カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のエルヴィス・コステロ 第12回 ~Suit Of Lights~

King of Amerca

先週は勝手にお休みをいただいた「今週のエルヴィス・コステロ」ですが
気を取り直して、今週からまた頑張っていきましょう(苦笑)。
さて、数えて第12回目の今回は、1986年に発表された通算10枚目の作品
『King Of America』 からのナンバーで 「Suit Of Lights」 です。

このアルバムの発表名義は「ザ・コステロ・ショウ」、作者のクレジットは
「デクラン・パトリック・アロイシアス・マクマナス」と、コステロの本名が
使われております。

まぁアルバム・ジャケットの写真は、どう考えてもコステロに間違いないの
ですが、アルバムには何処にもエルヴィス・コステロの名前が無かった
事や 『King Of America』 という、およそコステロらしからぬアルバム・
タイトルから、「またカヴァー・アルバム?、それともカントリー?」
当時は思ってしまったものでした。

前々作の 『Punch The Clock』 と、前作 『Goodbye Cruel World』
を私自身は大変気に入っており、それに続くこのアルバムに対する期待
感は、並々ならぬものがありました。

しかし、内容的にはロッカーとしてのコステロの面影は、全く感じられず
どちらかと言うと、コステロのヴォーカルで聴かせる地味な印象しか受け
なかったのです。

そんな中でアルバムを最初に聴いた時、最も印象に残ったナンバーは
「Suit Of Lights」 でした。
後からライナー・ノーツを読んで、この曲はジ・アトラクションズを従えて
録音した唯一の曲である、という事を知って妙に納得したものです。


Suit Of Lights/The Costello Show

このメロディ・ラインとアレンジこそ、私が待ち望んでいたコステロなの
ですが、こういうタイプの曲はこの1曲だけ。結果的にコステロはマンネリ
化していたアトラクションズとの共同作業を離れて、新たな音楽的挑戦
をこのアルバムで実践したのでした。

そこには、以前の「怒れる若者」の姿はもう何処にも無く、自分の音楽的
ルーツをもう一度整理し、ミッチェル・フルームを始めとする、これまでと
違うメンバーとアルバム製作を進める中で大きな刺激を受け、また様々な
要素の音楽を取り入れる事で、以降の音楽的な幅を広げる事に成功した
のです。

その為にはエルヴィス・コステロの名前ではなく、ザ・コステロ・ショウ
という偽名を使う必要が、あったという事でしょう。

King Costello

コステロ自身が機会がある度に、「このアルバムが一番好き」と言って
いるように、ミュージシャンとして大きな自信を深めた意欲作で有ることは
間違いありません。

勿論、プライベートでも離婚問題でドン底だった時期に発表された、本人
曰く最悪のアルバム 『Goodbye Cruel World』 の時とは違い、新婚で
幸せの絶頂期であった事も見逃せない要素だと思います。
ラスト・ナンバーの 「Sleep Of The Just」 なんて、コレまでに無く感動的
だしね~。

ただ、それが必ずしも商業的に結びつかないのが、悲しいのだけどね・・・。

関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

おお、奇遇!
最近、駅のワゴンセールで、プラケですが150円(笑)でゲットしました。
Brilliant MistakeでいきなりKOされました♪

ryoさん、いつもコメントありがとうございます。

プラケで「150円!」ですか・・・。
私も、この紙ジャケCDは地元のCDショップの閉店セールで、
半額で購入したものです。
最初は「アナログ盤を持っているし、いいかなぁ~」と思い
購入を見送ったのですが、1週間後に再度そのCDショップを
訪れると、コステロの紙ジャケシリーズは1枚も売れておらず、
悲しい気分になって全部買い占めたのを思い出します(苦笑)。

「Brilliant Mistake」は、それまでの曲から見ると異質な感じが
しましたが、いい曲ですよね~。

OASI-Zさん、こんばんわ。

確かにリアルタイムでコレを聴いた時は前作までの流れから
唐突過ぎる変化に戸惑ったものです。むしろ「Suit Of Lights」や
シングルの「Don't Let Me Be Misunderstood 」の方が
このアルバムカラーから外れてる気がします。

そういえばRhinoからのリイシュー盤はモノクロジャケにペイント
してるんですよね。「All Things Must Pass」みたいに。

mangohboyさん、いつもコメントありがとうございます。

「Don't Let Me Be Misunderstood」は、確かにこのアルバムの
中では浮いている感じがして、耳馴染みあるカヴァーであるにも
かかわらず、今ひとつ好きになれませんでした。
もっとも、このアルバム自体、自分の好きなコステロのサウンド
・デザインではなかったので、余り聴く事が無かったというのが、
正直なところなんですが・・・。
でも、コステロのその後の活動を見るとこのアルバムの持つ意味
というのは、とても重要だったなぁと思いますね。

リシュー盤のジャケットの件は、全く知りませんでしたぁ(汗)。

この時期はコステロの興味がアメリカのルーツ・ミュージックにかなり接近した時期だったと記憶しています。ジェームズ・バートンやジェリー・シェフなどエルヴィス(プレスリー)のサウンドを支えた人たちをバッキングに起用するなど正に〔キング・オブ・アメリカ〕という彼なりのシャレになっているわけです。プロデュースをT-boneバーネットに任せたことからも南部的なサウンドを欲していたのでしょう。

シュガー・シェイカーさん、いつもコメントありがとうございます。

当時は(今も?)プレスリーに対する知識が全く無かったので、
アルバムを取り巻くメンバーが、南部系の名うてのスタジオ・
ミュージシャン達だとは知りませんでした。
でも、レコーディングは、コステロにとってもかなり大きな刺激を
受けたらしく、コステロのこのアルバムを絶賛するコメントから、
本当に上手く行った様子が窺えますね~。

また、Tボーン・バーネットとの出会いは、コステロのその後の
音楽活動に大きな影響を与えたと言っても、過言では無いですね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。