カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前作から格段に進歩を遂げたニュー・ディスク特集④

Yuck 1stCYHSY 3rdGirls 2ndWilco 8Drums 2


今日の5曲】【今日の1曲】
1.ゲット・アウェイ/ヤック・・・Yuck
2.セイム・ミステイク/クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー・・・Hysterical
3.ハニー・バニー/ガールズ・・・Father,son,Holy,Ghost
4.アイ・マイト/ウィルコ・・・The Whole Love



Wilco 8

「前作から格段に進歩を遂げたニュー・ディスク特集」の第4回目は、
ウィルコの2年ぶり通算8作目のアルバム 『The Whole Love』 です。

先ず1曲目のエレクトリックなサウンドに、メタルなギターがフィーチュア
された7分を超える「Art Of Almost」の実験的な大作から始まるだけでも
この作品がタダモノでは無いという事を、予感させてくれます。

続く2曲目が一転して、極上のポップ・チューン。しかし、この曲をフロント
マンのジェフ・トゥイーディは、「感じが悪い曲。僕たちなりの感じの悪さ
なんだ」
と評しているのです(笑)。

それでは、その感じの悪い先行シングル・ナンバーの 「アイ・マイト」
お聴き下さい。


I Might/Wilco


今回のアルバムは、自ら立ち上げたレーベルであるdBpmレコードからの
最初の作品で、アルバム・タイトル『The Whole Love』は、ライナー・ノーツ
によると「全部の愛」とか「ありったけの愛」という意味では無く、「警察の殺人
事件の取調べで、容疑者から完全な自白を引き出す事」
と、ジェフが語って
いるのです(汗)。

このように、アルバム全体を支配する「ポップなテイスト」とは裏腹に歌詞や
コンセプトに、ウィルコならではの「ねじれ・屈折・ヒネクレ」がほどよく効いて
いて、これまでのオルタナティヴ/カントリーというカテゴリーから、また一歩
飛躍した感が窺えます。

歪んだギターに乗せて、ジェフの味わい深いヴォーカルが光るナンバー。
M-4の「ドーンド・オン・ミー」は、屈折した歌詞が多い中で意表をついた
ストレートなラヴ・ソング。

忘れて それから気付く
君を手放した事を後悔していた
それでどんなに暗くなるか信じられない時もあるほどさ



Dawned On Me/Wilco Wネックギターがいいですね~


前作 『The Album』 よりも今作の方がポップ度が増した分、カントリー色
が希薄になったのですが、実験的な音の導入によりサウンドの幅は、大きく
広がりを見せました。
その結果、カントリーのイメージが強くて、ウィルコにそれほどのめり込む
事が出来なかったワタシのような人間でも、抵抗無く受け入れられるように
なったのです。
何よりも、ジェフの声がいいんですよね~。

R.E.M.が解散した今、「アメリカの良心」と言われるウィルコがその後継者
として、アメリカン・ロックを支えていくであろう。そんな期待に、十分応えて
くれた作品だと思います。


追記.
このアルバム、日本語訳が読みたくて値段の高い日本盤を買ったのですが
ボーナス・トラックにニック・ロウのカバー、「アイ・ラヴ・マイ・レーベル」
が収録されているのです。
もしかしてウィルコは、日本にニック・ロウのファンが多い事を知っていて
この曲を選んでくれたのかな~?だったら嬉しいな・・・。


関連記事
スポンサーサイト

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

こんばんは♪

いやぁ、どこぞのだらだら同じような8ビートばっかのバンドとかと違って?冒頭曲から意欲的でやはりただ者じゃないっすね♪
おまけに意欲だけじゃなく、楽曲のレベルも高いですし…♪

やっぱりオルタナカントリーっていう物言いはよくなかったっすね。実際それで乗り遅れましたし…カントリー風味は大好きですが、どうもカントリーって堂々と言われると、ジョン・デンバーとかウイリー・ネルソン(どちらも聴いたこと無いですけど)とか思い出して、うふ♪

へどろんさん、いつもコメントありがとうございます。

遅ればせながら、やっとアップ出来ました(苦笑)。
確かにカントリーと言われるとバンジョーのイメージが有ったりして、
とっつきにくい感じがしますよね~。
ウィルコは、アメリカではかなり人気が有るのに、日本ではイマイチ
盛り上がっていないのが残念ですね。
やっぱ、カントリーと言われているのが原因なんでしょうかね・・・。

トラックバックをさせていただきましたので、宜しくお願いいたします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。