カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Albums Of The Year 1978

1978年(昭和53年)というと、皆さんは何をされていたでしょうか?

私はこの年、高校2年生。実は前回(1977年)の時にも書きましたが野球部
の部活で毎日、夜遅くまで練習したり、休日も練習試合があったりして、音楽
を聴く時間が激減した一年でした。

尤も、当時もなおしつこくプログレを信奉していたので、プログレとは真逆の
単純明快、短い事は良い事だ!のパンク・ロックに付いていけずに、ロック
への興味が少しずつ薄れて行った事も、大きな理由の一つです。

そんな中、世間的には映画「サタデー・ナイト・フィーバー」
の大ヒットで、デスコ・ブームが吹き荒れた年でした。
(OASI-Zは高校生なので、もちろんデスコとは無縁)

そして、あの「メロディ・フェア」「マサチューセッツ」ビージーズが、これ
により180度方向転換して、大復活を遂げた事も涙を誘いましたね・・・。

という事で、パンク嫌いでロック離れをしていた1978年、その後に この年の
作品を改めて聴いてパンク、ニューウェーヴに「どっぷり」のめり込んだ(苦笑)
OASI-Zが選ぶ「アルバム・ベスト20」は一体、どんな順位になったのか?
先ずは、20位から11位までの発表です。

20位 憂国の四士/U.K.(U.K./U.K.)
19位 苦悩の旋律/ジャパン
(Obscure Alternatives/Japan)
18位 アウトランドス・ダムール/ザ・ポリス
(Outlandos d'Amour/The Police)
17位 ベールをぬいだ花嫁/ブライアン・フェリー
(The Bride Stripped Bare/Bryan Ferry)
16位 イースター/パティ・スミス・グループ
(Easter/Patti Smith Group)
15位 Go 2/XTC(Go 2/XTC)
14位 オール・モッズ・コンズ/ザ・ジャム
(All Mod Cons/The Jam)
13位 モア・ソングス/トーキング・ヘッズ
(More Songs About Buildings and Food/Talking Heads)
12位 アドヴェンチャー/テレヴィジョン
(Adventure/Television)
11位 チープ・トリックat武道館/チープ・トリック
(Cheap Trick at Budokan/Cheap Trick)

20位は、元キング・クリムゾンのジョン・ウェットンビル・ブラッフォード
元ロキシー・ミュージックのエディ・ジョブソンという、錚々たるメンツに当時
のプログレ・ファンは誰しもが涙。「プログレ最後の砦」と期待されたU.K.

18位は、幾分パンクっぽい部分も見受けられるポリスの1st。数々のバンド
を経験し、他のメンバーより10歳近く年上のベテラン、アンディ・サマーズ
の加入で他のパンク・バンドとは違う完成度を誇る。

17位は、ロキシー・ミュージック活動中止中に発表のブライアン・フェリー
のソロ・アルバム。翌年再開される新生ロキシーの、香りを少し漂わす作品。

16位はニューヨーク・パンクの女王、パティ・スミスの4作目がランク・イン。
ブルース・スリングスティーンとの共作、「Because The Night」が大ヒット。
腋毛のアルバム・ジャケットが、高校生のOASI-Zには超刺激的(笑)。

15位XTCの2作目がランク・イン。このアルバムを最後に脱退するバリー・
アンドリュース
の浮遊感溢れるキーボード・プレイが炸裂。

14位は、UKパンクを代表するザ・ジャムの3作目が。日本ではピストルズ
クラッシュより地味な印象でも、イギリスでは圧倒的なダントツ人気。初期
ジャムのスタイルが、頂点に達した作品。

12位は、前作よりもポップ度を増したテレヴィジョンの2ndアルバム。中でも
「Careful」は、マイ・フェイヴァリット・ソング。

そして11位は、「ブドーカン」の名を世界に知らしめた、チープ・トリック
武道館ライヴがランク・イン。熱狂的な日本女性の黄色い歓声が、アルバム
を全米1位に押し上げたと言っても過言ではない、このバンドの大出世作。

ではこの中から、17位ブライアン・フェリー「キャント・レット・ゴー」
11位チープ・トリック「サレンダー」、2曲続けてどうぞ!


