カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年ソロ・アーティストの新譜特集 

Sonik KicksFormer LivesCharmer.jpgSunken CondosTempest.jpg


【今日の5曲】

1.Green/Paul Weller・・・Sonik Kicks
2.Broken Yolk in Western Sky/Benjamin Gibbard・・・Former Lives
3.Charmer/Aimee Mann・・・Charmer
4.I'm Not The Same Without You/Donald Fagen・・・Sunken Condos
5.Roll On John/Bob Dylan・・・Tempest


今日は、今年発表されたソロ・アーティストの5枚の作品から、このブログの
原点に帰って「今日の5曲」を、お送り致します。

Sonik Kicks

先ず1曲目は、ポール・ウェラー師匠のソロ通算11枚目となるアルバム
『Sonik Kicks』 から 「Green」です。

前作 『Wake Up The Nation』 から2年ぶりとなる作品は、前作同様に
老け込むどころか元気一杯、実験的な楽曲を散りばめた作品となりました。
この「Green」は、80年代エレポップを彷彿とさせる曲で50歳を過ぎてから
更に若々しさを増した感すらあります。
新作発表のインターバルも、キッチリ2年おきのペースというのが今の師匠
の充実ぶりを、物語っているのだと思います。


Green/Paul Weller 心臓の弱い方は映像を凝視しないように


Former Lives

2曲目は、ベンジャミン・ギバートの初ソロ・アルバム 『Former Lives』
から 「Broken Yolk in Western Sky」 です。

ベンジャミン・ギバートって誰?って感じかも知れませんが、アメリカでは
アルバムを出せば必ず「グラミー賞」にノミネートされるという位、圧倒的な
存在感を示しているバンド、ディス・キャブ・フォー・キューティのフロント・
マンなのです。
ディス・キャブ自体の人気・知名度ともに、日本ではイマイチなのですが(汗)
このアルバムは、日本人好みのメロディとポップ感覚で、なかなか良いと
思います。私も慌てて2枚しか所有していない、ディス・キャブのアルバムを
引っ張り出して、聴き直してみた次第です。


Broken Yolk in Western Sky/Benjamin Gibbard


Charmer.jpg

3曲目は、エイミー・マンの4年ぶりの待望のアルバム 『Charmer』 から
タイトル・チューンの 「Charmer」 です。

今回の作品は暗い題材を、70年代のブロンディとかカーズのサウンドを
意識して、明るいポップな曲調に仕上げたアルバムだという事で、私自身も
大変気に入っております。
以前、エルヴィス・コステロの所でも触れましたが(←いや 良く見ると全く
触れていない...(汗)) とにかく彼女の透明感が有って、温かみのある声が
素晴らしいのです。この曲もアナログ・シンセに乗せた、伸びやかなヴォー
カルに、思わず引き込まれます。


Charmer/Aimee Mann


Sunken Condos

4曲目は、ドナルド・フェイゲン待望の6年半ぶり4枚目のソロ・アルバム
『Sunken Condos』 から 「I'm Not The Same Without You」 です。

1982年に発表された大傑作アルバム 『The Nightfly』 の後、長い沈黙
期間に入ったドナルド・フェイゲン。1993年、10年ぶりに 『Kamakiriad』
を発表するも以前の高いポテンシャルは影を潜め、また久しく活動休止の
状態だったスティーリー・ダンも復活アルバムを、2000年代に入って発表
するも、黄金期を知るこちらのハードルが上がり過ぎたのか、期待に応え
てくれるものでは、残念ながら有りませんでした。

そんな中で発表されたこのアルバムは、全盛期に並ぶとは言えないまでも
練り込まれたメロディや音の処理に復活の兆しが見え、またフェイゲン
ヴォーカルや女性コーラスの部分にも、かなりの手応えが感じられる作品
になったと思います。
『The Nightfly』 以来30年ぶりの快作!。ホント長かったですね~。


I'm Not The Same Without You/Donald Fagen


Tempest.jpg

そして5曲目は、キャリア50年で35作目のボブ・ディランのアルバム
『Tempest』 から 「Roll On John」 です。

70歳を超えた偉大なるミュージシャンに、こんな言葉は失礼かもしれま
せんが、この年齢になっても音楽に対する姿勢がラジカルでイノヴェイ
ティヴなのが、とても驚かされます。
昨年 発表されたポール・サイモンの新作もそうでしたが、「まだ自分が
踏み込んで居なかった新しい領域を探し続ける」
事が、音楽活動のモチ
ベーションになっているのだと思います.

この「Roll On John」は、ジョン・レノンの事を歌った7分を超える大作。
同じ時代に「言葉や詩」の部分で刺激を受けたり与えたりしながら、音楽
活動をしてきた二人の天才。ジョンの死後30年が経った今だからこそ
音楽活動の総括的な意味から、こうして作品化する決意をしたのかも・・・。


Roll On John ((°J°)) /Bob Dylan 心に沁みます

どこかのベテラン・バンドもベスト盤を発表したり、数年前の再結成ライヴ
をCD+DVDにするだけでなく、新作を作って欲しいと思うんだけど、黙って
いても過去のアルバムが毎年売れ続ける状況の中では、作品に向かう
モチベーションが上がらないんだろうね・・・。羨ましい限りだけど(笑)。


関連記事
スポンサーサイト

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

この5枚のアルバムの中ではドナルド・フェイゲンとディランは2012年の収穫でした。というかあと三枚は未聴。
近々2012年の収穫という記事をアップしようと思います。OASI-Zさんのいうとおりディランの新作はポール・サイモンの【ソー・ビューティフル・オア・ソー・ホワット】と感触が似ていますね。
『ロール・オン・ジョン』には泣けましたァ。

シュガー・シェイカーさん、いつもコメントありがとうございます。

私はドナルド・フェイゲンの復活とも言える作品が、とても嬉しかった
ですね~。
スティーリー・ダンを含めて新作が出れば、必ず期待を込めて購入して
いたのですが、残念ながら期待を裏切られ続けていたので、本当に胸が
すく思いがしました。
ボブ・ディランは70歳を過ぎても、ロックン・ロールのスピリットを
忘れていないのが凄いですね~。

返事が遅くなりまして申し訳ありませんでした。

僕はウェラー・フェイゲン・ディランを買いました。どれも傑作でしたね。ニール・ヤング(しかも暴れ馬)の新譜も良かったです。

ryoさん、コメントありがとうございます。

ニール・ヤングもクレイジー・ホースと組むと、若々しく
過激なサウンドを作るから、堪らないですね~。
枯れた渋いアダルト路線に進むのではなく、ジジイになっても
元気一杯な、ああいう歳の取り方に私は憧れます(笑)。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。