カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウーマン・ロック特集 第一夜

今日3月3日「耳の日」・・・
も、そうですが「雛祭り」、女の子の節句です。

そこで毎年3月恒例になりました「ウーマン・ロック」を、今夜から
5回にわたって「今日の5曲」で選んでみようと思います。


Beauty  The Beat

先ず第1夜の今日は、GO-GO'Sの1982年発表のデビュー・アルバム
『Beauty & The Beat』 から、全米2位の大ヒット・ナンバー「ウィ・
ガット・ザ・ビート」
です。

この曲が収められたアルバム 『Beauty & The Beat』 は、全米で
6週にわたり1位を記録。女性だけのロック・グループとしては、史上初
の全米1位を記録しました。
女性だけのバンドというと、'70年代にザ・ランナウェイズが居ましたが、
このGO-GO'Sは下着姿の過激な衣装のザ・ランナウェイズとは対照的
にポップで、健康的アイドル路線(?)で成功したバンドでした。
特に、アルバム・ジャケットの「風呂上り?、バスタオルに顔パック!」
というのが斬新でしたね~(笑)。


We Got The Beat/GO-GO'S


因みにヴォーカルのべリンダ・カーライルは、GO-GO'S解散後はソロ
としても活躍し、TVでよく耳にする「Heaven Is A Place On Earth」
発表しています。


Heaven Is A Place On Earth/Belinda Carlisle

関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

ゴーゴーズ『ウィー・ガット・ザ・ビート』は名曲ですね。日本には同時期「ゴー・バンズ」って女性バンドがありましたね。しかし、バングルズといいゴーゴーズといいせっかく売れたのに長続きしないのはそれだけ人間関係が女子同士だと難しいからではないでしょうか?

ロック仙人TFさん、いつもコメントありがとうございます。

ゴー・バンズって居ましたね~。
「逢いに来てぇ、アイ・ニード・ユ~!」なんてヒット曲も
ありました。

>長続きしないのはそれだけ人間関係が女子同士だと難しい
からではないでしょうか?

う~ん、難しい問題ですね~?確かにプリ・プリもそうですね。
人間関係もあるのでしょうが女性の場合、結婚~出産という
大切な仕事があるので、どうしても長く続かないのでしょうね・・・。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。