カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Albums Of The Year 1974

1974年(昭和49年)というと、皆さんは何をされていたでしょうか?

私はこの年、中学1年生。夏は野球部、冬はスキー部に所属し北海道の
大地で青春を謳歌しておりました。

そしてロックの方も、部活動の傍ら ラジオとロック雑誌から情報を得て
積極的に聴いておりました。中でも、このブログにも何回か登場している
中学の英語のミウラ先生との出会いは、とても大きなものでした。

ミウラ先生の家には膨大なレコードが有り、度々遊びに行っては高級な
音響設備でレコードを聴かせていただいたり、カセット・テープに録音を
してもらったり、逆にミウラ先生が所有していない、新しいアーティストの
レコードを持って行くなど、先生との交流を深める中で、ロックの知識を
蓄積して行く事が出来たのは、本当に幸運だったと思います。

ここで紹介させていただいた、ピンク・フロイド『おせっかい』 の中
「エコーズ」 を聴かせていただいた時の 「脱力感」「満足感」 は、
一生忘れる事は無いでしょう。

という事で、1974年のOASI-Zが選ぶ「アルバム・ベスト20」、先ずは
20位から11位までの発表です。

20位 ライヴ/ロッド・スチュワート&フェイセズ
(Coast to Coast: Live/Faces)
19位 イッツ・オンリー・ロックン・ロール/ザ・ローリングストーンズ
(It's Only Rock'n'Roll/The Rolling Stones)
18位 恋の自己顕示/スパークス
(Propaganda/Sparks)
17位 ハンバーガー・コンチェルト/フォーカス
(Hamburger Concerto/Focus)
16位 眩惑のブロードウェイ/ジェネシス
(The Lamb Lies Down on Broadway/Genesis)
15位 461オーシャン・ブールバード/エリック・クラプトン
(461 Ocean Boulevard/Eric Clapton)
14位 ロックンロール黄金時代/モット・ザ・フープル
(The Hoople/Mott The Hoople)
13位 未来から来たトッド/トッド・ラングレン
(Todd/Todd Rundgren)
12位 永遠の不安/ウィッシュボーン・アッシュ
(There's The Rub/Wishbone Ash)
11位 バッド・カンパニー/バッド・カンパニー
(Bad Company/Bad Company)

20位~11位の順位を見ると、ロックン・ロール・バンドが大挙ランク・イン。
20位は、フェイセズの魅力をたっぷり楽しめるライヴ。因みにこの時の
ベースは日本人の山内テツ19位ストーンズは、ミック・テイラー
在籍時最後の作品。14位は、マイ・フェイヴァリットの「土曜日の誘惑」
を収めたモット・ザ・フープルが。そしてポール・ロジャースが率いる
スーパー・バンド、バッド・カンパニーのデビュー・アルバムが11位に。

17位~16位は、プログレ勢がランク・イン。マイ・フェイヴァリット・ナンバー
「ハーレム・スカーレム」を収めた、フォーカス17位。カリスマ的な
ステージ・パフォーマンスで人気の、ピーター・ガブリエル在籍のラスト・
アルバムとなった2枚組のジェネシス16位

ボブ・マーリィのカバー曲、「アイ・ショット・ザ・シェリフ」が大ヒットの
エリック・クラプトン15位、メンバー・チェンジ後、アメリカ志向が強く
なったウィッシュボーン・アッシュ12位

そして、変態兄弟による屈折ポップのスパークス18位、屈折ポップ
の中に「Dream Goes on Forever」「The Last Ride」という2曲
の名曲を収録したトッド・ラングレン13位

それでは、14位モット・ザ・フープル「土曜日の誘惑」13位
トッド・ラングレン「ザ・ラスト・ライド」、2曲続けてどうぞ。


Roll Away The Stone/Mott The Hoople


The Last Ride/Todd Rundgren


10位以降のランキングは続きを読むへ・・・


10位 テイキング・タイガー・マウンテン/イーノ
(Taking Tiger Mountain By Strategy/Eno)
Taking Tiger Mountain

9位 セカンド・ヘルピング/レーナード・スキナード
(Second Helping/Lynyrd Skynyrd)
Second Helping

8位 シート・ミュージック/10CC(Sheet Music/10CC)
SHEET MUSIC

7位 心の壁、愛の橋/ジョン・レノン
(Walls And Bridges/John Lennon)
Walls Bridges

6位 さわやか革命(プリッツェル・ロジック)/スティーリー・ダン
(Pretzel Logic/Steely Dan)
Pretzel Logic


10位から6位を振り返ると、先ず10位ブライアン・イーノのソロ2作目。
イーノのヴォーカルが聴ける、実験的なポップ・ナンバーを集めた傑作。

9位は、前作に続きアル・クーパーがプロデュースをした、レーナード・
スキナード
の名曲、「スウィート・ホーム・アラバマ」 を収録した2nd。

8位は、ここに書いたように北海道ローカルのFMラジオのリクエスト番組
の抽選で当たった、思い出深い10CCの2ndアルバムがランク・イン。

7位は、大ヒットナンバー「真夜中を突っ走れ」「夢の夢(#9 Dream)
収録したジョン・レノンの全米1位に輝いた、ソロ5作目。

6位は、全米4位を記録しバンド最大のヒットとなったシングル、「リキの
電話番号」
を収録したスティーリー・ダンの3rdアルバムが。後に繋がる
ジャジーな面も垣間見えるものの、この時点では極上クロスオーヴァー・
サウンドで、一世を風靡するユニットになるとは思いもしませんでした(笑)。

という事で10位にランクインしたイーノ『Taking Tiger Mountain By
Strategy』
から、「バーニング・エアライン」を、お聴き下さい。




5位 ダイアモンドの犬/デヴィッド・ボウイ
(Diamond Dogs/David Bowie)
Dimond Dogs

5位はジョージ・オーウェルの近未来小説「1984年」に、インスパイアされて
作られたデヴィッド・ボウイ『ダイアモンドの犬』 がランクイン。
シングル・カットされた「1984」は、アルバムが作られた1974年の10年後、
1984年の社会に対し不安と希望が交錯している内容が、歌われています。


4位 カントリー・ライフ/ロキシー・ミュージック
(Country Life/Roxy Music)
Country Life

4位は、ロキシー・ミュージックの4thアルバム 『カントリー・ライフ』
アルバムの内容以前に ジャケットの女性が話題になり、結果的にそれが
セールスに結びつく事に(笑)。因みにアメリカでは左の女性、日本では右
の女性が問題になる。(右側の女性は、肩幅から男?ニューハーフ?)
内容の方は、欧州耽美派ロックにポップ度増量。特にA面の流れは圧巻!


3位 シアー・ハート・アタック/クイーン
(Sheer Heart Attack/Queen)
Sheer Heart Attack

3位クイーンが初めて全米での成功(12位)を収め、ゴールドディスクに
輝いた3rdアルバム 『シアー・ハート・アタック』
日本では世界に先駆けて人気に火がついたのですが、その大きな理由は
音楽性も然ることながら、ルックスの良さを当時の音楽雑誌(ミュージック
ライフ)が、ページを割いて毎月のように特集を組んだ事が、大きかったと
思います。クイーンの人気を決定付けた「キラー・クイーン」収録。


Killer Queen/Queen


2位 レッド/キング・クリムゾン
(Red/King Crimson)
RED.jpg

2位キング・クリムゾンのラスト・アルバム 『レッド』 が、ランクイン。
初めてメンバーの顔写真を、ジャケットに採用。そして裏ジャケの写真で
メーターがレッド・ゾーンを振り切っているところから、バンドの終焉を意味
していると話題になる。実際にこのアルバムを以って、ロック・ミュージック
における自分達の役割を終えたと判断し 「星ひとつなく 聖なる暗黒」
歌い、バンド活動に終止符を打ったのです。


1位 クイーンⅡ/クイーン(Queen Ⅱ/Queen)

Queen Ⅱ

そして1位は、プログレ・ハードな楽曲をつながぎ合わせたクイーン流の
ロック・オペラ・アルバム、 『QueenⅡ』 が堂々の1位に輝きました。
クライマックスを、ヴォーカルのシャウトで決める「ハード・ロック・タイプ」
では無く、コーラスでハモるスタイルは新時代の息吹を感じさせてくれた
ものです。特にアナログB面のスリリングな展開は圧巻。クイーンの最高
傑作にこのアルバムを挙げる人も多数。


という事で「1974年のアルバム・ベスト20」を振り返って見ると、73年
には大挙ランキングしていた「プログレッシヴ・ロック」のアルバムが、少な
い事が目に付きます。
その理由として、決してプログレに翳りが出始めたという訳ではなく、たま
たまプログレのビッグネームのリリースが73年に集中し過ぎて、この年は
少なかったという事だと思います。
それにしてもクイーンの強さは圧倒的。でも私の記憶では1年の間に2枚
のアルバムを発表した覚えは、無いんですけどね~。

次回は「1975年のアルバム・べスト20」を、お送りします。お楽しみに。

スポンサーサイト

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

いゃあ、催促してしまって申し訳ない!!それだけ首を長ぁ~くして楽しみにしていました!!
この年もばっちり、名盤ぞろいですね。
参考にさせてもらいます。
ちなみに74年、俺は高1でした。

シュガー・シェイカーさん、いつもコメントありがとうございます。

大変長らく、お待たせいたしました(笑)。ようやくアップ出来た
事に対する、喜びと達成感に浸っています(爆)。

まぁ、私が選ぶランキングですので趣味的な傾向が、徐々に強く
なって行くと思いますが、1975年以降も可能な限り続けていこうと
思っていますので、宜しくお願いしま~す。

ランキング20枚中6枚しか持ってない...。
いいですね。ミウラ先生と出会えて。
僕も、そういう音楽の師匠に出会いたかったです。そうしたら、いろんな音楽を教えてもらえたのになあ。
でも、今は、ネットの中で、みなさんにいろんなおススメの音楽を教えてもらってるわけだから、師匠がたくさんいると言えるのかもしれませんけどね。もちろん、OASI-Zさんもその一人です。

カフェブリュさん、いつもコメントありがとうございます。

ミウラ先生は英語の授業でも、洋楽の歌(例えばディランや
カーペンターズやCSN&Yなど)を題材に授業を進めてくれて、
個人的にはとても楽しく勉強が出来た事を感謝しています。
当時はロック雑誌のレビューを読んで、レコード店で数曲
試聴して購入するという、かなりギャンブル的な買い方が
殆どでしたので、過去のレコードをたくさん所有している
大人の方が近くに居た事が、とても有り難かったですね。

今の時代は、あの頃に比べると夢のような時代だと思います。
でも、あの頃の方が良かったのは当時はメンバー全員の名前と
アルバム全曲のタイトルを言えた事。
それだけ1枚のアルバムを毎日のように聴いたという事ですね。

師匠なんて恐縮です・・・。
全国に膨大な知識を持った素晴らしい師匠がたくさん居て、
本当に私も影響を受けています。
師匠のせいで、支障をきたして、失笑されないように頑張って
行こうと思いますのでこれからも、宜しくお願いします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。