
情報でした(爆)。

この「シルバー・マシーン」は全英では3位を記録し、日本では'72年11月
に最高位13位ながらも、6週間に亘って20位以内に留まるという健闘を
見せました。
そして驚くべき事に、このホークウィンドは現在も活動を続けているよう
ですね~。




3曲目は、ムーディー・ブルース「ロックンロール・シンガー」です。
この曲は彼らの『童夢』と並ぶ代表的なアルバム、『Seventh Sojourn
~神秘な世界』
に収録されたナンバーで、'73年4月から5月にかけて
3週間に亘り最高位6位を記録。トップ20圏内には実に14週間も、ランク
インしました。

早くからメロトロンやシンセサイザー、オーケストラを使いプログレ・バンド
として確固たる地位を築いたバンドですが、この曲は意外な事にブラック・
コンテンポラリーな魅力に溢れたナンバーで、モータウン・サウンド風
コーラスと、ホーン・セクションがキャッチーなメロディに上手く乗っかって
チャートを駆け上がっていきました。

因みにこのムーディー・ブルースのオリジナル・メンバーには、後に
ウイングスに加入する、デニー・レーンが在籍しておりました。




4曲目はマイク・オールドフィールド「チューブラーベルズ」です。
というよりも、オカルト映画「エクソシスト」のテーマ・ソングという方が、
話が解り易いかもしれません。
実際にランキングは「エクソシストのテーマ」というタイトルで'74年9月
に最高位2位を記録し、12週に亘ってベスト20圏内に留まるヒットと
なりました。

マイク・オールドフィールド自身、この曲が世界的規模で大きな話題
となった、非常にインパクトの強いオカルト・ホラー映画に使用された事で
「イメージの固定化」に長い期間、悩む事になるのですが、結果的に
この映画に使われた事で、彼の名前が全世界に知れ渡ったのですから
皮肉なものです。

因みにワタシもこの「エクソシスト」を映画館で観た後、中学生だった
にもかかわらず、この曲のイントロが聴こえて来るだけで映画の中の
恐怖のシーンが思い浮かび、トイレに行けなくなるという状態が続き
暫くまともに、この曲を聴く事が出来ませんでした(冷汗)。




そして最後の曲は'72年7月に最高位5位、9週間ベスト20位に留まった
EL&P「ナット・ロッカー」です。

この曲が収められた『Pictures At An Exhibition(邦題:展覧会の
絵)
』は『タルカス』と並ぶEL&Pの代表作と言われる作品で、ワタシ
自身がプログレッシヴ・ロックのアルバムというものを、初めて買ったのも
このアルバムでした。
難解なイメージがあったプログレというジャンルのLPレコードを購入する
には「シングル・ヒット」が収録されている事は、非常に大きなポイント
だったのです。

アルバムはムソルグスキーによって作曲されたピアノ組曲を題材に、
EL&Pのハードな演奏を収めたライヴ盤の形で、リリースされました。
余談ですが、中学の音楽の時間に「展覧会の絵」のレコード(勿論、
EL&Pのでは無い)を鑑賞する機会が有り、ムソルグスキーの名前
を知っていたワタシは、先生に感心されたものです。

そしてこの「ナット・ロッカー」はアルバムの最後、アンコール・ナンバー
のような形で演奏されたものです。原曲はチャイコフスキーの手による
三大バレエ音楽の一つ「くるみ割り人形」を、クラヴィネットなどを加え
EL&P独特の味付けで、ロック調にアレンジされたもの。

もっとも、その事を知ったのは結構最近の事でして(汗)、娘のバレエの
発表会で「くるみ割り人形(Nutcracker)」の演目を観て、NutRocker
Nutcrakerから引用したものだという事が分かったのです。(←遅いよ!)




プログレ四天王と言われたキング・クリムゾン、ピンク・フロイド、イエス
そしてエマーソン・レイク&パーマーの中で、日本で一番人気が有った
のは、ダントツでEL&Pでした。
やはり、他のバンドとはルックス面で大きな開きが有りましたから(笑)。
特にキース・エマーソンの人気は絶大で、当時のロック雑誌ミュージック・
ライフ
のキーボード部門の人気投票では、いつも1位でしたね~。
まぁもっとも、ライバルがエルトン・ジョン、リック・ウェイクマン、ジョン・
ロードといった辺りだったので、ワイルドさとイケメン度では他を圧倒して
いましたから(爆)。


関連記事
スポンサーサイト

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

俺も選んでみました。〔悪魔の呪文〕フォーカス、〔マネー〕フロイド、〔サテンの夜〕ムーディー・ブルース。〔青い影〕プロコルハルム。〔ラウンドアバウト〕イエス
次点・・・〔ロンリーハート〕イエスどうかな?

