カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pretzel Logic

snyders.jpg


以前、アメリカの○ッシュ大統領が 喉に詰まらせて死にかけたという

「プレッツェル」

私が子供の頃から、「○リコのプリッツ」は、有ったのですが、

「プレッツェル」は知りませんでした。

まぁ、輸入食品を扱う店などに行けばも存在したのかも知れませんが、

そんなお洒落なお店には、全く縁がありませんでしたね・・・。


pretzel logic LP


1974年に発表されたスティーリー・ダンの3枚目、『Pretzel Logic』

このアルバム・ジャケットのおっさんは、その「プレッツェル」

売っていたのですね。

日本人の私の感覚でいうと「焼いも屋」のようなイメージを抱いて

おりましたが・・・(笑)。


OASI-Zがアメリカのロック・バンドで、最初に買ったLPレコードが、この

アルバムでした。(その次がレーナード・スキナードだったかな・・・)


このアルバムには、彼らの最大のヒット曲である 「リキの電話番号」

が収録されているのですが、当時中1だったOASI-Zは、ファンキー・

ジャズ・ミュージック
を理解出来ない、おこちゃまだったので(苦笑)

イントロがホレス・シルヴァーからの引用と言われている、この曲より

乾いたポップ感に溢れた「気どりや」 とか、「バリータウンから来た

男」
を、好んで聴いておりましたね~。



Any Major Dude Will Tell You/Steely dan


Barrytown/Steely dan


このアルバムの後、ツアーよりもスタジオでのレコーディング活動を

重視したバンドの方針に反発した、オリジナル・メンバーでギターの

ジェフ“スカンク”バクスターが脱退。(ドゥービー・ブラザーズへ)

ツアーから解放された、ドナルド・フェイゲンウォルター・ベッカー

は、緻密なスタジオ・グループとして、後世にその名を轟かす一歩を

踏み出したのでした。

ただ個人的には、完全無欠ではなくてもリラックスして聴く事が出来る

この 『さわやか革命』 とか、次の 『うそつきケティ』 なんかの方が

親密感があって、思い入れがあるんですけどね・・・。



関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

俺の場合、スティーリー・ダンで最初に入手したのがエイジャとファーストでした。同じバンドでも両極端の二枚。でも洗練された後期とアーシーな初期の作品を同時に聞いたのが良かったのかな?で、次に入手したのがこのアルバム。ちょうど前期と後期の中間てな感じですね。まだいい意味でゆるい味わいがあり、バンドらしさが残っていた作品。oasizさんの言う通り完全無欠のエイジャよりもこれとかの方が俺も今は親しみがありますね。あとあまり触れられないですが、ジェフ・バクスターのカントリー志向も初期の魅力だったのではないかと…。

シュガー・シェイカーさん、いつもコメントありがとうございます。

後期のスティーリー・ダンは、ギターのワンフレーズにも数人の一流
ミュージシャンにギャラを払って、一人のプレイだけを採用するという
完璧さを追及するやり方で、アルバム製作に莫大なお金をかけていました。
『Aja』の「ペグ」にしても前作『幻想の摩天楼』で、7曲のソロを弾いた
ラリー・カールトンでさえ採用を見送られたくらいですものね。
(その後カールトンは、「ルーム335」で鬱憤を晴らす?(笑))

ジェフ・バクスターがバンドを抜けたショックは大きく、彼のプレイが
このバンドの魅力だったのは、間違いないと思います。
だから、正直いって『うそつきケティ』は全く期待していなかったのですが、
聴いてみると彼が抜けた穴はさほど目立たず、逆にショックを受けたほど
でした(汗)。
このバンドはドナルド・フェイゲンのヴォーカルがあれば、成立するのだと
改めて思い直した次第です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ロッカーズさん、お久しぶりです。
ご無沙汰しておりましたが、お元気でしたでしょうか。

中古レコード店は、あまり知らないのですが(汗)、やはり新潟では「キングコング」でしょうか?
「西堀ローサ」というショボイ地下街の外れにひっそりと店を構える中古店で、私も月に1回ぐらい覗いてみていますが、東京の中古店に比べると店舗面積も、品揃えも劣るのではないでしょうか?

一応、メール会員になると携帯(スマホ)の画面を見せるだけで、25~30%OFFの案内が定期的に送られてきますので、事前に会員になっておくと良いと思います。↓
http://www.nishibori-rosa.co.jp/?cat=11

尚、西堀6番館ビルの前に西堀ローサの入り口がありますので、そこから階段を下りていくと、すぐ「キングコング」があります。

ありがとうございます。

時間がありましたら、キングコングに行ってみたいと思います。ショボイ地下街というのも気になります。

最近、東京のCD店も、お客さんが少ないですし、売り場縮小している店も増えました。

ロッカーズさん、コメントありがとうございます。

今日、久しぶりに「キングコング」に行ってきました。
廃盤になっている、セバスチャン・ハーディーの2ndのCDが
有ったので、買ってまいりました。

尚、ご存知かも知れませんが「新潟名物タレカツ丼」で有名な
「とんかつ太郎」が西堀6番館ビルの隣に有りますので、
「キングコング」に寄られた際には、是非ご賞味下さい。

セバスチャン・ハーディーは、ファースト・セカンド共に、ブックオフにて500円で買いました(^ ^)
最近は、ロカビリー、歌謡曲、ニュー・ミュージックばかり聴いています。

タレカツ丼は知らなかったです。嫁も食べた事が無いみたいです。海が近いので、お寿司を食べようかなと思ってました。

ロッカーズさん、またまたコメントありがとうございます。

新潟のブックオフの500円コーナーに、セバスチャン・ハーディー
は見たこと無いですね~。
やはり東京との人口の差による、品揃えはの差は歴然ですね・・・。

新潟のお寿司は、回転寿司でも十分美味しいですね。
(かっ○寿司とかの低価格チェーン店でなければ)
新潟は観光する場所はありませんが(汗)、お酒と食べ物は
美味しいですよ。
特に茶豆(枝豆)は、最高ですね~。この時期でもまだまだ美味!。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。