カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Everybody's Changing

Keane Hopes And Fears

コールドプレイトラヴィスに続く美メロシリーズ第三弾は、2004年

にデビューしたキーンです。

このバンドの特徴は、何と言ってもギタリストが居ないという事。ピアノ

(キーボード)をメインとした演奏に、トム・チャップリンの透明感のある

伸びやかなヴォーカルが、圧倒的な存在感を発揮しています。

この辺は、やや抑え気味に歌うクリス・マーティン(コールドプレイ)や、

フラン・ヒーリィ(トラヴィス)との決定的な違いで、その為かサウンド的

にも翳りのない温かみのあるポップなメロディが、キーンの最大の魅力

になっています。


デビューアルバム 『Hopes And Fears』 は、新人ながら全英初登場

第1位を記録。以降、今年発表された4作目の 『Strangeland』 まで

全て全英チャート最高位1位を、記録しています。


Everybody's Changing/Keane


それにしても、最近のバンドはUK・USを問わずにソングライティングの

才能が素晴らしく、耳に残る珠玉のメロディを創りだすバンドが多くて

驚かされます。

個人的にはそこに、ラジカルな実験的要素を持ち合わせたバンドが

好みなんだけど、キーンのように叙情的なだけで無く、聴いているうち

に明るい希望と勇気が湧いてくる「純度100%のストレートなポップ・

ミュージック」
も、この季節に聴くと心に響いて、とても良いですね。


関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。