カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウーマン・ロック特集 最終夜

Beauty  The BeatTracie.jpgA Distant ShoreNever ForeverKaleidoscope.jpg


今日の5曲
1.ウィ・ガット・ザ・ビート/GO-GO'S・・・Beauty & The Beat
2.ホエン・ユー・スリープ/トレーシー・・・Far from the Hurting Kind
3.宿命の女(ファム・ファタル)/トレーシー・ソーン・・・A Distant Shore
4.夢見る兵士/ケイト・ブッシュ・・・Never Forever
5.ハッピー・ハウス/スージー&ザ・バンシーズ・・・Kaleidoscope



Kaleidoscope.jpg

「ウーマン・ロック特集」最終回は、スージー&ザ・バンシーズの'80年に
発表された3rdアルバム 『Kaleidoscope』 から「ハッピー・ハウス」です。

第4夜で紹介したケイト・ブッシュ「'80年の最優秀ヴォーカリスト」独占
を阻んだのが、このバンドのスージー・スー

ゴシック・ロックの元祖と言われるこのバンドですが、スージーのファッション
も、メイクも、ゴスで身を固めた実に「おどろおどろしい」ものでした(笑)。

スージーは、セックス・ピストルズの追っかけをしていた事もあり、その為
バンドのサウンド・プロダクションは、パンク・ロックの影響を強く受けていて、
ゴスの様式美に、サイケでクールなグルーヴを持たせる事で独自のポスト・
パンクなダンス・ミュージックを構築しておりました。
(元ピストルズのギタリスト、スティーヴ・ジョーンズがアルバム3曲に参加)

アルバム1曲目に配された、この「ハッピー・ハウス」は意表を突くポップな
サウンドで、初めて聴いた時に驚いてしまったのですが、アルバムは次第に
このバンド独特の重苦しいサイケデリックな世界に我々を誘います。


Happy House/Siouxsie & The Banshees


前作 『Join Hands』 発表後、バンドは分裂したもののオリジナル・メンバー
スティーヴ・セヴェリン(Bass)に、後にスージーと結婚する(後に離婚)
バッジーがドラムに、そしてマガジンジョン・マクガフ(後に正式加入)が
ギターで、この「ハッピー・ハウス」のパーソネルに名を連ね、全英チャート
ではベスト10に入るヒットとなりました。


関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

こんばんは!
ご無沙汰しております~。

スジバンは、高校時代パンクファッションに身を包みながらよく聴いてました(爆)
OASI-Zさんは「おどろおどろしい」と書いてらっしゃいますが、当時の私は「スージー超かわいいぜ!」と思ってたんですよね~(笑)
そのおかげか、今でも赤い口紅には憧れます。

当時の写真を見ると、よくもまぁこんな格好してたものだなと思います。
ロリータ・ファッションだった時もあるし…THE・若気の至りですね(汗)
今見るとなかなかに笑えます。

煌砂さん、こんにちは~。
こちらこそ、ご無沙汰しておりました。

そーですか!煌砂さんは高校時代に「スージー超かわいいぜ!」と
思っていたんですね~。
このアルバムが発表された80年代前半、日本では松田聖子を筆頭に、
河合奈保子、松本伊代、早見優、小泉今日子・・・などいわゆる
「ぶりっ子ファッション」が全盛期で、20歳そこそこのOASI-Z青年は、
そういうのが「可愛い」と思っていたんですね~(恥)。
あの中森明菜だって、デビュー時はアイドル・チックなフレアーの
ワンピース着ていましたからねぇ。
スージーのファッションは、そんなOASI-Z青年には、とても衝撃的
だったのです・・・(笑)

煌砂さんのロリータ・ファッション見てみたいです。
今度、ブログに目隠ししても結構ですので、当時の写真をアップ
してください。

コメント、有難うございました。

いまさらという感じですが、俺も23日にレディース・ロックの記事アップしたんだけど気がついてもらえなかったかな(涙・・・)

ロック仙人TFさん、いつもコメントありがとうございます。

すいませ~ん。ジョーン・ジェットとクリッシー・ハインドですね。
両方とも知らないアルバムでしたので、コメント残せませんでした・・・。

私の中ではケイト・ブッシュ~スージー・スー~クリッシー・ハインドの
三人は同系列に位置していた、女性アーティストでした。
なんか男を寄せ付けない外見から、恋愛も不器用なイメージがあるというか。
でもしっかりクリッシーは、レイ・デイヴィスと結婚しちゃったんですよね~(笑)。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。