カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のエルヴィス・コステロ 第10回 ~Good Year For The Roses~

Almost Blue

第10回目の今週のエルヴィス・コステロは、1981年に発表された通算
6枚目のアルバム 『Almost Blue』 からのシングル・カット・ナンバーで
「Good Year For The Roses」 です。

このアルバムの輸入盤には発売当時、「このレコードにはカントリー音楽
を含んでおり、心の狭いリスナーのお気には召さないかも知れません」

いう警告ステッカーが貼られていたように、全編カントリー・フレーバーの
カヴァー・アルバムという、当時のコステロ・ファンの度肝を抜く(笑)内容
で発表されました。

実際、当時ハタチの私は、大変心の狭いリスナーだった為(滝汗)、お気
に召すも何も、このアルバムを完全にスルーしてしまったのです。

もっとも、学生だった私は1ヶ月に買えるアルバムが2~3枚程度だった
為に、そんな「カントリー」という冒険にチャレンジ出来る余裕は、とても
有りませんでした。

とにかく、コステロという人は同じ傾向のアルバムを2作続けて出す事は
稀で、毎回手を変え品を変え、リスナーの期待を良い意味で裏切り続け
てきた訳ですが、このアルバムではコステロが自らの音楽ルーツである
カントリー・ミュージックだけを集めたアルバムを、「カントリーの聖地」
言われるナッシュビルで、録音したのです。


Good Year For The Roses/Elvis Costello


この 「Good Year For The Roses」 は、ジョージ・ジョーンズ
カヴァー。この曲を始め、カントリーの名曲を「カントリー界の大御所」
ビリー・シェリルのプロデュースの下に、収録されたこのアルバムは
コステロをそれまで知らなかった、カントリー好きなリスナーの支持も
集めて、全英チャートで7位を記録したのです。

Blue Rose

でもOASI-Zは、未だにこのアルバムは余り聴かないですね・・・。

因みにアルバム・ジャケットは、ブルージィなフィーリングで大人気の
ギタリスト、ケニー・バレルの大人気盤である 『Midnight Blue』
パロディです。


関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

いやぁ、自分もこのアルバムはあんまり聴かないんですけど、この曲は、最初に買ったベスト盤に入っていたんで、結構好きっす…♪

しかし、ようやくホーム初勝利♪まだまだ降格圏内からの脱出は厳しいですけど、なんとかがんばって欲しいもんですね…うふ♪

へどろんさん、いつもコメントありがとうございます。

カントリーというだけで、我々のような島国で育った日本人には、
風土の違いというのか抵抗感がありますね~。
日本人でカントリー&ウェスタンが好きな人というのは、外人で
日本の演歌が好きなのと同じ感覚でしょうか?(違うかな?)
私も、ベスト盤に収録されていたこの曲はスンナリ受け入れられ
ましたが、他の曲は少し・・・(汗)。

アルビも約8ヶ月ぶりのホーム勝利で、これからの反撃に期待ですね。
勝ち点を積み重ねて、先ずは一つずつ上の順位に上がる事ですね~。

このアルバムはコステロのアルバムの中で最も評価が低いアルバムの内のひとつでしょうね。結構イギリスのロッカーはカントリー好きが多くて、ニック・ロウなんかジョニー・キャッシュの義理の娘、カレン・カーターと結婚した位カントリー好きで有名ですね。
ところでこのアルバムにはファースト・アルバムの時にはクローバーの一員だったジョン・マクフィーがペダル・スティールなどで参加していて、コステロ・ファンでもドゥービー・ファンとしても、なんか嬉しかったのを覚えています。カントリーとは言ってもコステロの選ぶ曲ってなんか陰影が深い曲が多いなぁ。

OASI-Zさん、こんにちわ。

このPV以前にも観たことがありますが、何か変ですよね。
コステロの横に女の子が座ってたり、スティーヴ・ナイーヴはヴァイオリンを
持ってるのかな?今観たら女の子はコーラス担当だったんですね(笑)
まじめに演奏風景を撮っていると見せかけて本人達は
内輪受け的に盛り上がってた感じなんでしょうか。

シュガー・シェイカーさん、いつもコメントありがとうございます。

そうですか、イギリスのロッカーにはカントリー好きが多いのですか!
ただ、コステロの場合は既定の路線でアルバムを作れば、そこそこの
成功は確約されているのに、自分が好きだからという理由でアルバム
1枚全曲カントリーのカヴァーで作ってしまうのが凄いですね~。

ジョン・マクフィーの物悲しい、ペダル・スティール・ギターもいい味
出していますよね~。

mangohboyさん、いつもコメントありがとうございます。

このPVを初めて観た時、コステロの横に居る子供が落ち着かない
様子で、コステロの方を見上げながら不安げにしているのが気に
なっていたら、急にコーラスを始めたのでビックリしました。
そして、ヴァイオリンは誰かな?と思ったらスティーヴ・ナイーヴ
でしたね~。
カントリーという事で、ジョン・マクフィーを交えながら、いつもの
アトラクションズとは違う感じで、リラックスした様子が伝わって
きますね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。