カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前作から格段に進歩を遂げたニュー・ディスク特集③

Yuck 1stCYHSY 3rdGirls 2ndWilco 8Drums 2


今日の5曲】【今日の1曲】
1.ゲット・アウェイ/ヤック・・・Yuck
2.セイム・ミステイク/クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー・・・Hysterical
3.ハニー・バニー/ガールズ・・・Father,son,Holy,Ghost


Girls 2nd


「前作から格段に進歩を遂げたニュー・ディスク特集」の第3回目は、
ガールズの2年ぶり、2作目のアルバム 『Father,son,Holy,Ghost』
です。

ガールズといえば、以前に1st収録の代表曲「ローラ」の歌メロがニール・
ダイアモンドの「スウィート・キャロライン」に似ていると取り上げたように、
どこか懐かしさを感じさせる古典的メロディと、ローファイなサウンドが
特徴のバンドでしたが、今作も基本的な部分は踏襲されているようです。

先ずは先行シングル 「ハニー・バニー」をお聴き下さい。


Honey Bunny/Girls


いやぁ、驚きましたね~。
このポップな佇まいに、キャッチーな軽いサウンドに、チャラいPV。
でも、アルバム全編この調子か?というと、そうじゃないんです。

M-3の「ダイ」は、歌メロがディープ・パープル「ハイウェイ・スター」
中盤のギター・リフは、レッド・ツェッペリンというハード・ロック。そして、
後半部分は一転してプログレ調な展開を見せる、新機軸のナンバー。

更に、ペンギン・カフェ・オーケストラを彷彿させる、アコギのイントロと
心洗われるメロディ、クリストファー・オウエンスが切々歌うヴォーカルが
印象的な6分40秒の大作、M-7「ジャスト・ア・ソング」

そしてラストは、ベイビーシャンブルズ「Lost Art Of Murder」のような
心に沁みるアコギの弾き語りが一転、3分10秒過ぎのドラム~キーボード
の流れが圧巻の「ジェイミー・マリー」


Jamie Marie/Girls


前作『Album』は、「ローラ」のような珠玉の名曲があったものの、
曲のクオリティの落差が目立ち、アルバム全体の印象は個人的には薄く、
それほど聴きこむ作品ではありませんでした。

しかし、このアルバムはどの曲も前作より大きくスキルアップしており、
聴き応え十分の作品になっております。

クリストファーが、母親が所属していたカルト教団から16歳で脱走し、
25歳で彼女と作ったバンドがカールズ。その彼女が突然去って行った
後に、「彼女にどれだけ大きな過ちを犯した」かを思い知らせる為、30歳
目前で作ったのが、このガールズ

これまでは、愛と悲しみがテーマだったクリストファー・オウエンスの歌に、
少しずつ希望の光みたいなものが射し込んで来ているのが嬉しい。



関連記事
スポンサーサイト

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。