カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALBUMS OF THE YEAR 2011 ①

皆さん、あけましておめでとうございます。(←って、もう1月2日だよ)

今年も恒例になりました「Albums of The Year 2011」の発表を
これからさせていただきます。

今年は一昨年のフリート・フォクシーズや、昨年のエミネムのような
魂を揺るがす「100点満点、最高傑作!」と呼べるようなアルバムは
残念ながら有りませんでした。

しかし、95点~85点クラスのアルバムが目白押しで順位をつけるのが
本当に大変でした。

きっと、明日になれば順位も変わる。そんなランキングだと思います。


先ず今日は40位~21位の発表です。

40位 Hard Times And Nursery Rhymes/Social Distortion
39位 Red Barked Tree/Wire
38位 Future Primitive/The Vines
37位 Killer Sounds/Hard-Fi
36位 The English Riviera/Metronomy
35位 Skying/The Horrors
34位 What Did You Expect From The Vaccines?/The Vaccines
33位 Famous First Words/Viva Brother
32位 Collapse Into Now/R.E.M.
31位 Vices & Virtues/Panic! At The Disco


【31位~40位総括】

39位のWireは、昔のアヴァンギャルドなWireの面影が全く無くて
逆に興味深く、懐かしさと新しさが同居した作品でした。

35位のThe Horrorsは世間では結構、評価が高いみたいですが
私としては今一つ、輪郭が掴めないでいます。プログレっぽい部分が
なければいいんだけどね・・・。

34位のThe Vaccines、33位のViva BrotherはUK期待の新人
バンド。次回作でどのように進化するかが注目。

32位のR.E.M.は、惜しくも解散。晩年も短いインターバルでアルバム
をリリースしており、その創作意欲に感服していただけに残念。

Collapse Into Now

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

30位 Biophilia/Björk
Biophilia.jpg

ビョークの世界観は留まるところを知らない、そんな印象を強く与えた
作品。

29位 21/Adele
Adele 21

昨年のUK、USで一番売れたのがアデルのこのアルバム。私自身は
前作1stアルバムの衝撃が強過ぎて、このアルバムはそれほど評価
していなかったのですが、わからんもんです・・・(汗)。

28位 Mylo Xyloto/Coldplay
Myloxyloto.jpg

世界が待っていたコールドプレイのニュー・アルバム。ワクワク感は
無いものの、威風堂々とした安定感抜群の作品。

27位 Valhalla Dancehall/British Sea Power
Valhalla Dancehall

前作以上にポップでロマンティシズムなメロディに溢れた、3年ぶりの
ブリティッシュ・シー・パワーのニュー・アルバム。

26位 Colour Of The Trap/Miles Kane
Miles Kane

60年代のリズム&ブルース、70年代サイケデリック・ロックにグラム・
ロックの影響を大きく受けた、マイルズ・ケインのソロ・アルバム。

25位 Bread And Circuses/The View
Bread And Circuses

1stのような耳に残るメロディが、目白押しの3rdアルバム。試行錯誤
を繰り返して逞しく大人になったザ・ビューが、帰ってきました。

24位 Portamento/The Drums
Drums 2

アッパーなサウンドに見えても奥底にある「重さ、暗さ、切なさ、悲しみ」
といったものが実に深い、ザ・ドラムスの2ndアルバム。

23位 Sky Full Of Holes/Fountains Of Wayne
Sky Full of Holes

どこか懐かしさを感じるエヴァー・グリーンなサウンドと、琴線に触れる
メロディは健在。ファウンテインズ・オブ・ウェインの通算5枚目。

22位 Pala/Friendly Fires
PALA.jpg

昔懐かしい80年代の香りが漂う、エレクトロ・ポップ・ファンクと呼べる
ダンサブルな音楽で飛躍したフレンドリー・ファイアーズの2nd。

21位 The King Is Dead/The Decemberists
The King Is Dead

オーガニックなアメリカン・サウンドで、R.E.M.の後継者としての期待が
かかるザ・ディセンバリスツの、通算6枚目のアルバム。


【21位~30位総括】

この辺りのアルバムは例年であれば、20位以内に入るレベルの作品だと
思うのですが、ハイレベルの激戦の中でこの順位に留まりました。
まぁ、一番驚いたのはアデルですね~。どうしてこんなに売れたのか・・・?

次回は11位~20位です。ここもかなり、難航しましたね・・・。


関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

どうも♪あけましておめでとうございます♪

いやぁ、これだけの新譜…やっぱ凄いっすね♪参考になるっす♪

残りも楽しみにしてますし、今年も新譜には疎い自分なんで、参考に、そして楽しみにしてますね♪

では、今年もよろしゅうです♪

あけましておめでとうございます!
新年いかがお過ごしでしょうか?

たくさん新譜聴かれてるんですね~。
いや、わかってましたけど(笑)、こうやってズラリと並ぶと圧巻です。

素敵なアルバムをたくさんご紹介してくださるOASI-Zさん、今年も遊びに来させてくださいね!
よろしくお願いいたします!

へどろんさん、あけましておめでとうございます。

以前は「旧譜7:新譜3」位の割合で新譜を購入していたのですが、
昨年はほぼ「5:5」の割合になってまいりました。
しかし、購入は円高還元セールなどの時にまとめ買いをするのですが
聴くのが1ヶ月後、下手をすると2ヶ月後なんて感じになっちゃって・・・。
ビョークとかコールドプレイを聴いたのなんか、ほんの10日前(汗)。
聴き込みの足りなさも、ランキングに反映されている感じです。

旧譜は、へどろんさんの影響で最近はAmazonで購入しています。
CDだと1,000円以下の掘り出し物が結構あって、嬉しいですね~。

今年も、どうぞ宜しくお願いいたします。

煌砂さん、あけましておめでとうございます。

聴いている新譜もかなり偏りがあって、こうしてランキングに
してみても、巷のロック雑誌のランキングとは、かなり違う結果
になっております(汗)。
まぁ、心掛けているのは「ネーム・ヴァリューに流されず、自分
の嗜好にあった、何度も聴いた良いと思ったアルバム重視」という
事ですね。(当たり前ですが・・・)

今年も、たくさん遊びに来てくださいね。
ワタシも、たくさん訪問に行きますよ~。(承知しました)

OASI-Zさん、明けましておめでとうございます♪

今年もたくさん新譜聞かれましたね! 相変わらず自分は新譜に疎いので、このベスト40のエントリを是非参考にさせていただきたいと思います~!

それでは、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

いたち野郎さん、明けましておめでとうございます。

新譜に関しては、前作を購入して良かったアーティストは、新作を
勿論買う。そこへ、新人やベテランの新作も気になるので買う。
そうしていると毎年毎年、新譜購入枚数が「ねずみ講のように増えて
いく」という状態に陥ります。
そうなると、購入しても以前に買った新譜をまだ聴いていないので、
どんどん溜まっていって「新譜なのに、聴く時には鮮度が落ちて
しまっている」となります。
どのバンドも「5年に1枚」のローテーションでリリースしてくれると
有り難いのですがね~(爆)。

今年も、宜しくお願いいたしま~す。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。