カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハード・ロックの名曲

Bad CoQueenⅠSweet SilencePhysical GraffitiShinin On

【今日の5曲】  ~テーマ『ハード・ロック名曲集(OASI-Z版)』~
1.キャント・ゲット・イナフ/バッド・カンパニー・・・Bad Company
2.炎のロックンロール/クイーン・・・Queen
3.麗しのザンビア/ミスター・ビッグ(UK)・・・Sweet Silence
4.ダウン・バイ・ザ・シーサイド/レッド・ツェッペリン・・・Physical Graffiti
5.ロコモーション/グランド・ファンク・・・Shinin' On


いよいよ小ネタも尽きてまいりましたので(笑)、今日はシンプルに始めたいと
思います。

私にとって一番苦手なジャンルが、このハード・ロックかも知れません。
いや、ハード・ロックならまだしも、「へヴィ・メタル」になると完全に
お手上げ状態です。

私がロックを聴き始めた当時、ハード・ロックと言えばレッド・ツェッペリン
ディープ・パープルが人気を二分しておりました。
そして、その後に続くのがユーライア・ヒープグランド・ファンク・レイルロード
マウンテンといったところでしたでしょうか?
(エアロスミスやキッスやエンジェルといったバンドは、その少し後になります)

どうして私がハード・ロックにあまり興味を持たなかったのか、明確な理由は
今となっては分からないのですが、簡単に言うとハードな音をカラダが求めて
いなかったということでしょう。 学校に対して、不満も無かったし(笑)。

ということで「今日の5曲」は、私OASI-Zが聴いていた数少ないハード・ロック
・ナンバーを集めてみました。
ハード・ロックのファンの方から「そんなのハード・ロックとは呼べないよ!」
というものも有るかと思いますが、何卒ご容赦ねがいます(^^ゞ。


Bad Co

先ず1曲目は、バッド・カンパニーのデビュー・アルバム『バッド・カンパニー』
から「キャント・ゲット・イナフ」です。

このバンドは、私がリアルタイムで遭遇した最初の「スーパー・グループ」でした。
ヴォーカルが元フリーのポール・ロジャース、ギターが元モット・ザ・フープルの
ミック・ラルフス、ベースが元キング・クリムゾンのボズ・バレル、そしてドラム
が元フリーのサイモン・カークという、「これで売れないわけが無い!」という位、
期待感に溢れたバンドでした。
実際「全米1位」「全英3位」を獲得し、全世界で「1,200万枚!」という
新人バンドとしては、破格のセールスを記録しました。

この「キャント・ゲット・イナフ」は彼らのデビュー・シングルで、ブルースをベース
にした「ドッスン」「バッタン」というフリーに通じるリズムと、ポップなメロディが
私の心を掴みました。
因みに当時、中一の私が習ったばかりの「can't/get/enough」という
英単語が並んだタイトル名も、なんとなく嬉しかったですね。


100202_232654_M.jpg
↑CDとは少しレイアウトが違うアナログ盤です。

2曲目は、クイーンのデビュー・アルバム『戦慄の王女』から「Keep Yourself Alive
(邦題:炎のロックン・ロール)」
です。

「ブリティッシュ・ロックの新星」「レッド・ツェッペリンの後継者」などと言われ、
デビュー当時から注目を浴びていたものの、海外での評判は芳しくなく、世界で
一番最初に火が点いたのは日本だったというくらい、最初は地味な存在でした。
ただ、私にとっては「アフリカのザンジバル生まれで、4オクターブの声域を持つ
ヴォーカル」「100年前の暖炉の木で作った、ヴァイオリンやフレンチホルンの音を
出す事ができるハンド・メイド・ギター」「およそミュージシャンとは思えぬ美少年
ドラマー」「1stはディーコン・ジョン、2ndからはジョン・ディーコンに名前が変わった
ベーシスト(笑)」
というキャリアやコピーがどれも新鮮で、相当な期待を込めて
このアルバムを購入したことは、今でも忘れません。

肝心の音の方も、ツェッペリンの1stを彷彿させる緊張感が漂うサウンドに
「今俺は、とんでもないバンドのデビュー・アルバムを聴いているのじゃないか?」
という予感がありました。
何よりもブライアン・メイのギターの音と、曲のクライマックスをコーラスで決める、
というスタイルが斬新で「俺達の時代のバンド」という気持ちを強く持ったものです。
因みにこの「炎のロックン・ロール」は中学時代、放送室をジャックしてお昼の放送
にレコードをかけた思い出深い1曲です。(←お前は20世紀少年か!?)


Sweet Silence

3曲目は、ミスター・ビッグのこれまたデビューアルバム『Sweet Silence(邦題:
甘美のハードロッカー)』
から「麗しのザンビア」です。
恐らく、40代半ば以上のロック・ファンにとって「ミスター・ビッグ」と言えば、
1975年にデビューしたイギリスの「このバンド」の事を、思い浮かべるのでは
ないでしょうか?