Can't Let Go/Bryan Ferry


Surrender/Cheap Trick


10位以降のランキングは続きを読むへ・・・


10位 気楽に行こうぜ/XTC
(White Music/XTC)
White Music

10位は、パンキッシュなスピード感に溢れるXTCのデビュー・アルバム。でも
この屈折感とアイデアに満ちたアレンジは、パンクというよりニュー・ウェーヴ。
そして何よりも「This Is Pop!」と言い放つ、「ポップ宣言!」が素晴らしい。

9位 人間解体/クラフトワーク
(The Man-Machine/Kraftwerk)
Man Machine

9位は、この時代を象徴するデジタル・サウンド、テクノ・ポップの第一人者
クラフトワークの7作目がランク・イン。ジャケット写真のメンバーも無機質
なロボット風。勿論、当時のOASI-Zの揉み上げもメンバー同様、短くカット(笑)。

8位 ジーザス・オブ・クール/ニック・ロウ
(Jesus of Cool/Nick Lowe)
Jesus of Cool

8位は、ニック・ロウの1stソロ・アルバムが。「パブ・ロック」と言えば、この人
を真っ先に思い浮かべてしまいますが、このアルバムのヴァラエティに富んだ
ポップ感覚には、とにかく脱帽。コステロの1stのプロデューサーとしても有名。

7位 ブラック・アンド・ホワイト/ザ・ストラングラーズ
(Black And White/The Stranglers)
brackwhite.jpg

7位「ハード・ロック・パンク」とも言える、狂暴性を持ったストラングラーズ
の3作目。うねりまくるJJバーネルのベース、狂気性を孕んだデイヴのシンセ
が炸裂する この「ナイスン・スリージー」は、暴力的な気分にさせられます。


Nice 'N' Sleazy/The Stranglers


6位 女たち/ザ・ローリング・ストーンズ
(Some Girls/The Rolling Stones)
Some Girls

6位は、ローリング・ストーンズの「パンク」と「ディスコ・ブーム」に対する回答
とも言える意欲作がランク・イン。時代の音を敏感に察知し、作品化する能力に
優れたバンドだからこそ、50年も第一線を走り続けて来れたのでしょう。


Beast of Burden/The Rolling Stones


5位 動乱(獣を野に放て)/ザ・クラッシュ
(Give 'Em Enough Rope/The Clash)
Give em Enough Rope

5位は、ザ・クラッシュの2ndがランク・イン。ジョー・ストラマーの怒りに満ち
たヴォーカルは相変わらずも、1stに比べるとロックン・ロール・テイストな曲が
目立ちます。このアルバムから、トッパー・ヒードン(ドラムス)が正式に加入。


4位 ディス・イヤーズ・モデル/エルヴィス・コステロ
(This Year's Model/Elvis Costello)
This Years Model

4位は前作に引き続き、ニック・ロウがプロデュースを担当したエルヴィス・
コステロ
の2ndアルバムが。この作品から、ジ・アトラクションズがバックを
務めました。スティーヴ・ナイーヴのチープなオルガンが、コステロの声を
より一層引き立てます。


3位 天使と小悪魔/ケイト・ブッシュ
(The Kick Inside/Kate Bush)
The Kick InsideThe Kick Inside2

3位は、あのピンク・フロイドデイヴ・ギルモアが、プロデュースを務めた
ケイト・ブッシュのデビュー・アルバム。不思議な透明感を持ったヴォーカル
に、少女マンガに出て来そうなルックスが衝撃を与えました。何かに取り憑か
れたような目をしながら、ひらひら踊るビデオ・クリップも大きな話題に。


Wuthering Heights/Kate Bush


2位 頽廃的美学論/ディーヴォ
(Q: Are We Not Men? A: We Are Devo!/Devo)
Q:Are We Not Men?

2位ブライアン・イーノがプロデュースを務めた、この年を象徴するDEVO
の1st。揃いのコスチュームに身を纏った斬新なテクノ・ポップは、個人的には
パンク以上に衝撃を受けたものです。「あい けんけんのぉ さてすふぁくしょん」
と原曲をズタズタに解体した、この「サティスファクション」は実に痛快!


