カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎のG1勝負 日本ダービー

「第79回日本ダービー」が、やってきました。

全ての馬とホースマンが、このレースを勝つことを目的にしていると
言っても過言ではない、数あるG1レースの中でも「最高峰」に位置
付けされるレースです。

今年のダービーは「2強対決」の様相を呈しています。
データを見たり、戦歴を見れば見るほど2頭で決まる公算が強いのですが
「皐月賞の1、2着で決まったダービー」というと1995年のタヤスツヨシ
が勝ったダービーまで、遡らなければなりません。
(因みに、この年は皐月賞を勝ったジェニュインがダービーでは2着で
皐月賞2着のタヤスツヨシがダービー1着で、着順が入れ替わっている)

それだけ、2頭で決まらず中に割ってはいる馬が多いという事です。

それと、今迄温めていた予想の新機軸として「G1レース後の最終レース
に騎手が騎乗するかどうか?」
という点に注目してみると、3週連続で開催
された東京のG1レースで、キレイに一つの傾向が浮かび上がります。

【NHKマイル】
1 カレンブラックヒル/秋山 ×(1)
2 アルフレード/ウィリアムズ (3)
マウントシャスタ/岩田 ○(2)

【Vマイル】
1 ホエールキャプチャ/横山(4)
2 ドナウブルー/ウィリアムズ ×(7)
アパパネ/蛯名 ○(1)
オールザットジャズ藤岡佑 ○(2)

【オークス】
1 ジェンティルドンナ/川田×(3)
2 ヴィルシーナ/内田 (2)
ミッドサマーフェア/蛯名 ×(1)
○は騎手が12Rに騎乗、×は12Rに騎乗しない(カッコ内は人気)

NHKマイルと、オークスは3番人気以内の馬で、12Rを騎乗しない騎手の
馬が勝っています。

ヴィクトリアマイルは、12Rに騎乗するのですが4番人気とやや気楽に
乗れる立場の騎手の馬が勝ちました。

最終レースに騎乗しない騎手は、このレースに賭ける思いが強いと想像
出来ます。(勿論、騎乗依頼が無かったので乗らないのだとは思いますが)

まぁ、どちらにせよ12R乗らない騎手を軸にした場合は、相手に乗る
騎手を選ぶ事
です。

間違っても12R乗る→乗る、12R乗らない→乗らないの組み合わせ
は無い
という事ですね。

そこから、導かれた結論が次の通りです。


第79回日本ダービー(G1) 芝2,400m
【結論】
◎8ワールドエース/福永× の場合
◯11フェノーメノ/蛯名
▲14トーセンホマレボシ/ウィリアムズ
△6ゴールドシップ/内田


◎6ゴールドシップ/内田 の場合
◯2ヒストリカル/安藤勝×
▲17グランデッツァ/池添×
△8ワールドエース/福永×


という事で大変ずるい予想(苦笑)になってしまいしたが、馬連で言うと
8-118-142-66-17、それに両方に共通する6-8となります。

でも、個人的には2強の手に汗握るマッチ・レースを期待しています!。


「第79回日本ダービー(G1)」の発走は15時40分です。
レース番号は10レースです。お間違えの無いように。
レース後の反省文をお楽しみに・・・。

-------------------------------------------------------------

【レース結果】
1.ディープブリランテ
2.フェノーメノ
3.トーセンホマレボシ


中団より後方に控える2強を尻目に、前目の位置取りでレース進めた
ディープブリランテフェノーメノの猛追を凌いで、ダービーの栄冠
を手にしました。
岩田騎手の最後の直線の必死の追いは、まるでウイニングチケット
時の、柴田政人を彷彿させるものがありました。

2冠を狙ったゴールドシップは、予想に反してワールドエースより後方
から、ワールドエースをマークする位置取りでしたが、結果的にこれが
仇となりましたね~。
もし、ゴールドシップワールドエースより前の位置取りでしたら2頭で
決まったものと思われます。(多分)

最終R騎乗作戦は不発(涙)でしたね~。でも、外れた時のオチを考えて
いたわけではありませんが、福永騎手は最終12Rは騎乗していません
でしたが、ダービー直後のが11Rを騎乗していたので、この作戦はあて
はまらなかったのでしょう。

逆に、岩田騎手9Rからダービーを挟んで12Rまで全て騎乗。実は
2010年エイシンフラッシュ内田騎手、2009年ロジユニヴァース
横山騎手も、ダービーを勝った当日の9R~12Rの全てを騎乗しており
気にはなっていたのですが、2勝馬で3走内に重賞勝ちのない馬は連対
なし
というデータでディープブリランテは軽視してしまいました。
(因みに昨年2011年は震災の影響で番組変更になり、ダービーは11R)

2012megurokinen.jpg

1週間ずーと考えていたダービーは外れ、ダービー終了後に10分間考えた
目黒記念は的中するんですからね~。これだけにしておけば良かった・・・。


関連記事
スポンサーサイト

THEME:競馬 | GENRE:スポーツ |

COMMENT

12R騎乗理論は、福永、内田で決まりかな(^^)
あと1頭が、どう絡むかですね(^^;

kazupさん、いつもコメントありがとうございます。

今の東京は前に行っていないとダメですね~。
どうしてゴールドシップは、あんなに後ろから行ったのか?
須貝調教師の指示だったんでしょうか?
そして、やはり1番人気の福永騎手は鬼門でしたね・・・(涙)。

ダービーは、残念でしたが、目黒記念的中おめでとうございます!!

ワールドエースもゴールドシップも直線届かないなってあきらめました(^^;

kazupさん、またまたコメントありがとうございます。

ワールドエースもゴールドシップも、33秒8の最速の上がりタイム
でしたが、ディープブリランテが34秒5で上がってますから、まず
届きませんね~。
岩田も騎乗停止のおかげで(笑)、調教つけたりしながらこの馬で
ダービーを勝つ!という気持ちが高まったのでしょうね。

目黒記念、ありがとうございました。弥生賞以来の実に2ヶ月半
ぶりの久々の的中でした(^^ゞ。
でもダービーにかなり投資したので、プラスは少しだけ(苦笑)。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。