ギター、ベース、そしてツイン・ドラムという変則的なメンバー構成で、デビュー
当時に言われた「クイーンを彷彿させるハード・ロック」という前評判を裏切る
事無く、クイーンと同じくらいの将来性を感じ、私の注目度も高かったものです。
しかし、ミスター・ビッグは、この後「フォトグラフィック・スマイル」というアルバム
1枚を発表して、残念ながらミュージック・シーンから姿を消してしまうのでした。

この「麗しのザンビア」は当時「中華風ハード・ロック」と言われ、中国音楽のような
コーラスとエフェクトが施された、オリエンタル・ムードが漂うポップなナンバーです。


Physical Graffiti

4曲目は、レッド・ツェッペリンの6枚目のアルバム『フィジカル・グラフティ』から、
「ダウン・バイ・ザ・シーサイド」です。
ツェッペリン初の2枚組で、しかも自らのレーベル「スワンソング」からの第一弾と
なったこのアルバムは、全米で6週連続1位を記録する大ヒットアルバムとなりました。

この『フィジカル・グラフティ』ですが、アルバム用に作った8曲がアナログ盤1枚に
収まらないという理由で、急遽過去のアウト・テイク7曲を集めて、2枚組で発表
したアルバムです。
だからと言って、散漫になったり統一感が無いという印象は無く、逆にヴァラエティ
に富んだ内容になって不思議なケミストリーを生む結果になったと思います。

この「ダウン・バイ・ザ・シーサイド」は、4枚目のアルバム『フォー・シンボルズ』
アウト・テイク。丁度アコースティックなサウンドに傾倒していた時期を伺わせる
前半ソフト~中盤ハード~後半メロウな展開が絶妙な名曲で、ジョン・ボーナム
亡き後、ハニー・ドリッパーズ名義で発表した「シー・オブ・ラヴ」のカバーを演った
理由が少し分かる気がします。


Shinin On

そして、最後の曲はグランド・ファンク『Shinin' On(邦題:輝くグランド・ファンク)』から大ヒット・ナンバー「ロコモーション」です。

前作『アメリカン・バンド』ではトッド・ラングレンをプロデュースに起用。セールス的な成功を納めた事に気を良くしたのか、このアルバムでも再起用し前作以上にポップ度を増したアルバムになりました。
また、最近話題の映画「アバター」ではありませんが、「世界初の3Dジャケット」を採用し付属の「」のメガネをかけると「飛び出して見える」ジャケットも話題になりました。

SM△Pが登場するS○FTB△NK(←ぜんぜん伏字になっていないぞ)のCMで、頻繁に耳にする機会が増えたこの曲ですが、日本ではゴールデン・ハーフ(←懐かしい!)が、ドリフの「8時ダヨ、全員集合!」でこの曲を「日本語」で歌っている姿を何度か見ており「なんだ、グランド・ファンク・レイルロードが、ゴールデン・ハーフの曲をパクったのか?」と当時、真剣に思ったものです(笑)。

元々はリトル・エヴァが1962年にヒットさせたカバー曲で、この「ロコモーション」は全米1位に輝き、グランド・ファンクの最大のヒットとなりました。
でも、商業的には成功しても、伝説の「落雷・停電・雨中の後楽園球場ライヴ!」を知る人には、複雑だったろうなぁ・・・。

-------------------------------------------------------------

今年の新潟は、例年に比べて雪が多いようです。
明日も「雪」の予報・・・。少しうんざりしています(ToT)。

関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

ハードなロック集ですね^^

こんばんわ!
クィーンのジャケはCD盤に馴染みがあるので、やっぱり違和感を感じてしまいますね~
〉”今俺は、とんでもないバンドのデビュー・アルバムを聴いているのじゃないか?”
…その予感が見事なまでの的中~☆ビッグなバンドになりましたよね。

グランド・ファンクの”3Dジャケ”もなんと!?画期的な!!v-420
リトル・エヴァの”ロコモーション”の方を子どもながらも印象深かったもので、大人になって色々なアーティストさんたちのカバーを聴いた時の違和感はありました。
グランド・ファンクのが実は違和感が一番あったかも~v-410
男声でしたし…

ゴールデン・ハーフのエバが可愛かった

sihukuさん、こんにちは。

当時、LツエッペリンやDパープルを始め色々なビッグ・バンドがおりましたが、どれも既に大衆的な評価を得ておりました。
しかし、クイーンはデビューしたばかりで世間の評価も、まだハッキリしていなかった時でしたので、「自分が発掘した(笑)」的な満足感がありましたv-410
でも、ビッグになっていったのは嬉しかったのですが、そうなると自分から遠いところへ離れていってしまった感じがして、複雑な気分でしたねv-388

グランド・ファンクは「どーせゴールド・ディスクを獲るんだからジャケットを金色にしてしまおう(アメリカン・バンド)」とか、この次のアルバムではメンバー4人が「ボディ・ビルダー」の筋肉ムキムキ(合成)のジャケットを作ったりして、遊び感覚のジャケットもさることながら、音の方もどんどんコマーシャルになっていってしまいました。
やっぱ、売れなきゃダメということなんでしょうね・・・v-389

コメント、ありがとうございました。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。