カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のエルヴィス・コステロ 第3回 ~New Amsterdam~

Get Happy!!

今週のエルヴィス・コステロは、1980年にシングルとして発表された「New
Amsterdam」
です。
この曲は全英2位に輝いた、通算4枚目のアルバム 『Get Happy!!』 に収録
されたナンバーです。
(アナログ盤のレーベルの磨り減りをデザインしたジャケットも秀逸!)

この曲を最初に聴いた時、そのタイトルからチューリップの国 オランダ
をイメージしたのですが、ニューイングランドがイギリスの地名では無いよう
に、ニューアムステルダムはオランダではなく、オランダ植民地時代の
ニューヨーク
の事だと知って、軽いショックを受けたものです。

「君は百合の代わりに、間違えてチューリップを送って来た」という歌詞から
始まるこの曲。チューリップを大事そうに抱き抱えながら歌う、コステロの姿
が思わず笑えます。


New Amsterdam/Elvis Costello 


この 「New Amsterdam」 は、コステロ自身のプロデュースによるもの。
アコギがリードするシンプルでポップなメロディ・ラインの中に、独特の哀愁
感を漂わすコステロの饒舌なヴォーカルが、冴え渡ります。

「2分13秒」という短い時間の中に余計なものを削ぎ落とし、表現したい事を
単刀直入に言い放つ「パンク・ロック」の潔さを受け継いだ、コステロの音楽
スタイルは、当時のポスト・パンク、ニュー・ウェーヴ・シーンにおいても群を
抜いてカッコ良かったですね~。

New Amsterdam


この 『Get Happy!!』 は、オランダで3週間に亘って録音されたもの。
「それで、New Amsterdamなんだなぁ!」と思いきや、この 「New
Amsterdam」
は、ロンドンで録音されたんだって・・・。


関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

ゲット・ハッピー大好きです。R&B色が心地よいアルバムですね。ファーストやセカンドのようなとんがったイメージはないもののコステロのルーツが感じられます!!

シュガー・シェイカーさん、いつもコメントありがとうございます。

そうですね~、この 『Get Happy!!』 は名曲の宝庫というか、
短い曲の宝石箱と呼べるアルバムですね。

CDでは、コステロのベスト・アルバムには必須の「New Amsterdam」
~「High Fidelity」~「I Cant't Stand Up Falling Down」という
黄金のラインナップが続けて登場するのが、嬉しいですね~。

コステロは、このアルバム辺りから音楽の幅を、どんどん広げていった
印象がありますね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。