カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blues Hand Me Down

The Bomb Shelter Sessions


2012年に発表されたアルバムを振り返るシリーズ、第五弾の今日は

ヴィンテージ・トラブルのデビュー・アルバム 『The Bomb Shelter

Sessions』
です。

とにかく、バンド名がカッコいい。ジャケットのアート・ワークもモノクロで

カッコ良すぎ。

そしてサウンドは、60年代風のR&Bやソウル・ナンバーに、エネルギー

を爆発させた黒人ヴォーカルと、ハード・エッジなギターを加え、ロック

とブルースが融合した、超カッコいい極上の「ヴィンテージ・サウンド」

を鳴らすという、正に破格の新人バンドの登場と言えるでしょう。


特に、1曲目の「Blues Hand Me Down」における、冒頭のドラム・

グルーヴ、そこに畳み掛けるナリー・コルトのギター・リフが圧巻。

更に、タイ・テイラーのソウルフルで汗が迸るような、ヴォーカルが

素晴らしい。そして、ファンキーなベース・グルーヴが加わると、聴く

者の高揚感は、MAXに達するのであります。


Blues Hand Me Down/Vintage Trouble
この曲の歌詞の中に「Vintage Trouble」というフレーズが出て来て
そこから、バンド名が決定したとのこと。


決して目新しさは無い。むしろレトロな佇まいに溢れた、サウンドで

ある。しかし、以前紹介したブラック・キーズにも通じる、圧倒的な

グルーヴとブルージィなロックン・ソウルは、古臭く感じるどころか

今の時代には逆に、新鮮な印象を受けるから不思議。

単なるクラシック・ロックのフォーマットを、焼き直した音にならない

のは、メンバー1人1人のスキルの中に蓄積された「豊富な音楽

情報量」
によって、レトロなサウンドにモダンなサウンド・デザインを

意識することなく、施しているからに違い有りません。


既に2ndアルバムも仕上がっており、「Blues Hand Me Down」

何曲も入ってるというのだから(笑)、今からとても楽しみ。

関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。