カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のエルヴィス・コステロ 第13回 ~The Other Side Of Summer~

Mighty Like A Rose

「今週のエルヴィス・コステロ」は、「夏に聴きたいロック」企画に便乗して
1991年にリリースされた、通算13枚目のアルバム 『Mighty Like A Rose』
から 「The Other Side Of Summer/もうひとつの夏」 です。

前作 『Spike』 と対を成す作品と言われ、前作同様このアルバムにもポール・
マッカートニー
との共作曲が2曲収録されています。(父親のロス・マクマナス
もトランペットで1曲参加している)

また、バック・メンバーにアメリカ人を迎えるスタイルもすっかり定着し、全体的
にメロディアスな楽曲が多い印象を受けます。デビューから10年以上が経過し
以前のパンキッシュなスタイルは、この時期にはすっかり影を潜め コステロが
「聴かせるアーティスト」 への階段を、着実に登って来ていた事を 物語って
います。

その事は、ジ・アトラクションズをバックに従えて、ポップなロックン・ロールの
「コステロ節」 を期待している私のようなファンからは、少し残念ではあったの
ですが、これ以降 現在に至るまで30年以上も第一線で、作品を作り続ける為
には、この変化は必然だったのだと思えます。

コステロ自らのベースから始まる、この 「The Other Side Of Summer/
もうひとつの夏」
における瑞々しさと爽やかさを兼ね備えた、気恥ずかしい
位のポップ・ナンバーは、今までのコステロには見られなかったタイプの曲。
ビーチ・ボーイズ風のコーラスが、暑さの中に涼しさを届けてくれます。


The Other Side Of Summer/Elvis Costello
このコステロ、ワイルドだろ~


必死に踊っていたが、ひどい音楽だった
夢を埋めてしまい 役立たずを放り出す
おやすみ
幸せがありますように
地球へ お別れのキスを
もうひとつの夏


Mighty Like A Rose

関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

OASI-Zさん、こんにちわ。
このPVは未見でした。ワーナー期以降はTVでコステロのPVを見る
機会も激減してたので存在すら知りませんでした。
華のあるGALバンドに囲まれた映像が明るい曲調に合ってますね。
でもって歌詞は
“ポップの女王はダウンタウンで薬漬けだった”
なんて感じなんですよね。シビレますね〜。

mangohboyさん、いつもコメントありがとうございます。

昨日は飲み会で帰りが遅くなってしまいコメントする事ができず、申し訳
ありませんでした。

私も、この企画をやるようになってコステロのPVを探しながら貼り付けて
おりますが、以前ならビデオに録画して、再生するという面倒な手段しか
なかったので、本当に便利な世の中になったと思いますね。

「こういうワイルドな時代が、あったんだなぁ~」と、色々な発見が出来て
とても楽しく思います。

名曲ですよね♪
もしかして、一番好きなコステロソングかもしれません。
アルバムの方が過小評価され気味、しかもブックオフの特価品コーナーの常連なのが、残念です。

ryoさん、いつもコメントありがとうございます。

この曲を初めて聴いた時、思わず「女子高生が麦わら帽子を
かぶって、波打ち際で遊んでいる姿」が浮かびました(笑)。
コステロ史上、爽やかさではダントツの曲だと思います。
PVではJKではなく、華やかなお姉さま達がたくさん登場して、
とても楽しそうですね~。

ブックオフの特価品コーナーですか・・。
そう言えば先日、タワレコで『Spike』やこのアルバムを含む、
ワーナー期5枚のアルバムをまとめた「ORIGINAL ALBUM SERIES」
が並んでいて、思わず「コステロ、お前もか!」と心の中で
呟いてしまいました・・・。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。