カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のエルヴィス・コステロ 第6回 ~From A Whisper To A Scream~

Elvis Costello

第6回目の今週のエルヴィス・コステロは、1981年に発表された通算5枚目
のアルバム 『Trust』 からのシングル・カット・ナンバーで「From A Whisper
To A Scream」
です。

この曲の注目すべき点は、スクイーズのグレン・ティルブルックコステロ
が掛け合いヴォーカルのデュエットをしている事でしょう。
(ギターにルーモアのマーティン・ベルモントがゲスト参加)


3分58秒過ぎから「From A Whisper To A Scream」が始まります

深みのあるややしゃがれたコステロの声と、ティルブルックのソフトな声
の対比が実に絶妙で、アップテンポなジ・アトラクションズの演奏をバックに
二人が楽しげに歌う姿が、目に浮かんできます。

スクイーズとコステロの関係は、以前エントリーした「コステロと愉快な
仲間たち」
でも紹介した通りコステロが彼らの4作目 『East Side Story』
のプロデュースを手掛けて居るように、「ヒネリが入った屈折ロック」という
共通点があったせいか、良好な交流関係にあったようです。

trust1.jpg
このジャケ写にヤラレました。最高!!

このアルバムは、私がリアルタイムで初めて買ったコステロのLPレコード
でした。あれから30年以上もの、長い付き合いになるんですね~。


trust3.jpg
誰?

関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

はじめまして、毎週のコステロ楽しみに読んでます。
自分は2度目の来日からのファンなので「Trust」は後追いなんですが、
コレとか「White Knuckles」がカッコ良くて
愛聴してました。

mangohboyさん、初めまして。

>毎週のコステロ楽しみに読んでます。

いやぁ~嬉しくて、涙が出そうでしたよ。
ただコステロが好きなだけで、こんな拙い文章の
マニアックでもない内容なのに・・・。
mangohboyさんの言葉を励みに、これからも頑張って
続けていこうと思います。

私はコステロの声と、3分前後のセンスの良いポップな
楽曲にヤラレて、気が付いたら30年が過ぎてしまったって
感じです(笑)。
同じE.Cでも、渋くて枯れた大人のロック路線に向かう
のではなく、こちらのE.Cには、いつまでも「怒れる若者」
のスピリットを失って欲しくないなぁと思いますね~。

また、遊びに来て下さい。コメントありがとうございました。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。