カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Albums Of The Year 1976

1976年(昭和51年)というと、皆さんは何をされていたでしょうか?

この頃の洋楽シーンにおける一大事件と言えば、何と言ってもタータン・
チェックのアイドル、べイ・シティ・ローラーズでしょう。

当時中学生だった私のクラスの女子生徒も、普段は洋楽なんて興味ない
くせに、ベイ・シティ・ローラーズだけは別格で、休み時間に雑誌の切り
抜きとかを見せ合いながら「ワー!キャー!」盛り上がっておりましたね~。
今人気のジャスティン・ビーバーとか、ワン・ダイレクションよりも凄かったん
とちゃう?(←なぜか関西弁)

で、私はと言えば、それまで愛読していた音楽雑誌「ミュージック・ライフ」
のアイドル志向への方向転換に付いていけず、「音楽専科」に切り替えた
時でした。

「音楽専科」は比較的プログレ・バンドも取り上げ、私の嗜好にあっていた
事や、当時若手音楽評論家御三家?と言われていた渋谷陽一大貫
憲章
伊藤政則といった方達や、佐藤斗志夫たかみひろしといった
プログレ評論家が執筆している事が、購読の決め手になりました(笑)。

あの当時の、ロック雑誌に於けるアルバム・レビューのウェイトは、自由に
試聴が出来る現在とは比べ物にならない位、大きいものが有りましたから、
純粋に評価の内容を信じて購入。そして、後悔した事も数知れず・・・。

そんな甘酸っぱい、青春のほろ苦さを思い出しながら1976年のOASI-Z
が選ぶ「アルバム・ベスト20」、先ずは20位から11位までの発表です。

20位 ワイヤード/ジェフ・ベック(Wired/Jeff Beck)
19位 スピード・オブ・サウンド/ウイングス
(Wings at the Speed of Sound/Wings)
18位 ラン・ウィズ・ザ・パック/バッド・カンパニー
(Run with the Pack/Bad Company)
17位 トリック・オブ・ザ・テイル/ジェネシス
(A Trick Of The Tail/Genesis)
16位 フランプトン・カムズ・アライヴ!/ピーター・フランプトン
(Franpton Comes Alive!/Peter Franpton)
15位 ブラック・アンド・ブルー/ザ・ローリング・ストーンズ
(Black And Blue/The Rolling Stones)
14位 地獄の軍団/キッス(Destroyer/Kiss)
13位 虹を翔る覇者/レインボウ(Rising/Rainbow)
12位 華麗なるレース/クイーン
(A Day At The Races/Queen)
11位 ホテル・カリフォルニア/イーグルス
(Hotel California/Eagles)

20位は、ロック寄りになったクロスオーヴァー・サウンドで、ファンの間でも
「最高傑作」の呼び声高い、ジェフ・ベックのギター・インスト・アルバム。

19位は、「心のラヴ・ソング」「幸せのノック」を収録した、ウイングス
の大ヒット・アルバム。全米で7週間、第一位。年間チャート第三位。

17位ピーター・ガブリエルが脱退して、ドラマーのフィル・コリンズ
ヴォーカルをとったジェネシスの作品。声が似ていて違和感なし(笑)。

16位は、全米で1976年の年間第一位を記録したピーター・フランプトン
のライブ・アルバムがランク・イン。「Show Me The Way」収録。

15位ロン・ウッド加入後、最初のストーンズの作品。ファンク、レゲエ、
ジャズと コンテンポラリーなサウンドで全米1位に。「愚か者の涙」収録。

14位キッスの4作目。Roxy Music「Love is The Drug」を想起させ
るイントロの「Detroit Rock City」の疾走感と、「Beth」の対比が絶妙。

13位リッチー・ブラックモアロニー・ジェイムス・ディオコージー・
パウエル
という最強の三人による、レインボウのハード・ロック・アルバム。

12位は、アルバム・ジャケットが前作『オペラ座の夜』と対を成し、メンバー
全員がヴォーカルをとったクイーンの5作目。「Teo Torriatte」収録。

そして11位は、アメリカン・ロックの象徴とも言えるイーグルスの5作目。
タイトル・チューンの圧巻のギター・リフレインを聴く度に、夢のカリフォル
ニアの終焉
だけでなく、バンドも解散に追い込まれた凄まじさを感じます。


それでは13位レインボウで、「スター・ゲイザー」をお聴き下さい。


Stargazer/Rainbow


10位以降のランキングは続きを読むへ・・・


10位 ウインドチェイス/セバスチャン・ハーディー
(Windchase/Sebastian Hardie)
Windchase.jpg

10位は、1975年の第1位に輝いたセバスチャン・ハーディーの2nd
アルバムがランク・イン。前作の延長とも言える作品で、マリオ・ミーロ
の泣きのギターと、シンフォニック・ロックは健在。

