カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マニフェスト

Manifesto.jpg


日本の選挙で「マニフェスト」が使われるようになったのは、今から約10年
ほど前と言われております。

「○○党政権になれば、生活が楽になり、国内
景気がよくなります」


美辞麗句を並べた言葉に国民は期待して、騙されて・・・(怒)。

-------------------------------------------------------------

1979年に発表された、ロキシー・ミュージックの通算6枚目のアルバム
『Manifesto』 は、'75年の 『Siren』 発表後に一旦解散したロキシー
再結成し、ブライアン・フェリー新生ロキシーの歩んでいく「方向性」
をリスナーに示した、正に「マニフェスト」と言える作品でした。

実は当時、高校の部活と受験勉強が忙しかった影響で(苦笑)、ちょっと
だけロック離れを起していた時期で、リアルタイムなロック・シーンの動き
に疎い時でした。

このアルバムを輸入盤のレコード店で見つけた時、それまでのロキシー
らしくないゴチャゴチャしたジャケットを見て「まさかロキシーが再結成
した?」
とは思わなかったのです。
(まぁ、しっかりキレイ系のオネエさん達(マネキン)は居ましたが・・・)

でもアルバムには「ROXY MUSIC」とクレジットされているし、裏面には
知らない曲が表記されているので、ベストとかの編集盤では無いようだと
思い購入したのです。

先ず、このアルバムを聴いてみて驚いたのは、初期のロキシーに見られ
「ヨーロッパ耽美主義」と言える世界観が影を潜め、代わりに当時流行
のディスコ・ビートを大胆に導入していた事。

その結果、全体的に曲がポップでソウルフルになっており、1st~5thまで
のアルバムとは「別モノ」の、大人のニュー・ウェイヴと呼べる作品を
引っ提げて、復活したのです。


Dance Away/Roxy Music


全英2位を記録したシングル「Dance Away」は、フェリーの真骨頂で
ある「悲恋ソング」にもかかわらず、メロディはポップでダンサブル。

踊って心の痛みを忘れろ 
涙を吹き飛ばせ 踊って忘れてしまえ
  (Dance Away)


この再結成アルバムの前に作られた、'78年のフェリーのソロ・アルバム
「ベールを脱いだ花嫁(The Bride Stripped Bare)」が酷評を受け、
更に、恋人のジェリー・ホール(5thサイレンのジャケット写真の人魚)を
ミック・ジャガーに寝取られ、失意のどん底にいた時にフェリーは昔の
仲間と一緒に仕事をする事で、自信を少しずつ取り戻して行くのです。


Manifesto RM


そして、この3年後にブライアン・フェリー「マニフェスト」で実践した
音楽的方向性を進化させ、不滅の名作『アヴァロン』を発表し、リスナー
「至福の時間」を提供するという形で公約実現を果たすのでした・・・。


関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

お邪魔します。

この作品は、パンクやニュー・ウェーブと言ったジャンルに柔軟に対応して、自分達のサウンドにさり気なく取り込むセンスの良さに改めて感心させられました。アナログ盤ではA面をイースト・サイド、B面をウェスト・サイドと使い分けて、A面を従来のロクシ-色を全面に出し。B面は、わりとキャッチーな曲を揃えて、中々面白い作り方をしていました。CDだとA面B面関係無しの連続再生ですから、少し違和感があります。このアルバムはアナログ盤で聴くべきでしょうね…

tone toneさん、いつもコメントありがとうございます。

>A面を従来のロクシ-色を全面に出し。B面は、わりとキャッチーな
曲を揃えて・・・。

そう言われると、確かにそんな感じですね。
レコードだと、先ずA面を先に聴いて、その後でB面を聴きますので、
聴き終わった後の感想としては、B面のキャッチーな印象がより強く
残って、アルバム全体の世界観もポップな感じが強く残りますね。
それがCDだと、その辺の妙味が損なわれてしまいますね・・・。

このロキシー・ミュージックやジャパン、スパークスなんかは時流に
乗ったディスコ・ビート、エレクトロニクスを敏感にサウンドに取り入れ、
「俺達をオールド・ウェイヴとは呼ばせない!」という意気込みが
強く感じられて、私としては好感が持てましたね~(笑)。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。