カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若き大理石の巨人

Young Marble Giants

10月末のドラフト会議で、東海大の菅野投手の交渉権を獲得出来なかった
あたりから、歯車が狂い始めた読売ジャイアンツ

その後11月に入って勃発したナベツネVS清武による、醜いお家騒動は
熱戦の日本シリーズに水を差す結果に。

そんな中、過去に何度も大物を獲得して失敗を繰り返してきた歴史も忘れ
2年連続V逸で後が無い原ジャイアンツは、横浜(DeNA)の主砲、村田や
日本一のソフトバンクからホールトンと杉内を獲得。

毎度の事ながら、金の力にモノを言わせて、やりたい放題のジャイアンツ。
来年もV逸で原監督が解任されたら、菅野クンはどうするのだろう・・・。


そんなジャイアンツとは、全く関係ないヤング・マーブル・ジャイアンツ
スッカスカでペラペラな、ぴろぴろオルガンとリズムボックス。トワンギーな
ギターと、意外に安定感のあるベース。極めつけは、ハラハラさせながらも
透明感のある女性ヴォーカル。

1980年代初頭、産業ロック系の分厚い音を全く受付ける事が出来なかった
ワタシにヤング・マーブル・ジャイアンツのミニマルな音は、とても新鮮に
映りました。

それは、まさにパンク・ロックが残した最大の功績と言える、あの時代
ならではのラフ・トレード・レーベル特有の、ポスト・パンクな音。


Colossal Youth/Young Marble Giants


大学時代、バイトが休みの時は貰った給料を持ってレコード店に足を運び
あれこれ、物色する事が何よりの楽しみでした。

そしてアパートに帰り、買って来たレコードを夜中まで聴きながら至福の
時間を過ごす。

ヤング・マーブル・ジャイアンツが残した唯一の、このアルバムを聴いて
いると、所有しているレコードは少なかったけれど、それを夜中まで何回も
何回も繰り返し聴いていた、あの時代が蘇ってきます。

誰に気を使う事も無く、朝から晩まで好きな時間に、何時でも音楽が聴けた
あの楽しかった時代が蘇ってきます。


なんにも経験していない青春時代を思う
ばかばかしくて 楽しかった
とても素敵で 若かった
 (Salad Days)



Salad Days/Young Marble Giants


お金は無かったけど、音楽を聴く時間だけは有り余るほどあったあの時代と
お金は、そこそこあるが腰を据えて音楽を聴く時間が無くなった今の時代を
比べると、明らかにあの時代が楽しかったと思う。

じゃあ、あの時代が幸福だった?と聞かれると、返事に困るけど・・・(苦笑)。


関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

お久しぶりのコメントです。
ようやく、自宅でPCに向かう
気力が出てまいりました(苦笑)

YMOじゃなかったYMGの
60年代を思わせる、チープな
オルガンのサウンドが妙に新鮮でしたね。
マリンガールズと共に結構、好きな
バンドでした。

tone toneさん、お久しぶりです。
お元気でしたか?
tone toneさんのブログが閉鎖されて、
悲しい気持ちで一杯でしたが、こうして
再会出来て、とても嬉しく思います。

YMGを始め、80年代のLOUGH TRADEの
ネオアコ系の音は、当時とても新鮮で、
大仰な産業ロック的な音が苦手なワタシ
のような人達が、結構飛びついて聴いて
いたものです。

脱力系のヴォーカルと演奏のヘタウマ感が
なんともいえず、今聴いても全く古く感じない
のも魅力ですね。

また、遊びに来てください。
コメント、ありがとうございました。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。