カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このアーティスト、このアルバムで知りました

Roxy musicSteely danBad FingerSlyThe FamilyStone10cc.jpg

【今日の5曲】  ~テーマ『そのアーティストの最初に買ったLPレコード集』~
1.シー・セルズ/ロキシー・ミュージック・・・Siren
2.ナイト・バイ・ナイト/スティーリー・ダン・・・Pretzel Logic
3.マイ・ハート・ゴーズ・アウト/バッドフィンガー・・・Badfinger
4.ランニン・アウェイ/スライ&ザ・ファミリーストーン・・・There's A Riot Goin' On
5.時計じかけのクリープ/10cc・・・Sheet Music


どんなアーティストでも、最初に買ったレコード(CD)というのが有ると思います。

大抵の場合、そのアーティストの何枚目かのアルバムを先ず聴いて、良かったら
過去の作品(或いは以後の作品)に遡って行くのではないのでしょうか?
1stアルバムを初めて買う(聴く)、というケースは稀なことだと思います。

と言う事で「今日の5曲」は「My Favorite Artist」として、私のMusic Lifeに多大な
影響を今でも与え続けているアーティストの、初めて買ったアルバムの中から
選曲してみました。
何れのアルバムも1970年代に発表された名盤で、そのアーティストにとっても
重要なアルバムだと思います。

前回のエントリーの続きではありませんが、今日の5曲も学生時代のテープ
編集でお世話になったアルバムばかりです。

この編集作業、アナログ時代は一旦録音した曲が「イマイチ」と判断されて違う
曲に差し替える場合、それ以降の曲を再録しなければならない為、完成に何日
も要する事がありました。

でも、今だとiTunesでこの作業が短時間で簡単に出来ちゃうんですよね~。
ホント、あの時の苦労はなんだったんだろう?と思っちゃいます(´Д`)。

作業をしている時は時間を忘れるくらい楽しいのですが、いざテープが出来
上ると意外と醒めていて(汗)、また新しいテープを作りたくなったりして・・・。

目的が完成したテープを聴く事ではなく、作る工程を楽しむ為だったような(^^ゞ

--------------------------------------------------------------------

話が脱線してしまいました。それでは「今日の5曲」です。


Roxy music

1曲目はロキシー・ミュージック5枚目のアルバム『サイレン』から、アナログ
B面1曲目を飾る「シー・セルズ」です。
青を基調としたアルバム・ジャケットには、ブライアン・フェリーの当時の恋人
ジェリー・ホールを配し、音の方もこれまでの「ヨーロッパ耽美主義」的な部分は
殆ど姿を消し、アメリカへの進出を果たした記念すべきアルバムです。
最初は同じ「グラムロック」でもマーク・ボランや、デヴィッド・ボウイに比べて
メンバーの写真の姿やアルバム・ジャケットに「下品」な印象を受けていたので、
なかなかアルバムを聴くまでには至らなかったのですが、このLPは中学生
でもレコード店のレジに、堂々と差し出す事が出来ました(笑)。

この「シー・セルズ」はピアノ、ヴァイオリン、サックスというロキシー・サウンド
の基本形が、ポップなメロディとフェリーのヴォーカルに絶妙に絡み合って見事な
アンサンブルを展開する、アルバムの中でも人気の高い曲です。





Steely dan

2曲目はスティーリー・ダンの3枚目のアルバム『プリッツェル・ロジック』から
「ナイト・バイ・ナイト(邦題:夜ごと歩きまわるのさ)」です。
アメリカの「屈折ロック」として、1stアルバムから存在感を発揮したこのバンド
ですが、私が知ったのは「リキの電話番号」を聴いてからでした。
ファンキーでジャジー、さらにラテンのリズムも取り入れながら、しっかりポップ・
ミュージックのツボを押さえたメロディ・ラインを兼ね備えたこのバンドは、当時
同じ西海岸で評価の高かったドゥービー・ブラザーズよりも、都会的なセンスを
感じさせてくれました。
でも将来、バンドは二人きりになって、AORなロックの第一人者に上り詰めるとは
この時は想像できませんでしたね~。

因みにアナログ日本盤のライナーノーツには、豪華6名の音楽評論家の方々の
文章が掲載されております。東芝EMIも相当プッシュしてたんですね(笑)。




Bad Finger

3曲目はバッドフィンガー「マイ・ハート・ゴーズ・アウト」です。この曲が収め
られたアルバムの原題は「Badfinger(邦題:涙の旅路)」となっており、アップル
を離れワーナーから再出発を賭けた5枚目のアルバムで、セルフタイトルからも
彼らのこのアルバムへの意気込みが、伝わってきます。
バッドフィンガーというと「デイ・アフター・デイ」のシングル盤を買ったくらいで、
ニルソンの大ヒット・ナンバー「ウィズアウト・ユー」が、彼らの曲だということも
知らなかった程度の存在でした。
それは「ビートルズの弟分」というデビュー時のイメージから、二番煎じのバンド?
といった、彼らには大変失礼な先入観があったことは否めません。
結局彼らのアルバムを買ったのは、メンバーのピート・ハムが自殺し、解散して
から数年が経った後でした。

