カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Driftwood

The Man Who

朝のひんやりした空気が心地よい、季節になってまいりました。

そして夕暮れが早くなり、何故か感傷的な気分になりがちな季節でも

あります。

こういう季節に聴くとピッタリなのが、UK屈指の美メロバンドトラヴィス

ではないでしょうか?


1999年に発表されたトラヴィスの2ndアルバム 『The Man Who』

レディオヘッドや、ベックを手掛けた、あのナイジェル・ゴドリッチ

プロデュースを務め、発売から3ヶ月目に全英NO.1に輝いた「出世作」

となったアルバムです。


そしてトラヴィスのフロントマンであるフラン・ヒーリィが、前回紹介した

コールドプレイの成功の土台を築いたのは、自分達だと話したと言われ

ています。

確かに、コールドプレイを始め、2000年代に入ってから叙情派美メロ

バンド
が大挙、デビューして居る事からその発言に繋がったのでしょう。


Driftwood/Travis


トラヴィスの繊細で、真っ直ぐな音を聴いていると、秋から冬にかけての

景色とか情景
が、浮かんできます。

青春時代のピュアな気持ちを呼び戻したいという、中年の方にも(笑)是非

聴いてもらいたい1枚です。


追記.

彼らは3rdアルバム 『The Invisible Band』 で、「一番大切なのは僕ら

じゃなくて、僕らが作った音なのさ。僕らがバンドを辞めてしまっても、僕ら

の作品(音楽)は残るという事が大切なのさ」
という発言を、インタヴューで

語っています。

それは「インヴィジブル・バンド(目に見えないバンド)」というアルバム・

タイトルに全てが凝縮されていると同時に、自分達の音楽に対する自信の

表れに他なりません。


関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。