カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALBUMS OF THE YEAR 2011 ③

今年の正月は、早めに胃腸薬を服用し快調(腸)な正月を迎えた
OASI-Zです(笑)。

それでは、『ALBUMS OF THE YEAR 2011』10位から1位
までの発表です!


第10位 Angles/The Strokes

Angles.jpg Under Cover Of Darkness

前作 『First Impressions Of Earth』 から5年の歳月を経て発表
されたザ・ストロークスの通算4枚目のアルバム『Angles』
レゲエ、ニュー・ウェーヴ、シンセサイザー、コーラスなど、これまでの
ストロークスには無かった、新機軸目白押しのポップで実験的な意欲作。
個々のメンバーが、このブランクの間にソロ・アルバムを発表したことで
スキル・アップし、サウンドの幅を広げた印象を受けます。
曲は、モータウン・ビートが堪らない「Under Cover Of Darkness」


第9位 Bon Iver/Bon Iver

Bon Iver

ジャスティン・ヴァーノン率いる、ボン・イヴェールの2ndアルバム。
音の方はと言うと、アルバム・ジャケットのイメージそのもののフォーキーな
美しいサウンド。フリート・フォクシーズ、シガー・ロスを合わせたような
メロディとハーモニーに、洗練されたアレンジ。そこへファルセット・ヴォイス
が心に響きます。冒頭曲の荘厳な音の結晶が、最終曲で一気に開放される
様は、「極寒の冬に耐えた後の、春の息吹が吹き込む瞬間」とも言えます。
曲は、そのラストに収められた感動の名曲「Beth/Rest」。 泣けます・・・。



fuyugeshiki.jpg
冬来たりなば、春遠からじ (1/7の新潟市郊外:撮影OASI-Z)



第8位 Noel Gallagher's High Flying Birds

Noel Gallaghers High Flying Birds  AKA... Broken Arrow

8位は、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズの1stアルバム
がランクイン。ご存知、元オアシスノエル兄貴の待望のソロ・アルバムで
アルバム全体にノエル節が炸裂しています。ノエル自身の言葉を借りれば
一人で作った事で一貫性が生まれ、最後まで通して聴くと物語を綴るような
纏りのあるアルバムが出来たという事。でもラストの「Stop The Clocks」
「時計を止めて世界を巻き戻してくれ。奴らに俺が叫ぶ声は届くのか?」
いう歌詞があり、これは誰に宛てたメッセージだろう?と考えてしまいます。
曲は「AKA... Broken Arrow」。このヴォーカルがリアムだったら・・・。





第7位 Yuck/Yuck

Yuck 1st Get Away

ケイジャン・ダンス・パーティの、ダニエルマックスが中心となって
結成したUKの4ピース・バンド、ヤック(意味はオエッ!の1stアルバム。
グランジやUSインディーズへのリスペクトも感じられる、このアルバムは
ケイジャン時代の「高校生・優等生ロック」から、「実験的な大人のロック」
へ見事な進化を遂げました。
曲は、ダイナソーJrを彷彿とさせるディストーション・ギターと、エフェクト
処理されたヴォーカルによる、グルーヴがハンパない「Get Away」


第6位 The King Of Limbs/Radiohead

The King Of Limbs Lotus Flower

6位はレディオヘッドの3年ぶり、通算8枚目の『The King Of Limbs』
全8曲で38分弱というコンパクトな作品であるにもかかわらず、このバンド
のキャリアを濃縮したような、世界観が実に見事に表現されています。
ただ、最初カー・ステレオで聴いた時は、今一つピンと来なかったのですが
家のオーディオで腰を据えて聴いてみて、初めて全体像が見えてきた作品
です。この辺はipodで聴いても、PCで聴いても「傑作!」と唸らせた、前作
『In Rainbows』との大きな違いで、同じデジタル配信でも、そのスタイル
に逆行するサウンド・スケープが、この順位に留まった理由です。
曲は、リバーブのかかったドラム・パターンのダブ・ステップで、トム・ヨーク
が何かに取り憑かれたように踊りまくるPVが、印象的な「Lotus Flower」




という事で、当初は10位から1位までを一気に発表する予定でしたが
意外と時間がかかってしまったので、今回は10位から6位までの発表
とさせていただきます。(新年会の二日酔いで、すっかり予定が狂って
しまいました。ウコンの力をもってしてもダメでした・・・(汗))

次回は、いよいよベスト5の発表です!。お楽しみに。


関連記事
スポンサーサイト

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。