カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウーマン・ロック特集 第ニ夜

Beauty  The BeatTracie.jpg

今日の5曲
1.ウィ・ガット・ザ・ビート/GO-GO'S・・・Beauty & The Beat
2.ホエン・ユー・スリープ/トレーシー・・・Far from the Hurting Kind



Tracie.jpg

「ウーマン・ロック特集」第二回目は、トレーシーの1984年のデビュー・
アルバム 『Far from the Hurting Kind』 から、エルヴィス・コステロ
の楽曲で「ホエン・ユー・スリープ」です。

あのポール・ウェラー「若手の発掘」を目的として設立した、レスポンド・
レーベル
の募集広告を見て、自分の歌を録音したテープを応募。
まさか一週間後にウェラーと逢う事になるという、シンデレラ・ストーリー
が始まるとはトレーシー自身も、夢にも思っていなかったようです。

透明感のある、モータウン・ソウルのテイストを持ち合わせたポップで魅力
溢れる歌声で、ザ・ジャムのラスト・シングル(Beat Surrender)に参加
したり、スタイル・カウンシル「Our Favorite Shop」 の中の 「Boy
Who Cried Wolf」
でも、彼女のコーラスを聴く事が出来ます。

しかしコステロだけでなく、ウェラーも楽曲を提供し、プロデュースも担当
するといった力の入れようだったにもかかわらず、話題性の割には商業的
に苦戦を強いられ、このアルバムが唯一の作品になったのは、残念としか
言いようが有りません。

因みにこの曲は、コステロの84年のアルバム 『Goodbye Cruel World』
では「Joe Porterhouse」というタイトルで、歌詞も変えてセルフ・カヴァーして
います。


(I Love You)When You Sleep/Tracie


関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽 | GENRE:音楽 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。