カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タワレコインの使用期限迫る

HC.jpgElvis CostelloJoni.jpgtelevision.jpgXTC.jpg

【今日の5曲】  ~テーマ『クロスオーバーイレブン』な気分で《その2》~
1.クール・イン・ザ・プール/ホルガー・シューカイ・・・Movies
2.ターニング・ザ・タウン・レッド/エルヴィス・コステロ・・・Out Of Our Idiot
3.アメリア/ジョニ・ミッチェル・・・Hejira
4.ケアフル/テレヴィジョン・・・Adventure
5.ナックル・ダウン/XTC・・・English Settlement


昨年、「ビートルズ・リマスターBOX」をタワーレコードで購入した時に
15枚貰ったのをはじめ、その後もせっせと貯めたタワレコイン
(タワレココインではない(笑))の使用期限が2010年1月11日に迫って
参りました。

簡単にコインの使い方を説明すると
----------------------------------------
①コイン1枚→Wポイント
②コイン2枚→全品10%OFF
③コイン3枚→ポイント3倍
④コイン10枚→Wポイントパス(3ヶ月有効)
⑤コイン30枚→Wポイントパス(1年間有効)

----------------------------------------

で、残り期間が今日を入れて3日間
現在手持ちのコインが9枚(笑)。上記の④、⑤は
選択肢から外れてしまいます。

もっとも、私はこのコインをずーと②の10%OFFで
使ってきました。

例えば3,000円分のCDを購入する場合、タワレコの
通常ポイントは500円の購入で、20ポイント付与され
ますので「120P」になります。

③のポイント3倍の場合は、この120P×3倍=360P
となり、360円分の値引きと同様になります。

これに対して②の10%OFFは 3,000×10%=300となり、
300円の値引きになります。

これだと一見③の方が60円分トクに思えますが、②の
場合は残額2,700円に対して、通常ポイントが付与され
ますので、100Pが貰えます。

結局、300+100=400となり、②>③となるのです。

という事を「締め切り3日前に書いてどうすんだよ」
とか「そんなこと、当然知っていたよ」と言われそうですが、
9枚という微妙な残数のコインを今、眺めながら
しみじみとこの5曲を聴きながら書いてみました。

***************************************************


HC.jpg

1曲目のホルガー・シューカイは、元ドイツのクラウト・ロック
を牽引していたカンのベーシスト。
サンプリングを多用した傑作アルバム「ムーヴィーズ」には、
80年代前半のサントリー角瓶のCMに使用された、彼の代表曲
「ペルシアン・ラヴ」も収録されています。
この「クール・イン・ザ・プール」は、サウンド・コラージュ
の芸術品と言えるダンサブルなナンバーです。


Elvis Costello

2曲目の「ターニング・ザ・タウン・レッド」は、エルヴィス・コステロ
の未発表曲を集めたアルバム「Out Of Our Idiot」に収録された
隠れた名曲で、どうしてこの曲が彼のベスト盤にも入らないのか
理解に苦しむ位、私好みのナンバーなのですが、街が夕焼けで
赤く染まっていく情景が思わず浮かんでくる楽曲です。
コステロならではのポップなメロディと、彼の独特なヴォーカルが
なんとも言えません。


Joni.jpg

3曲目は一転して、大人のムード満載でジョニ・ミッチェル
「アメリア」です。
この曲が収められた「Hejira(邦題:逃避行)」は、パーソネルに
ジャコ・パストリアスやラリー・カールトン等が名を連ねた、彼女
の最高傑作とも言えるアルバムです。
ただ、決してジャズやフュージョンに流される事無く、彼女の
内省的な歌詞と歌声が、彼女の魅力を引き立てています。


television.jpg

4曲目はトム・ヴァーレイン率いるテレヴィジョンの2ndアルバム
「アドヴェンチャー」から「ケアフル」です。
1stアルバムに比べて評価がガタ落ちの2ndアルバムですが、
私は2ndも結構好きですね。
トム・ヴァーレインの声質って、好き嫌いが分かれるところだと
思いますが、ブライアン・フェリー、デヴィッド・シルヴィアンと
並んで頼りなさそうな彼のヴォーカルを、結構気に入ってます。


XTC.jpg

そして最後の5曲目は、XTC「ナックル・ダウン」です。
この曲が収められた「イングリッシュ・セトゥルメント」ですが、
今のCDにはしっかり収められておりますが、当時のアナログ盤
では2枚組で発表された英国盤のみこの曲が収録されており、
1枚組で発表された日本盤には、この曲がカットされて
しまったという、曰く付きのナンバーです。
2枚組では値段が高くなり、セールスに影響が出るという
XTCサイドの判断だったようですが、私はこの曲の為に、
英国輸入盤を買ったという位、お気に入りのナンバーです。

***************************************************

さぁ、タワレコインで何のアルバム買おうかな~(^^♪

関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。