この「マイ・ハート・ゴーズ・アウト」はアコースティックなバラード・ナンバーで、
「ウィズアウト・ユー」に勝るとも劣らないその綺麗なメロディは、彼らの悲惨な
運命と重なって思わず涙を誘います。


SlyThe FamilyStone

4曲目はスライ&ザ・ファミリーストーン『暴動』から「ランニン・アウェイ」です。
「ファミリー・アフェア」が、ヒット・チャートを賑わしていた70年代前半は、全く
無関心。
ファンクやソウル、R&Bといった音楽は、ある程度色々なジャンルの音楽を聴き
こんで音楽情報量を蓄積しないと、受け入れられない音楽だと感じています。
少なくても小学生のガキに、スライは早すぎました(笑)
二十歳を過ぎて、スライのこのアルバムを買って聴いた時、とにかく「重い」と感じ
ました。麻薬中毒に侵されてへヴィな状況下で作られたアルバムだと知って、妙に
納得した覚えがあります。でも、この音は麻薬のように病み付きになりますね~。

因みにこのアルバムの正しい聴き方は、タバコの煙で白く霞がかかった部屋で、
サイフォンで作ったコーヒーをすすりながら、大音量で聴く事だと思います。
もっとも、タバコを止めて13年になる私は、とてもそんな部屋に入りたくはない
ですが・・・(笑)
この「ランニン・アウェイ」はヘヴィな中でもホッと一息、安堵感を覚える楽曲です。




10cc.jpg

そしてラストの曲は10ccの2枚目のアルバム『シート・ミュージック』から、アナログ
A面ラストの「時計じかけのクリープ」です。
実は、このアルバム買ったものでは有りません。ラジオにリクエストしたハガキが
抽選に当たって送られてきたのです(^^♪


中学生当時、音楽情報はとにかくラジオから入手していた私ですが、北海道
ローカルのNHK-FM、毎週土曜日PM4:00~6:00に放送していた洋楽のリクエスト
番組で、毎週10名のリスナーにLPレコードをプレゼントしてくれるという番組が
ありました。
私は10ccの曲をリクエストした事も忘れていましたし、自分の名前が読まれた
時の放送も聴いていなかったのですが、冬の雪の降る夕方、スキー部の部活を
終えて家に帰った時、ラジオ局から届いた不審な(笑)小包を開けて、飛び上がる
ほど大喜びしたことを、今でもよく覚えています。

一般的に10ccの代表作と言えば『オリジナル・サウンドトラック』か、『びっくり電話』なのでしょうが、私にとってはこの『SHEET MUSIC』が、一番忘れられない
アルバムです。




-------------------------------------------------------------------

ということで、今日の5曲のアナログ盤を引っ張り出してみました。
いずれも25年~35年前に購入したアルバムで、保管状態が悪いために
『Pretzel Logic』は、ジャケットの上の部分が少し黄ばんでいます(汗)
尚、『暴動』のアルバムジャケットは、輸入盤のため星条旗ではありません。

albums.jpg
今日の5曲のアルバムたち

関連記事
スポンサーサイト

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

遅くなりました

「ア・ヤング・パーソンズ・トゥ・70年代80年代 ROCK」の管理人IDEです。
大変遅くなってしまいましたが、リンクさせて頂いたので、ご確認下さい。
何だかゆるいカンジのブログでイイですね。私のトコロのように、開店休業に陥らないよう、ご注意下さい(笑)
これからも宜しくお願い致します。

こちらこそ、宜しくお願いします

IDE様

早速のリンク、ありがとうございました。
おまけにリンク先の「紹介ページ」まで作っていただいて、とても感激ですv-410

私のブログのコンセプトは「ゆる~く、リキまず」(^^ゞ。
IDEさんのような立派なサイトは、とても作れそうにないですし、ブログを続けていくためには「これしかないかな~」「これならできるかな~」と思って始めてみました。

IDEさんのサイトの「一言コラム」の中の「HP開設にあたって」にあるように、私も「自己満足」のために始めたようなものですが、誰かが「洋楽の曲」を検索して私のブログで、その曲のことを少しでも参考にしてくれたら、本当に嬉しいですね~v-411

コメント、ありがとうございました。

No title

いやはや、若かりし頃から名曲らに触れてらっしゃったんですね~。偶然ですが(とはいえ完全に後追いですが)、僕もロキシーはシーセルズが最初だったと思います。オシャレだけど速い展開、フェリーが好きそうな美男子(爆)によるバイオリンの音…今でも最も思い入れの深い曲です。

No title

いたち野郎さん、こんばんは。

ロキシーのアルバムは、このサイレンを購入した後、ジャケットの件もありv-402、過去の作品には遡ることが出来ませんでしたぁ。
結局、買ったのは二十歳過ぎてから(←小心者ですから・・・)
でも、問題の『カントリー・ライフ』は、輸入盤で二人の女性がかき消されて、写っていないやつだったんですけどね(爆)。

ロキシーは最初聴いた時、プログレと比べて稚拙な演奏に驚いたのですが(笑)、どのアルバムも駄作がなく、キャリアを重ねる毎に進化し続け、その到達点が『アヴァロン』だったんですね。
こういうスタイルって、バンドとしての理想形だと思いますね~。

コメント、ありがとうございましたv-410

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。