カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝手に70年代ポップス・ベスト30(異論はいろんいろん有るでしょうが・・・)後編

今回は、前回エントリーした「70年代ポップス・ベスト30」の後編を
お送りします。

選曲に関する条件
①OASI-Zがリアル・タイムで聴いた'71~'75までの曲に限定
②ロック・バンドによるヒット曲、又はロック色の強い曲は除外
③複数曲の名曲を残したアーティストもおりますが、原則として
1アーティスト1曲のみエントリー
(OASI-Z渾身の1曲チョイス!)



先ずは20位から11位までの発表です。(ドラム・ロール)


20.雨にぬれた朝/キャット・スティーヴンス(1972)
19.金色の髪の少女/アメリカ(1975)
18.雨をみたかい/クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(1971)
17.メロディ・フェア/ビー・ジーズ(1971)
16.クエスチョンズ67&68/シカゴ(1971)
15.僕のコダクローム/ポール・サイモン(1973)
14.シーモンの涙/イングランド・ダン&ジョン・フォード(1972)
13.灰色の朝/ブレッド(1972)
12.愛する人/ロギンス&メッシーナ(1973)
11.恋は二人のハーモニー/グラスルーツ(1971)

(下線が付いた曲は以前に取上げた曲。クリックするとジャンプします)

この辺りになると、結構ヒット・チャートの常連と言えるアーティストが
登場してきました。

20位のキャット・スティーヴンス雨にぬれた朝(Morning Has Broken)」
は全米6位を記録した、日本のCMにも使われたナンバー。

19位のアメリカは、一般的には「名前のない馬」を選ぶべきなのでしょうが、
金色の髪の少女(Sister Golden Hair)」は、この曲でギター練習をした事
もあり、思い入れがとても有るので選びました。

18位のCCR、「雨をみたかい(Have You Ever Seen the Rain?)」は
反戦歌と言われておりますが、英語のわからないOASI-Zは、単純に曲の
良さで聴いておりました。全米8位を記録。

17位のビー・ジーズ、「メロディ・フェア」は映画「小さな恋のメロディ」
主題歌で、日本では映画のヒットに伴ってビー・ジーズの人気も急騰。

16位のシカゴは、「ブラス・ロック」だから除外?とも思ったのですが、ポップ
なメロディ・ラインとか、叙情的な部分とか、ポップスとしての要素を十分に
含んでいるので、ランク・インしました。
曲もこの「クエスチョンズ~」にしようか、「サタディ・イン・ザ・パーク」
しようか迷ったのですが、OASI-Zが初めて買ったシングル盤4枚の中の1枚
のこの曲にしました。

そして15位のポール・サイモンも、名曲が多くて悩みました。最終的には
「母と子の絆」と、この「僕のコダクローム」の一騎打ちになったのですが、
ここでも書きましたが、「コダック」はフィルムの商品名である為にNHKでは
ON AIRされずに、悔しい思いをしたこの曲を選びました。

14位のイングランド・ダン&ジョン・フォードの「シーモンの涙」は、日本
でのみヒット。清涼感溢れるメロディは、正に普遍の名曲と言えるでしょう。

13位灰色の朝(Dismal Day)/ブレッド」は、爽やかな曲とハーモニー
が美しい曲。でも、どうして灰色という邦題がつけられたのかというと、歌詞
が結構ダークな世界で・・・。英語がわからなくて良かったと思う名曲です。

12位愛する人(Thinking Of You)/ロギンス&メッシーナ」は、数ある
彼らのヒット曲の中でも、一番好きな曲です。ミディアム・テンポのメロディに
優しい歌声を乗せた佳曲です。

そして、11位の恋は二人のハーモニー(Two Divided By Love)/
グラスルーツ」
は、小学生時代のお楽しみ会で、皆が歌謡曲のレコードを
持ち寄りプレーヤーでかけていた時、このレコードをかけてドン引きされた
ほろ苦い思い出の曲です(笑)。


それでは、この中から20位雨にぬれた朝/キャット・スティーヴンス」
18位雨をみたかい/クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル」
17位メロディ・フェア/ビー・ジーズ」、そして12位愛する人/ロギンス
&メッシーナ」
を、続けてお聴き下さい。










という事で、今回も時間がかかり過ぎて11位までしか発表が出来ません
でした(汗)。

次回「70年代ポップス・ベスト30」の完結編で、1~10位の発表をさせて
いただきます(ひっぱるね~)。


関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽 | GENRE:音楽 |

COMMENT

前回の30位~21位も大好きな曲ばかりでしたが・・・。今回も凄い。20位から14位までは大好きなナンバー。13位のブレッド、『イフ』はもう少し後でしたかね? 11位12位はアーティストはもちろん知っていますが、聴いたことないかな? 『メロディ・フェア』は中学の時、昼ご飯の時間にヘヴィ・ロテで放送委員がかけてました。おかげですっかりすり込まれました。このあたりのポップスは自ブログの[マイ・フェイバリット・ソングス]や[名曲100選]のテーマで取り上げていてカブるものが多く、なんか嬉しいですね。

すいません、またまたお邪魔します。おれも今日71~75までのベスト30、アップしてしまいました。パクってごめんなさい。あまりにもこのころの洋楽ポップスが魅力的で・・・[汗!!]1位~10位をまだアップされていないのに勝手に先を越してしまいました。ごめんねぇ~。

こんにちは~♪
キャット・スティーヴンスとアメリカ、
私も大大大好きです!
特にこの2曲のイントロを聴いただけでウルウルきますね~!

