カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎のG1勝負(秋)第4戦 エリザベス女王杯

「炎のG1勝負(秋)第4戦」は、秋の牝馬NO.1を決める「第37回

エリザベス女王杯」
が行われます。

この「エリザベス女王杯」というレース、昨年の「炎のG1勝負」

エリザベス女王杯の予想を見ると

①G1馬同士の組み合わせは無い

②G1未勝利馬同士の組み合わせは無い

とあります。

となると、今回のエリザベス女王杯 出走馬の中でG1を勝った事が

あるのはホエールキャプチャ唯一頭。

データ的には「ホエールキャプチャは連を外さない」という事になります。

更にこのレースの1~3着は「5番人気の中で決まる(事が多い)」のです

となると、自ずから結論はこうなります。


《第37回 エリザベス女王杯(G1)》 芝2,200m

【結論】

◎11.ホエールキャプチャ
◯12.ヴィルシーナ
▲7.フミノイマージン
△6.ピクシープリンセス
△10.オールザットザジャズ



まぁ、なんとなくホエールキャプチャは2着で、勝つのはヴィルシーナ

フミノイマージンだと思うのですがね~。

ただ、雨も降っているし(馬場状態は13時現在、稍重)、波乱も有りそう

な予感がするんですよね。

そうなると1枠の2頭とか、レインボーダリアあたりが3着に突っ込んで

来そうな・・・。(あー、買い目が絞れない(汗))

果たしてデータ通りに行くのか、波乱の結果が待っているのか?

「第37回 エリザベス女王杯(G1)」の発走は、15時40分です。

レース後の反省文をお楽しみに・・・。



【レース結果】

1.レインボーダリア
2.ヴィルシーナ
3.ピクシープリンセス

渋った馬場が味方をしたのか、G1はおろか重賞すら未勝利

7番人気レインボーダリアが圧倒的1番人気のヴィルシーナ

押さえてエリザベス女王杯を制しました。

上の予想の「雨が降っているので・・・」という所で

登場したレインボーダリアでしたが、ホエールキャプチャが来ない

事には、どもならずでした・・・(涙)。


それと上の文でこのレースの1~3着「5番人気の中で決まる

(事が多い)」
と書きましたが、決まらない時は7番人気に要注意

なんですよ。

2006年1着のフサイチパンドラ、1999年2着のフサイチエアデ―ル

何れも7番人気でした・・・(←って今更言ってどうするの?)


今秋の「炎のG1勝負」も、なかなか未勝利を抜け出せず、炎が

消えかかってまいりました・・・。


関連記事
スポンサーサイト

THEME:競馬 | GENRE:スポーツ |

COMMENT

予想には影響ないと思うけどエリンコートもGⅠ馬ですよ(^^;
3着あたりに人気薄を期待しましょう(^^)

kazupさん、いつもコメントありがとうございます。

ううっ、確かにエリンコートはG1馬(それに数少ないこのG1勝負で
的中させてもらった馬!)でした。
馬柱の中にエリンコートが居る事すら、気が付きませんでした(滝汗)。
池添が見せ場を作った時は、「まさか?」と思いましたが(笑)

まぁ、どっちにしても馬券はハズレでG1未勝利馬同士の決着でした
からね~。
ただヴィルシーナの場合、準三冠馬ですからG1馬と同等と考えなければ
ならないでしょうけどね・・・。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。