カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のエルヴィス・コステロ 第17回 ~The Other End Of The Telscope

All This Useless Beauty

すっかりご無沙汰しておりましたこの企画。

決して終了したわけでは有りませんよ~(苦笑)。

実は此処のところ、新譜が溜まってしまってね・・・。

それをなかなか聴く時間も取れなくて・・・。

それで、コステロにしわ寄せが来たというわけじゃよ。

決してゴルフで忙しい訳じゃないんだよ・・・。


その新譜の中で、エイミー・マン『Charmer』 というアルバムが

なかなか良かったのよ!

そーいえば確か、エイミー・マンコステロが提供したナンバーが

あったなぁ~・・・。なんだっけな~・・・。


という事で、かなり強引な展開で第17回目を迎えた「今週のエルヴィス・

コステロ」
は、1996年に発表された18枚目の作品 『All This Useless

Beauty』
から 、そのエイミー・マンの為に書かれたナンバーでアルバム

のオープニングを飾る「The Other End Of The Telscope」 です。


このアルバムは、いわゆる「セルフカバー・アルバム」で、過去の楽曲に

スポット・ライトを当てた作品という、これまでの新作とは趣が異なる内容

のアルバムです。

とは言っても、他人にプレゼントした曲でもレコード化されてるのは3曲で

(残念ながら、採用されなかったという事?)個人的には知らない曲ばかり

だったので、純粋にコステロの新作として楽しむ事ができます。

そして完成したアルバムは、ワーナー期の集大成と言うべき、これまで

コステロが歩んで来た歴史が窺える、色々なタイプの曲が入り混じった

作品になりました。

例えるなら、レッド・ツェッペリン『Physical Graffiti』 のような位置

付けのアルバムと、言えると思います。


The Other End Of The Telscope/Elvis Costello


アルバムにはポール・マッカトニーとの共作という、話題曲だけでなく

ロジャー・マッギンザ・バーズ)の為に書いた 「You Bowed Down」

ではテープの逆回転やコーラスなど、60年代を想起させるエッセンスが

ふんだんに盛り込まれていたり、シングル・カットされた「It's Time」では

『Blood and Chocolate』 の頃を彷彿させる、アトラクションズの荒々

しいライヴ的な演奏に、コステロの渋みのあるヴォーカルが冴える曲など

「これぞコステロ節!」というべき、往年のコステロ・ファンなら誰しも涙する

メロディ・ラインのナンバーが、数多く収められています。


因みに↓これが、エイミー・マン(Til Tuesday)の 「The Other End Of The

Telscope」
。コステロも、バック・ヴォーカルで参加しています。

ホントに、いい曲ですね~。


The Other End Of The Telscope/Til Tuesday(Aimee Mann)


関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

OASI-Zさん、こんばんわ。
自分も「Telscope」はTil Tuesday先で聴いてました。
ジャケに惹かれてなんとなくレンタルして来たのですが
特徴あるあの声がコーラスで聴こえてくるまで
コステロ参加には全く気付いてませんでした。
確かこの曲も「Shipbuilding」みたいにコステロ作詞で
作曲はエイミーの方だったと記憶していますが…

mangohboyさん、コメントありがとうございます。

私は当時、ロックから離れていた時期でしたので、Til Tuesdayも
エイミーも良く知りませんでした(汗)。
ただ、こうして二人の歌を聴くと優しさに溢れるエイミーの曲に、
シニカルな視点に立ったコステロの歌詞がベスト・マッチですね。

この曲から20年以上経った今も二人が現役で、作品を作り続けて
いるのがホントに素晴らしいと思います。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。