9位 月夜の幻想曲(ファンタジア)/キャメル
(Moonmadness/Camel)
Moonmadness.jpg

9位は、前作 『Snow Goose』 の成功でブライテスト・ホープに選ばれた
キャメルが、勢いそのままに作られた4作目がランク・イン。ヴォーカリスト
が居ない弱点を、幻想的で叙情的なメロディを作り出すギターとキーボード
がカバーしています。

8位 ビバ!/ロキシー・ミュージック
(Viva!/Roxy music)
VIVA!.jpg

8位は、中期ロキシー・ミュージックのステージを、体感出来るライヴ盤。
スタジオで、あのジョン・ウェットンがベースをダビングした事で この作品
に躍動感を与えました。ロキシーは、この作品発表と同時に活動休止へ。

7位 パリス/パリス
(Paris/Paris)
Paris 1

7位は、元フリートウッド・マックのボブ・ウェルチの硬質でソリッドなギター
が魅力のパリスのデビュー・アルバム。当時は、「ハード・ロックの新星」
「ツェッペリンの後継者」と大きな期待を集めたものの、2nd発表後に解散。

6位 ステイション・トゥ・ステイション/デヴィッド・ボウイ
(Station to Station/David Bowie)
Station To Station

6位は、中期デヴィッド・ボウイ最高傑作と言われる作品がランク・イン。
前作でアメリカ黒人音楽へ接近し、今作ではファンク・ミュージックの導入に
成功。収録曲は僅かに6曲。中でも10分を超えるタイトル・チューンは圧巻。
それでは、そのファンキーな「ステイション・トゥ・ステイション」をどうぞ。


Station to Station/David Bowie


5位 ロックス/エアロスミス
(Rocks/Aerosmith)
Rocks.jpg

5位は4作目にして、なんとこのランキング初登場のアダムスミスです。
(↑「君、それはエアロスミスやないか!」) エアロスミスはそれまでも
数曲は知っていたのですが、アルバムを聴いたのは実は初めて(汗)で
アメリカン・ハード・ロックが苦手の私の心にも、ズシンと響いた作品です。


4位 逃避行/ジョニ・ミッチェル
(Hejira/Joni Mitchell)
Joni.jpg

4位は、高い音楽性と独特の歌唱法を有し、ピュアな女性の視点から描か
れた魅力的な作詞能力と、センス溢れるジャケットのアートワークを手掛け
る才能の素晴らしさを持ち合わせた、ジョニ・ミッチェルがランク・イン。
それでは、ギタリストとしての高い技量も窺える「アメリア」をお聴き下さい。


Amelia/Joni Mitchell


3位 幻想の摩天楼/スティーリー・ダン
(The Royal Scam/Steely Dan)
The Royal Scam

3位は、メンバーがいよいよ「フェイゲン&ベッカー」の二人体制になった
スティーリー・ダンの5作目。プロデューサーのゲイリー・カッツを含めて
黄金のコンセプトと言われ始めた時でした。しかし当時中学生のOASI-Zは、
ロックから遠く離れ出した「完全無欠のスタジオ・グループ」というスタイルが
馴染めずにいたのですが、加齢と共にこの緻密な音の空間が快感に変わる
から不思議(笑)。7曲でギター・ソロをとった、ラリー・カールトンが大活躍。


2位 プレゼンス/レッド・ツェッペリン
(Presence/Led Zeppelin)
Presence.jpg

2位は、実質3週間というタイトなスケジュールの中で、メンバーの集中力と
ハード・ワークの結集によって録音された、レッド・ツェッペリンの7作目が
ランク・イン。楽器もギター、ベース、ドラムのみで余分なものを一切排除。
その結果、全曲のヴォルテージが非常に高く音の核を叩き付けた、過去の
作品に類を見ない音の緊張感と、硬質感と、存在感に圧倒されます。
「ロック」の本質そのものを作品化したと言える、彼らのある意味最高傑作
と呼べるアルバムです。


1位 びっくり電話 ハウ・デア・ユー!/10CC
(How Dare You!/10CC)
10cc

そして1位は、10ccの4人体制によるラスト・アルバム。グールドマン&
スチュアート
の王道ポップと、ゴドレー&クレームのアヴァンギャルド・
ポップがぶつかり合う事で、奇跡のケミストリーを生んだ集大成の作品。
このアルバムのハイライトは、ここでも書きましたが「アイム・マンディ」
の素晴らしさ。特に、2本のギターが曲の高揚感を極限まで高めた後に
コーラスで全ての緊張感を開放する瞬間は、今聴いても感動的。この曲
の為に、アルバムを購入しても決して損はないと言える、10ccの大傑作。
見開きの内ジャケットまで楽しめるヒプノシスのアート・ワークも秀逸。


I'm Mandy Fly Me/10cc


以前、この「アイム・マンディ」を、畏れ多くも「10ccによる、5分24秒の
“エコーズ”」
と書かせていただいたのですが、あの真意はピンク・フロイド
(プログレ)が、自分達の伝えたい事に要する時間が「20分」必要だった
のに対し、10cc「5分余り」の時間で出来るようになったという事です。
この辺りにも、プログレ衰退の要因が有るように思えます。

そして次の1977年には、いよいよパンク・ロックが登場「2分」も有れば
自分達の伝えたい事を言える、時代がやって来るのです。
この1976年という年は、正に「パンク前夜」と言えるべき、ヴァラエティに
富んだ「百花繚乱」の年で、逆に言うと中心になるムーヴメントが無かった
「戦国時代」とも、言えるのだと思います。
ランキングにもハード・ロック、プログレ、アメリカン・ロック、クロスオーバー
ロックン・ロール、グラム、アヴァンギャルド・ポップ・・・と、取り止めの無い
様々なジャンルのロックが選ばれている事に、如実に現れています(笑)。

次回はその「1977年のアルバム・べスト20」です。お楽しみに。


スポンサーサイト

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

今晩は!! この年もなんかついこの前のように記憶が鮮明にあるラインナップです。(あくまで音楽に関してだけですが・・・)
OASI-Zさんのおっしゃるとおり百花繚乱の素晴らしさ!!俺はパンクにもシンパシーを今でもかんじていますが、76年は「パンク前夜」ならではのバラエティにとんだ正に黄金期といえる時期でしたね。

シュガー・シェイカーさん、いつもコメントありがとうございます。

この頃、アメリカでは既にラモーンズがデビューしていて、パンクの
足音が聞こえて来ていた時期でしたが、私はパンクよりもプログレの
方に傾倒していましたので、パンクを聴くようになったのは、ニュー・
ウェーヴのフィルターを通してからという、かなり遅れてからでした(汗)。

ホントにバラエティに富んだ年でしたね~。

お邪魔します。
ベイ・シティ・ローラーズ懐かしいですね。
我がクラス3Aでも4割の女子がアイドル
として崇めていました。
その頃、付き合っていた彼女も彼らのファンで
多少なりとも嫉妬した事も(笑)

76年の僕にとってのNo1のアルバムは
ジェファースン・エアプレインの
「スピットファイヤー」でした。
一曲目の「クルージン」で早々に一撃を
喰らいました。

tone toneさん、いつもコメントありがとうございます。

ベイ・シティ・ローラーズは私から見ると、どこが良いのか
全く理解不能でした(笑)。
少なくても、ルックスはクイーンのロジャー・テイラーの方が
上ですし、楽器だって弾けるんだか、どうだか・・・。
(ライヴでファンに手を振っていても、ギターは鳴り続けていた
という有名な話が有りますしね)

ジェファースン・エアプレイン?スターシップ?・・・。
あのジャケットに「黒船」って書いてあるアルバムですね。
残念ながら未聴です。今度、機会が有ったら聴いてみたいと思います。

度々すいません。

恥ずかしながら間違ってました。
ジェファースン・スターシップでした。

今回は見なかった事に(遅いけど)

コメントする時も、ちゃんと読み直して
送信するべきですね…
今回の事を教訓とします(冷汗)

tone toneさん、またまたコメントありがとうございます。

いえいえ、私は『スピットファイヤー』というアルバムが
どんなアルバムか調べた時に気付いただけで、エアプレインと
スターシップの音楽性の違いも分からないですし、バンド名を
変えた理由も知らないくらいですから・・・。

私も自分のブログをUPした後に、間違いに気付いて
こっそり直した事は数知れず・・・(苦笑)。
そして、人のブログのコメントの入力間違いに気づいた時は
見なかった事にしています(爆)。

10ccが1位とは、素敵♪
僕も「オリジナル・サウンド・トラック」と「びっくり電話」は、ポップな音が聴きたくなった時に、よく引っ張り出しますよ!

ryoさん、いつもコメントありがとうございます。

ホントに私的なランキングですいません(汗)。
ハード系が苦手な私は、この頃プログレ以外では
「屈折ポップ」を中心に聴いていました。
その為に10ccを始め、ロキシー・ミュージック、
スパークス、スティーリー・ダン等が必ず上位に
入ってきます(苦笑)。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。