カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウーマン・ロック特集 第四夜

Beauty  The BeatTracie.jpgA Distant ShoreNever Forever


今日の5曲
1.ウィ・ガット・ザ・ビート/GO-GO'S・・・Beauty & The Beat
2.ホエン・ユー・スリープ/トレーシー・・・Far from the Hurting Kind
3.宿命の女(ファム・ファタル)/トレーシー・ソーン・・・A Distant Shore
4.夢見る兵士/ケイト・ブッシュ・・・Never For Ever



Never Forever

「ウーマン・ロック特集」第4回目は、'80年に発表されたケイト・ブッシュ
の3rdアルバム『魔物語:Never For Ever』から、「夢見る兵士(Army
Dreamers)」
です。

全英で4週連続NO.1を記録した「嵐ヶ丘」を収めた、デビュー・アルバム
『天使と小悪魔:The Kick Inside』が、全英で40万枚、全欧で140万枚
のセールスを記録。
世界的にも注目を集めたケイト・ブッシュは、日本でも時計のSEIKO
CMに「Them Heavy People」をBGMに、本人が登場しておりました。

14歳の時に、既に「無意識のうちに詞と曲が浮かんでくる」という域に
達していたケイトは、16歳の時にピンク・フロイドデイヴ・ギルモア
運命的な出会いを果たし、トントン拍子でEMIとの契約が成立します。

そして、この『魔物語:Never For Ever』も、全英チャート第1位を記録。
英国の各音楽誌で「最優秀ヴォーカリスト」に選ばれたように、絶頂期を
迎えます。(しかし一部の雑誌でスージー&ザ・バンシーズスージー・
スー
に奪われる)

この「夢見る兵士(Army Dreamers)」では、彼女の最大の魅力である
超高音硬質なヴォーカルを、幾分抑え目にして曲の良さで聴かせます。
アルバム1曲目の「バブーシュカ」が高揚感で圧倒するのに対し、この曲は
琴線に触れるメロディが、聴く者の心を捉えます。



Army Dreamers/Kate Bush  彼女のPVはどの曲も凄い!


2年前のウーマン・ロック特集でもケイト・ブッシュをとりあげたのですが、
彼女の体内には、「小悪魔」「妖精」の両方の血が流れている気がして
なりません・・・。


関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。