FC2ブログ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

「夢みるデビッド」と「クレイジー・ホース」

今回の思い出の名曲は、ファミリーで活躍していたバンドの曲を2曲。

先ずは、1972年頃『人気家族パートリッジ(ゆかいな音楽一家)という
TVドラマを、毎週放送していたデヴィッド・キャシディとパートリッジ・
ファミリーの1971年のヒット曲「夢みるデビッド」です。

このアメリカのホームコメディ・ドラマは、当時外国アーティストを映像で
観る事が簡単には出来なかった時代に、洋楽の楽しさを教えてくれました。

実は、恥ずかしながらこの原稿を書く為に調べていて分かったのですが、
「パーリッジ・ファミリーは本当の家族では無かった!」のです(衝撃)。

テレビ番組のために作られた架空の家族だったという事を、つい数分前に
知りました(滝汗)。
てっきり、デヴィッド・キャシディ以外は本当の家族だと思っていましたよ。




続いて、こちらは正真正銘のファミリー(兄弟)、オズモンズです。
黒人のジャクソン5に対して、白人のオズモンズという対比の図式が人気
を集めた理由だと思います。

メンバーの中で一番人気があったのは5男坊(多分)のダニー・オズモンド
「ゴー・アウェイ・リトル・ガール」等、ヒット曲が日本でも数曲ありました。

でも、その後に日本のお茶の間でオズモンズの人気を独り占めにしたのが、
ダニーの弟(6男坊?)のジミー・オズモンドくん
カルピスのCMで、その愛くるしいキュートな笑顔がカルピスの爽やかな
イメージとマッチして、大きな話題になったのを覚えています。
今も昔も、外人の子供がCMに起用されて日本語を話すと、商品の注目度と
高感度がアップしますね~(笑)。

曲は、一番印象に残っているハード・ロック・ナンバー「クレイジー・ホース」
をどうぞ。(↑パリにある、官能的な大人のキャバレーではありませんよ(汗))


この曲終了後にジミー君のカルピスのCMが観れます

関連記事
スポンサーサイト



THEME:洋楽 | GENRE:音楽 |

COMMENT

オズモンズ唯一好きな曲が〔クレイジー・ホース〕!!なんかグラムな感じで好きでしたね。

シュガー・シェイカーさん、いつもコメントありがとうございます。

オズモンズって、私のイメージとしてはアイドル・グループという
感じだったんですが、この「クレイジー・ホース」を久しぶり
(約40年ぶり!)に聴くと意外にハード&グラマラスで驚きでした。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース