カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALBUMS OF THE YEAR 2012 ③

OASI-Zが選ぶ 「ALBUMS OF THE YEAR 2012」 の3日目は
20位から11位までの発表です。

20位 Attack On Memory/Cloud Nothings
AttaCk on Memory

スティーヴ・アルビニをプロデューサーに迎えた、クラウド・ナッシング
渾身の2ndアルバム 『Attack On Memory』 が20位にランクイン。
中でも8分を超える大作、「Wasted Days」 の音の緊張感が圧倒的。

19位 Lonerism/Tame Impala
Lonerism.jpg

オーストラリア出身、2ndが日本デビュー・アルバムのテーム・インパラ
『Lonerism』 が19位。「21世紀のトッド・ラングレン」と、呼び声も高い
ケヴィン・パーカー(Vo/G)のクラシック・ロックと、現代ロックの融合を
実現させた、コンテンポラリー・ロックの未来形的アルバム。


Be Above It/Tame Impala


18位 Port Of Morrow/The Shins
Port of Morrow

フォーク、カントリー、ローファイといった音楽をベースに、60年~70年代
の古き良きアメリカの佇まいを感じさせる、タイムレスなグッド・メロディを
奏でる、ザ・シンズ5年ぶり4枚目の 『Port Of Morrow』 が18位。

17位 Out Of The Game/Rufus Wainwright
Out Of The Game

プロデューサーにマーク・ロンソンを起用し、今まで以上に明るく、力強く
ソウルフルになった、ルーファス・ウェインライトの約2年ぶり7枚目の
アルバム 『Out Of The Game』 が17位に。

16位 Shields/Grizzly Bear
Shields.jpg

評価の高かった前作 『Veckatimest』 は、フリート・フォクシーズ
二番煎じ的な音の印象を、個人的には拭えなかったグリズリー・ベア
でしたが、この 『Shields』 ではソング・ライティングが、飛躍的に向上
した事で大化け。ブルックリン派を代表するバンドに。堂々の16位。


Yet Again/Grizzly Bear

15位 Sunken Condos/Donald Fagen
Sunken Condos

練り込まれたメロディと高いクオリティ。巷に溢れるAORとは一線を画す
ドナルド・フェイゲン『The Nightfly』 以来30年ぶりの快作と言える
『Sunken Condos』 が15位に。

14位 The Bomb Shelter Sessions/Vintage Trouble
The Bomb Shelter Sessions

60年代風のR&Bやソウル・ナンバーに、エネルギーを爆発させた黒人
ヴォーカルとハード・エッジなギターによって、ロックとブルースが融合
したヴィンテージ・トラブル『The Bomb Shelter Sessions』
が14位。次作では「Blues Hand Me Down」路線の曲を更に期待。


Blues Hand Me Down/Vintage Trouble


13位 Former Lives/Benjamin Gibbard
Former Lives

ディス・キャブ・フォー・キューティーのフロント・マン、ベンジャミン・
ギバート
の初ソロ・アルバム、 『Former Lives』 が13位。日本人
好みのメロディと、ポップ感覚に溢れた作品。

12位 Charmer/Aimee Mann
Charmer.jpg

暗い題材を70年代のブロンディカーズのサウンドを意識して、明るい
ポップな曲調に仕上げた、エイミー・マン『Charmer』 が12位に。
とにかく透明感と、温かみのある声が素晴らしい。本当に声美人。

11位 El Camino/Black Keys
El Camino

そして11位は、ギターとドラムの2ピース・バンド、ザ・ブラック・キーズ
『El Camino』 がランクイン。爆音系骨太ロックン・ロールから迸る
爆裂グルーヴが圧巻。そして、このオッサンのダンスは、EXILE級(爆)。




次回はいよいよ、10位~1位の発表です。お楽しみに!


関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

明けましておめでとうございます。

去年も新録、かなり聞いたんですね!
ぼくが去年の新録で聞いたのは、14位に登場したヴィンテージ・トラブルの一枚だけでした。来日公演もしていたということで、渋いサウンドでしたね。

本年もよろしくお願いいたします!

いたち野郎さん、明けましておめでとうございます。

今のコンテンポラリーなロック(私が聴くのは、かなり偏りがあるかも
しれませんが(汗))といわれているものは、結構 自分としては面白いと
感じているんですよね。
もっとも今の時代「これが王道」といえるものも無く、若いバンドが
自由な発想で昔のロック・スタイルや、サウンド・デザインを取り入れ
ながら完成した作品は、自分の嗜好にあっているので聴く事が出来る
のだと思います。

ヴィンテージ・トラブルのアルバムは2011年の作品なので、メディアの
年間チャートには出てきていないのですが、日本では昨年 発表された
作品なのでランクインしました。
次の作品もほぼ完成しているようなので、楽しみです。

今年も、どうぞ宜しくお願いいたします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。