カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウーマン・ロック特集 第三夜

Beauty  The BeatTracie.jpgA Distant Shore

今日の5曲
1.ウィ・ガット・ザ・ビート/GO-GO'S・・・Beauty & The Beat
2.ホエン・ユー・スリープ/トレーシー・・・Far from the Hurting Kind
3.宿命の女(ファム・ファタル)/トレーシー・ソーン・・・A Distant Shore



A Distant Shore

「ウーマン・ロック特集」第三回目は、2曲目とトレーシー繋がりで(笑)、
トレーシー・ソーンの'82年発表のソロ・アルバム 『A Distant Shore:
渚にて』
から、あのヴェルヴェッツの「バナナ」に収められたカヴァー
宿命の女(ファム・ファタル)」です。

このアルバムの凄いところは、アコギ一本で全ての楽曲を淡々と歌い
上げている事。この繊細で優美な佇まいを、当時若干20歳の彼女が作り
出していたのですから、私の20歳時代とは比べようも有りません(爆)。

実は、このトレーシー・ソーンも、2曲目のトレーシーヤング)同様に
スタイル・カウンシルのアルバムに参加しておりまして(『Cafe Bleu』
の中の「The Paris Match」)、スタ・カンを通して二人の事を知った私は
二人のトレーシーの区別がつかず、「同一人物」だと勘違いするという
とんでもないミセスを犯していたのです(汗)。

彼女の歌声から滲み出る透明感は、ピュアとは少し違ってくすんだ感じ。
そして感情を押し殺した歌い方の中に、芯の強さのようなものを感じます。

以前紹介したヤング・マーブル・ジャイアンツアリソン・スタットン
に通じる、独特の世界観を持った女性だと思います。


        トレーシーヤング
トレーシー・ソーン      ヤング・マーブル・ジャイアンツ

いやぁ~、我ながら上手くまとまったと思います(何が?)



Femme Fatale/Tracey Thorn


関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。