ビージーズもブレッドも大好き!
ビージーズは若葉の頃、ブレッドはイフが、
私的・涙腺ウルウル曲です(笑)

お邪魔します。
この、ランキング企画。
一気に、一位まで行くのかと
勝手に思っていました。
曲的には、少し渋い曲もありますね。
シカゴの曲は、迷うのは分かります。

因みに、ブログ再開時には、
この企画、僕も採用させて頂きます。
どうか、大目に見て下さいm(_ _)m

ロック仙人TFさん、いつもコメントありがとうございます。

既に、そちらの方にはお邪魔させていただきましたが70年代、それも
71~75年のポップスで、これだけ盛り上がれるなんて音楽というのは
素晴らしいものですね。
仙人さんのランキングも実に味わい深く、あの時代に色々な人が、
色々な場所で洋楽を楽しんでいたんだなぁと感じさせてくれました。

「メロディ・フェア」は、映画は観ていなかったのですが、胸キュンの
メロディは子供ながらも心が熱くなったものです。

こんばんは、ご無沙汰しております。

前回は全然知らない曲ばっかりでしたが(すみません…)、今回のは知ってる曲も半分ぐらいありました!
嬉しい!!(笑)

「雨をみたかい」、大好きな曲です。
シカゴは「サタディ・イン・ザ・パーク」しか知らなかったけど…(汗)
OASI-Zさんのおすすめ曲、いろいろ聴いてみますね!

もりたんさん、こんばんは~。

>キャット・スティーヴンスとアメリカ・・・
イントロを聴くと、当時の事が懐かしく蘇ってきて
センチメンタルな気分になりますよね。
好きだった女の子事とか思い出して・・・(赤面)。
ポップスにはロックにはない、叙情的な気分を煽る
不思議な魅力がありますね~。

ビー・ジーズは「マサチューセッツ」とか、ブレッドは
「ギター・マン」とかも、涙腺ウルウルきちゃいます・・・。

コメント、ありがとうございました。

tone toneさん、連日のコメントありがとうございます。

一気に1位までいけない所が、私のダメなところで・・・(汗)。
個人的には、13位~11位あたりが自分らしい選曲かな~と自負して
おります。

シカゴは、色々とヒット曲はあるのですが「長い夜」は少し前ですし
「サタディ~」か「クエスチョン~」あと「君と二人で」の争いとなり
最終的には「クエスチョン~」が制しました(笑)。

tone toneさんのランキングも楽しみにしていますよ~。
(「雨のフィーリング」とか、入るかなぁ・・・)
ブログ再開したら、真っ先に教えてくださいね。

煌砂さん、こんばんは~。

そーですか!煌砂さんが知っている曲も結構ありましたか!!
この辺の曲になると、オムニバスCDの「The '70」とか「僕たちの
洋楽ヒット」に収められている曲が多くなってくると思います。

「雨をみたかい」は、単純なメロディなんですけど、サビのところ
なんかは、思わず「ぐっ」と来ますね~。
それと、その若さで「サタディ・イン・ザ・パーク」を知っているなんて、
なかなかですよ。

10位から1位も、きっと知っている曲が登場してくると思いますので、
お楽しみに!。
(これから、頑張って作って明日には発表したいなぁ・・・)

度々、すみません。

今日から、ブログの方を開始しました。
暫くは、不定期的な更新が続くかも
しれませんが。
今後も宜しくお願いします。
取り急ぎ、ブログの再開のお知らせを
させて頂きますm(_ _)m

アメリカのランクインが嬉しいです♪
ブレッドとアメリカは僕にとって特別なバンドです。
特にブレッドはアルバムをすべて一気に買い揃えたこともあります。
もう40年近い前の曲なんすよねぇ・・・。
あぁ、Time Waits for No One...

tone toneさん、コメントありがとうございます。

そして、ブログ再開もおめでとうございます!
あまり無理をなさらずに、楽しみながら続けてくださいね~。

後から、お邪魔させていただきます。

ryoさん、コメントありがとうございます。

ブレッドもアメリカも、アコースティックなサウンドと優しいメロディ、
美しいハーモニーが魅力のグループですね。

そして、やっと「ベスト10」をエントリーしました。
ギルバート・オサリヴァンも、エルトン・ジョンも上位に来てますよ~。
これらの曲がヒットしてから、もう40年ですか・・・。
ryoさんが生まれる20年近く前ですね・・・(汗)。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。