カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎のG1勝負(秋)第7戦 ジャパンカップダート

今週は『炎のG1勝負(秋)』第7戦、秋の砂の王者を決める一戦、
「第12回ジャパンカップダート」 が行われます。

今年の注目はなんと言っても、昨年の覇者であるトランセンドと、
一昨年の勝ち馬エスポワールシチーの対決でしょう。

その2強対決で盛り上がるレースですが、その2頭で決まると馬券的には
盛り下がるのです(苦笑)。

2頭とも逃げ・先行脚質なのですが、枠順的にエスポワールが逃げて、
それを2番手か3番手でトランセンドがしっかりマークする展開になる
のでしょう。

当然、強力な2頭が前に行けば必然的に他の馬も仕掛けが早まり、なし崩し
に脚を使わされた馬たちは、直線で2頭に離される事になりそうです。

そんな中で一角崩しがあれば、無欲で直線勝負に賭ける馬でしょうか?

阪神コースにJCダートが場所を移してからの過去3年、1番人気は3着→
1着→1着と、堅実に馬券圏内に来ているものの、2番人気はおろか3番
人気も1頭も入り込めない状況と、なっております。

対照的に人気薄の7番人気(2008年)、8番人気(2010年)が2着に来て
波乱の結果となっているのです。

更に、大変失礼ですが2009年の田中博J、2010年の小林慎Jと、G1では
馴染みの薄いジョッキーが2年連続、2着に来ているのも注目です。

今年のJCダートは、その辺の事を考えて馬券を購入してみたいと思います。


【結論】
◎ニホンピロアワーズ
◯トランセンド
▲エスポワールシチー
△ダノンカモン
△ワンダーアキュート
注ヤマニンキングリー


本命は現在10番人気のニホンピロアワーズにしました。
(↑どーせ当たらないからヤケクソでしょうか?(笑))。

鞍上の酒井学Jには大変申し訳ないのですが、騎乗している16人の
ジョッキーの中で、ワタシが思うにG1で最も馴染みの薄いジョッキーが
酒井騎手なのです。
もっとも、馬のほうも4着以下が無い堅実な成績で、底を見せていない
所も魅力的であります。

まぁ、勝つのはトランセンドエスポワールシチーのどちらかだと思う
ので、馬券的にはニホンピロアワーズ軸で2頭への馬連とワイド、そこに
ダノンカモンワンダーアキュートの2頭を絡めた三連複。
ヤマニンキングリーは、調教で併走馬に遅れて本来買えない馬ですが、
この馬前走も遅れながら勝っているので、としておきます。

ジャパンカップダートの発走は15時40分です。
レース後の反省文をお楽しみに。



【レース結果】
1.トランセンド
2.ワンダーアキュート
3.エスポワールシチー


予想していた展開とは違って、トランセンドが強引にハナを
奪ってそのまま押し切り、JCD史上初の連覇を果たしました。

エスポワールシチーは、無理に喧嘩をせずに控える競馬
をしましたが、やはりハナを主張した方が良かったのかも。

そして、その2頭に割って入ったのがスタートで躓き、結果的に
後方を追走せざるを得なかったワンダーアキュート

で、ワタシのニホンピロアワーズは、1コーナーでトランセンドに
寄られたところで、燃え尽きてしまいました・・・(涙)。
まぁ、あの不利がなくても上位は難しかったと思いますが、G1
レースの厳しい経験が無かった事が、響いた形になりましたね。

炎のG1勝負もこれで7連敗。目標の3勝の為には、残り3戦
全勝しなければならなくなりました・・・。


関連記事
スポンサーサイト

THEME:競馬 | GENRE:スポーツ |

COMMENT

ニホンピロアワーズは、堅実ですよね。
でもGⅠでいらなそうな騎手だから悩みます(^^;

kazupさん、いつもコメントありがとうございます。

ニホンピロアワーズは、スタートが良すぎて先行争いに行った分、
1コーナーの不利を受ける形になってしまいました。
もう少し中団で脚を貯めて、しまいの脚にかけて欲しかったんですけどね。
4コーナー手前で酒井Jが必死に手を動かしているのを見て、諦めました(涙)。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。