カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fall Of ‘82

Port of Morrow

2012年に発表されたアルバムを振り返るシリーズ、第二弾の今日は

ザ・シンズの5年ぶり4枚目の作品 『Port Of Morrow』 です。

「アメリカの良心」ウィルコなら、「USインディの良心」はこの

ザ・シンズと言えるでしょう。

フォーク、カントリー、ローファイといった音楽をベースに、60年代~

70年代の、古き良きアメリカの佇まいを感じさせてくれる、タイムレス

なグッド・メロディは、今の時代に聴くと逆に新鮮に映るから不思議。

なんとなく70年代、AMラジオにかじりついていた頃に流れていた曲

を思い出させてくれます。


2007年に発表された前作 『Wincing the Night Away』 は、初登場

2位を記録。(↓私はアルバム・ジャケットを見てギョッとしました(苦笑)

Wincing the Night Away Wincing the Night Away

日本に住む我々の感覚からは、この手の音楽が上位にランキング

されるという事に対して 理解不能な部分があるのですが、アメリカ

の音楽シーンは、良質な音楽ならメジャーだろうがインディだろうが

支持されるという、自由な環境にあるのが素晴らしいと思います。


紹介する「Fall Of ‘82」は、トランペットをフィーチャーした心安らぐ

ポップ・ソング。ヴォーカルで中心メンバーのジェイムズ・マーサー

の声もサウンドに溶け込み、知らず知らずのうちに疲れた身体を癒す

サプリメントのような効果を発揮してくれます。




ところで、皆さんは「1982年の秋」って何をしていました?

OASI-Zは、この時 になりました(爆)。


関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

こんばんは!お久しぶりです。

1982年、私の生まれ年です。
しかも秋生まれ!
OASI-Zさんが男になった年に生まれてしまいました(笑)

ご紹介なさっていた「Fall Of '82」、好きな感じです。
気持ちいい曲ですね~。

煌砂さん、お久しぶりでございます。

えっ?煌砂さんは「Fall Of '82」に生まれたのですか?
という事は、もしかしてあの夜に私が放った○○が・・・(以下省略)
(↑って言うか、計算合わないだろe-351

マイケル冗談は、その位にしておいて(笑)1982年と言えば私は
ニュー・ウェーヴとかファンク・ロックを、良く聴いておりました。
また「ブリティッシュ・インヴェイジョン」というムーヴメントが
勃発し、UKのヴィジュアル系バンドによるダンス・ミュージックが
大挙USに侵略し始めた時だったと、記憶しております。

このザ・シンズのような音楽は、島国日本の風土に合わないのか
残念ながらアメリカのようには、売れないですね~。
でも私は、こういうポップでメロディが良いバンドは好きなので
これからも応援していこうと思っています。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。