カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎のG1勝負 安田記念

今週は春の東京の総決算「第62回安田記念」が行われます。

今回の安田記念は非常に難解なレースで、1番人気のサダムパテック
単勝が6.9倍。単勝配当が30倍以上の馬が僅かに3頭。
あの昨年のマイルCSの2着馬フィフスペトルがブービー17番人気。2年
連続安田記念3着のスマイルジャックが、シンガリ18番人気という事でも
分かるように、ハッキリ言ってどの馬にもチャンスが有ると言えるでしょう。

ただ、それでは馬券が買えないので、次の2つのデータから絞り込む事に
します。(過去10年のデータから)

①3着以内の全ての馬が10番人気以内である
②単勝の最高配当が、昨年の2,930円


現在のところ、15番人気のコスモセンサーが28倍台というで、10番人気
以内の馬は、全て30倍以内の単勝配当になります。

1.サダムパテック/ウィリアムズ×
2.ストロングリターン/福永○
3.アパパネ/蛯名○
4.シルポート/小牧太○
5.ガルボ/石橋脩×
6.ペルーサ/安藤勝×
7.ラッキーナイン/プレブル×
8.グロリアスデイズ/ホワイト○
9.ローズキングダム/武豊○
10.エイシンアポロン/池添○
(数字は前日の人気順、○は12R騎乗騎手)

2年前の安田記念(11R)の後の12Rに、今回と同じユニコーンS(GⅢ)
が組まれていました。
そして、その安田記念は1~3着まで12RのユニコーンSを騎乗する騎手
で決着しています。

という事で、今回もこの10頭から最終12RユニコーンSに乗る騎手同士の
組み合わせで出した結論が次の通りです。


第62回安田記念(G1) 芝1,600m
【結論】
◎4ストロングリターン/福永
◯14グロリアスデイズ/ホワイト
▲16ローズキングダム/武豊
☆10アパパネ/蛯名

△13シルポート/小牧太
△11エイシンアポロン/池添

どうだい?一番人気のサダムパテックも、昨年の覇者リアルインパクト
ぶった斬ってやったぜぇ。ワイルドだろ~(爆)。

上記◎から☆への4頭の馬連&6頭の三連複BOXで勝負したいと思います。

それと今気付いたのですが(←ウソ、とっくに気付いていた)、昨年のオークス
を1-3着のワイドで的中させて以来、この「炎のG1レース」は現在、なんと
23連敗中!。このコーナー存続の為にもなんとか当たって欲しい
連敗STOPを、この史上稀に見る難解なG1で出来たら嬉しいですけどね・・・。

「第62回安田記念(G1)」の発走は15時40分です。
レース後の反省文をお楽しみに・・・。

-------------------------------------------------------------

【レース結果】
1.ストロングリターン
2.グランプリボス
3.コスモセンサー


2番人気のストロングリターンが1分31秒3という驚異的なレコードタイムで
G1初制覇を成し遂げました。
福永騎手も先週のダービーの鬱憤を晴らす見事な勝利。前日の鳴尾記念
この後12RのユニコーンSも制し、2日間で重賞3勝という史上初の快挙を
達成しました。

そして2着には、内田騎手グランプリボスが13番人気の低評価を覆して
入りました。実はこの内田騎手も、12RのユニコーンSに騎乗しており最終R
の騎乗騎手同士の組み合わせという点では、買える馬だったのですが10番
人気以内の馬から選んでしまったので、この馬は買えませんでした。

まぁ、データ的に絶対こないローズキングダムとか、前走大敗のエイシン
アポロン
買うくらいなら、こっちでしたね・・・(涙)。

それと、私が東京1,600m戦になると、毎度お馴染みの「血統馬券作戦」では
2着のグランプリボス、3着のコスモセンサーの2頭だけがテスコボーイ
の血が入っており、とても気になる2頭ではあったのですが、13番人気と15番
人気という事で、手が出ませんでしたね~。

これで「炎のG1勝負」24連敗。一体いつ、ピリオドを打つのでしょうか・・・。


関連記事
スポンサーサイト

THEME:競馬 | GENRE:スポーツ |

COMMENT

難解過ぎですね(^^;
全く当たる気がしません(^^;
とりあえずいっぱい買っときます(^^)

結果的に、先週のダービーで人気を裏切った二人の騎手による
ワン・ツーでしたね。

2~4着の人気が13番、15番、17番では、なかなか買えませんね~。
でもその3頭の名前を見ると、決して買えない馬ではないのです
から、傑出馬不在で過去のG1レースの中で、最も難解なレース
だったと思います。

WIN5、的中おめでとうございます。
この後、お邪魔しますね~。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。