カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モデル・ワーカー

Magazine Corect


日本の人口は減少を続け、2060年には1億人を割り込み8,674万人にまで
減少する。
現在の1億2,806万人から、50年後に実に4,132万人減る計算。

平均寿命はさらに延び、2060年には男性84.19歳女性は90.93歳に達する。

年金、医療、介護も、現在は3人で高齢者1人を支える「騎馬戦型」だが、
60年には1人で1人を支える「肩車型」となる。



う~ん、だから「消費税を上げる事は必要なのだ」と言われてもね・・・。


今から30年前、このレコードを聴いていた時代は、消費税も無かったし
日本の将来に対して、何も不安を持たずに 「お気楽」 な大学生生活を
送っておりました。
就職だって、今みたいに「氷河期」ではなく「超温暖期」(笑)だったしね。



Model Worker/Magazine


英オリジナル・パンクの最重要バンドと言われる、バズコックスのフロント
・マンだったハワード・デヴォードが中心になって結成したマガジンは、
残念ながら日本では今一つ話題にならなかったものの、ポスト・パンク
ニュー・ウェイヴの歴史に確かな足跡を残してくれたバンドでした。

この「モデル・ワーカー」が収録された『The Correct Use Of Soap』
マガジンの'80年発表の3作目で、セールス的に最も成功したアルバム。

マガジンのサウンドの肝は「耽美派ポップ」と言える叙情的なメロディと
ファンクなリズム。そこにデヴォードの粘っこいヴォーカルと、変幻自在
でカラフルな、ジョン・マクガフのギターとの絶妙な絡み。

このマクガフは、ジョニー・マー(元:スミス)と同様に「ギターを抱いた
渡り鳥」
で、同時進行していたヴィサージや、マガジンをこのアルバム
を最後に脱退した後は、スージー&ザ・バンシーズで大活躍。その後、
あのパブリック・イメージ・リミテッドにも在籍しておりました。

そして、もう一つのサウンドの特徴は「空を飛ぶようなキーボード」で、私は
ストラングラーズXTC(バリー・アンドリュース在籍時の)と並ぶニュー・
ウェーヴ界における「浮遊感キーボード三大バンド」と呼んでおりました(笑)。


Magazine.jpg


401Kも日本では、なかなか浸透せず、また運用でも失敗が相次いでいる
との事。将来的に、破綻寸前の「年金制度」に過度な期待も出来ないし、
じゃあ、個人年金で!と言われても生命保険で一杯一杯だし。

70歳、80歳でも現役でバリバリと仕事をして年金に頼らない生活を送る為に
今のうちから、煙草を止め、酒量を減らし、ジムに通いながら、サプリメントで
不足している栄養素を補い、どんな仕事も耐えうる体力と気力と健康を維持
しておかなければならないのでしょうか?(仕事があるという前提ですが)

それが、十数年後のモデル・ワーカーなのかも知れません・・・(汗)。


関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。