カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前作から格段に進歩を遂げたニュー・ディスク特集⑤

Yuck 1stCYHSY 3rdGirls 2ndWilco 8Drums 2


今日の5曲】【今日の1曲】
1.ゲット・アウェイ/ヤック・・・Yuck
2.セイム・ミステイク/クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー・・・Hysterical
3.ハニー・バニー/ガールズ・・・Father,son,Holy,Ghost
4.アイ・マイト/ウィルコ・・・The Whole Love
5.マネー/ザ・ドラムス・・・Portamento


Drums 2

「前作から格段に進歩を遂げたニュー・ディスク特集」の最終回は、
ザ・ドラムスの1年ぶり2枚目のアルバム 『Portamento』 です。

その中からジョナサンのヴォーカルが、ますますスミスモリッシー
の声に似てきたナンバー、先行シングルの「マネー」をお聴き下さい。



Money/The Drums



ポップでアッパーなサーフィン・ロックでデビューしたザ・ドラムス
ですが、この2ndでは一見、アッパーなサウンドに見えても奥底にある
「重さ、暗さ、切なさ、悲しみ」といったものが、音の輪郭を決定する
重要な要素となっているのです。

その一番の原因は、オリジナル・メンバーのアダム(ギター)の脱退に
よる事。それはメンバーも認めており、実際に解散寸前まで追い込ま
れたのだから。

そしてもう一つ、1stアルバムの成功がメンバーに幾多のプレッシャーを
与えた事。デビュー前には、ツアーで何日も家に帰れず疲弊した生活を
送るなんて事は、想像していなかったようです。

1stの時点でも陽性な音の中に隠された「深い悲しみと諦め感」みたいな
重さや暗さが、今聴いてみると感じ取る事が出来ます。
ただ、ハッキリとそれが音として鳴らされたのは、色々な事を経験して
作られたこの2ndから。前作より作品の質は、間違いなく進歩しており
素晴らしい作品だと思います。

一貫して「失われた愛」とか「実現しなった愛」みたいなものがテーマ
になっているのですが、特にアルバムのラスト・ナンバー「ハウ・イット・
エンディド」
の歌詞が切ない。

覚えているかい 昔の事を
二度とないあの頃を

僕にはわからない どんな風にそれが終わったのか
わからないんだ 君が何処へ逃げていったのか
ここしか無いはずなのに

これはどうやって終わるんだろう
そしていつ 僕の人生は始まるのだろう
もう一度 もう一度



How It Ended/The Drums


アルバム・タイトル『Portamento』とは、音楽用語で「ある音から次の
音へ滑らかに移る」
という意味。
これからも分かるように、メンバー自身もこの作品が「過渡期の作品」
である事を理解しているようです。

順風満帆に行くよりも、挫折を経験する事でバンドは逞しく成長する事が
できるはず。
将来、きっとこの経験が大きな財産になる日が来る事でしょう・・・。


関連記事
スポンサーサイト

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。