ロック仙人TFさん、いつもコメントありがとうございます。

「サテンの夜」は、'72年12月に最高位15位を記録しましたね。
「青い影」はリアルタイムでは分からないのですが、恐らく
ベスト10に入ったのでは?
「悪魔の呪文」「マネー」「ラウンドアバウト」は、シングル・
カットはされたと思いますが、TOP20は厳しいでしょう?

'70年代前半のヒット・チャートは、ポップス全盛時代でしたから
プログレは勿論、ハード・ロックもランクイン出来るのは、一部の
バンドに限られていましたね。

因みに'70年代後半以降のフロイド、イエス、ジェネシス、
スーパー・トランプ、エイジア、スティックス等はTOP10に入る
ヒット曲を放っていますが、もう「プログレ」とは呼べないと思い
除外させていただきました。

確かにAsiaは「プログレ」ってジャンルには抵抗が(笑)。ポップで素敵なんですけどね。
ムーディーズだとStory in Your Eyesが好きですね。「童夢」のジャケもそうですが、プログレの名盤には素晴らしいジャケが多いですよね。そこも含めて、やっぱりプログレはアルバム志向というか、作品全体で評価するファンが多いのでしょうね。

こんばんは!
実はプログレって聴かず嫌いで…。
まぁ聴いたことないから嫌いかどうかもわからないというのが実際のところなんですが(汗)

一口に「プログレ」と言っても、いろんなタイプの曲があるんですね~。
暗くて複雑で難解、歌ナシ!なイメージだったのですが、ご紹介されていた「ロックンロール・シンガー」や「ナット・ロッカー」は好きな感じです。

そしてエクソシストのテーマもプログレだったんですね。
曲だけ聴いても、やっぱりものすごい緊張感ある曲ですね。
なんか張りつめた感じと言うか…。
「エクソシストのテーマ」って言われなくてもホラーな感じがします(笑)

ryoさん、いつもコメントありがとうございます。

エイジアにしても'80年代イエスにしても、メンバーが元プログレ
バンドに居たというだけで、実際は産業ロック(笑)的な音を
鳴らしていたわけですね。
それは'70年代後半にパンク・ロックと入れ替わるように衰退した
プログレバンドが、活路を見出したと言う事になるのでしょうね。

あの'80年代再結成キング・クリムゾンだって、ラジカリズムだけは
かろうじて残っていたものの、'70年代の音とは全く違う産業色が
強い音でしたからね~(苦笑)。

煌砂さん、いつもコメントありがとうございます。

ワタシもあの当時(1970年代前半)、プログレッシヴ・ロックに
対しては、ポップ感ゼロで、ジャズのインプロピゼイションや
クラッシック音楽を取り入れ、ヴォーカルよりもインスト・パートを
重視した、1曲が10分以上ある複雑で難解なイメージを持っていました。

しかし、プログレと言われたアルバムを今聴くと、難解な部分よりも
イージー・リスニングや、ムード音楽的な要素が結構強い音楽だった
ように思えます。
ただ、車で聴くのは不向きだと思いますが・・・(苦笑)。

>「エクソシストのテーマ」って言われなくてもホラーな感じがします(笑)
それなんですよね~。マイク・オールドフィールド=エクソシスト=
オカルト・ホラーの方程式が出来てしまって、それ以降のアルバムは結構
イメージの払拭に苦労したようですね。

どうもご無沙汰しております♪

ちょうど良いタイミングで、自分もチューブラー・ベルズでエントリしたところでした。TBしようと思ったのですが、こちらで使っている忍者ブログはTB機能を廃止したとのことでTB飛ばせず…トホホ。
それにしても、ホークウィンドって日本でヒットしたシングルがあったんですね(笑) あとはキャメルなんかもヒット曲がありそうな気がしています。

いたち野郎さん、こちらこそご無沙汰しておりました。

チューブラー・ベルズは、正直未だに余り聴こうと思わないんです。
映画の怖いシーンが、今でも蘇って来そうで・・・(汗)。
でも、作品としてはとても優れたアルバムだと思いますね。

'70年代プログレバンドを二分すると、言葉(歌詞)に重点を置いた
クリムゾン、フロイド、EL&Pと、音の整合性に重点を置いた
イエス、ジェネシス等に分けられ、後者が'80年代に入って商業的に
成功したのが興味深いですね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。