カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルビレックス新潟の2009年を振り返って

昨年は、ホームゲーム何回参戦したのだろう?
J1昇格後、2004年~2008年まではシーズン・パスを買っていたので
ほぼ全試合観に行くように頑張っていたのですが、次第に仕事の関係
で行けないゲームが増えて、ついに昨年はシーズン・パス購入を断念
しました。

でも、2009年は参戦した試合の殆どが負けゲームか、ドロー。
「ホームに強いアルビレックス」が昨年はアウェーの方が、断然
勝率が良かったのです(涙)。

ホーム・・・・4勝5敗8分
アウェイ・・・9勝5敗3分


ビッグスワン4勝のうち、参戦したホームゲームで一番感動したのは、
3月15日のホーム開幕戦になる鹿島アントラーズ戦。
J1リーグ2連覇を果たし、今年も好調が伝えられる「王者鹿島」を
迎えての一戦。

鹿島はACL(アジア・チャンピオンズ・リーグ)遠征の疲れがある中で
「ちょうどいいハンデ(笑)」を貰い、我がアルビも開幕戦のFC東京戦で
J1昇格後開幕戦初勝利!(^^ゞ を4-1のスコアで成し遂げ、
「今年のアルビは一味違う」期待感を膨らませてのホーム・ゲームでした。

序盤から完全にアルビ・ペース。今年から採用したスリー・トップの
攻撃的布陣が功を奏し、前半9分に矢野貴章の弧を描いたヘディング・
シュート(笑)が、ゴール左上に決まり先制。
更に12分には、新戦力ペドロ・ジュニオールのシュートが決まり、2-0。
後半終了間際のロスタイムに鹿島の岩政に決められ、完封勝ちこそ
逃したものの、開幕2連勝を果たし確かな手応えを感じた試合でした。

逆に一番情けなかった試合は、10月17日の対浦和レッズ戦。
ゲーム開始後40秒、DF永田の不用意なバックパスを、浦和の
エジミウソンにカットされ押し込まれて先制点を許し(記録は0分)、
この1点が決勝点になって0-1で敗れた試合。



最終的な順位は8位
一時は、ACL出場圏内の3位以内の順位を、第22節までキープしながら
最後は力尽き、他チームとの自力の差が出て8位にとどまりました。

今思えば、シーズン途中でそれまでのチーム得点王のペドロが、ガンバ大阪
に移籍したことが痛かったですね。あれから順位は下降線を辿っていきました。
チーム資金力の無さという悲哀を、感じずにはいられない現実でした(涙)。

2010年シーズンは監督が替わり、守護神・北野とマルシオと並ぶ中盤の要、
松下の移籍が決定する等、もの凄~い不安の中で迎えるシーズンになりそう
です。

ただ、昨年後半から台頭してきたMF三門やDF酒井ゴートク、怪我さえなければ
小暮なんかも伸びしろがあって、何人か若い楽しみな選手が芽を出してきた事が、
せめてもの救いと言えます。

まぁ、今からあれこれ心配しても仕方が無いので、2009年アルビ26選手が
選ぶベスト・ゴール。14票を獲得した第28節アウェイの鹿島戦における
マルシオ・リシャルデスのスーパー・ゴールを観て終わりにしたいと思います。



素敵です。


関連記事
スポンサーサイト
THEME:Jリーグ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。