[I Can't Get No] Satisfaction/Devo


1位 闇に吠える街/ブルース・スプリングスティーン
(Darkness on the Edge of Town/Bruce Springsteen)
Darkness On The Edge of Town

そして1位は前作から3年ぶりの、ブルース・スプリングスティーンの4作目。
『Born To Run』『The River』 というセールス的に成功を収めた超名盤
の間に挟まれたこの作品は幾分地味な印象を与えるものの、個人的にはボス
最高傑作だと思います。
収録曲はミディアム・テンポの、ライヴでも人気の高い曲が多く含まれており
E・ストリート・バンドの熱狂的な演奏が、ステージで再現される事が容易に
想像できる、圧倒的なグルーヴと切ないバラードが、聴き手のエモーショナル
に訴えます。


The Promised Land/Bruce Springsteen


余談ですが当時の人気漫画、江口寿史「すすめパイレーツ」ではYMO
クラフトワーク、そしてDEVO「テクノポップ御三家」に扮したキャラクター
が何度か登場しておりました。これは作者の江口先生が、相当テクノ・ポップ
に入れ込んでいた事が分かりますね~。漫画自体も「超ポップ」だったし。

Pirates.jpg


いやぁ、それにしても久々の更新ですね~(苦笑)。一応、生存確認の為
「oasiのつぶやき」は更新していたのですが、ブログの方は帰宅してから
睡魔との闘いにいつも敗れ、これだけ間隔が空いてしまいました。気が付け
ば3月ですよ(滝汗)。
リンク先のほぼ毎日更新している方を、ホント尊敬してしまいます・・・。

次回は70年代もいよいよ最後「1979年のアルバム・べスト20」です。
アップできるのは何時になるか分かりませんが、お楽しみに~。

スポンサーサイト

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

またまたお邪魔します!!こちらにお邪魔するのが楽しみで、楽しみで(えへへ)。
パンクが苦手だったといいつつ、パティ・スミス、テレヴィジョン、ジャム、XTC、ポリス、ストラングラーズ、クラッシュ、コステロ・・・と見事にはまっているじゃないですか!!まあ、これらをニューウェイヴというとらえ方をされていたのかな? 素晴らしいラインナップだと思います!!俺なんか20枚には絞れないなぁ。さすがです!!

シュガー・シェイカーさん、いつもコメントありがとうございます。

この1978年は、上の文章にも書きましたが部活が忙しかった事もあって
ロック離れを起していた為、リアルタイムで聴いていたのはUK、チープ・
トリック、ストーンズくらい(汗)。
パンク系のアルバムはニューウェーヴの洗礼を個人的に受けた、79年
以降に改めて聴きたのです。
その時に「いやぁ、パンクって意外と良かったんだなぁ~」と非常に後悔
したのですが、それ以降パンク、ニューウェーヴにドップリ嵌る事になる
とは、パンク嫌いのこの時には思いもしませんでした・・・(苦笑)。

上の方同様、私も「パンクが苦手のわりには、パンク/ニューウェイヴ勢が多いな」と思いましたw
でもこの企画面白そうですね。私も選んでみたい。この企画パクらせていただくかも知れませんw
ちなみに「すすめパイレーツ」も好きでしたw

実験鼠さん、いつもコメントありがとうございます。

そうですね「パンク嫌いな割には、ランキングに入っている」と
いう違和感が有りますね(汗)。
私の文章構成が悪くて、読んでいただける方への配慮が足らな
かった事を反省しまして、上の文章を少し加筆修正しました(脂汗)。

それと、是非この企画のようなものを作ってみて下さい。
私も他の方が、どのような順位になるのか興味がありますし、
その人のロックの変遷が分かって面白いと思います。
私もグラム・ロック~プログレ~ニューウェーヴと嗜好が変化して
きている事が、ランキングを作りながら、実感しております。
ただ、他の人より「ハードロック」が圧倒的に少ないと思いますが(笑)。

おぉ!実験鼠さんも「すすめパイレーツ」好きでいらっしゃいましたか!
私も数年前、子供の小学校のバザーで全巻の単行本を100円で購入し
懐かしく読んでおりました(爆)。

B&W

 りゅーとです。
 77-78年頃は私がロックを聴き始めた時期で、とても印象に残っていますね。

 私もパンク、ニューウェーヴ系はちょっと…という感じでしたが、ストラングラーズのブラック&ホワイトは本当に良く聴きましたね。(経歴的にニューウェーヴって感じではないとは思いますが…。)

 これ程、凶暴な気分にさせてくれるアルバムはないかと思います。収録曲で好きなのはトップのタンクとB面の夜を告げる鐘ですかね。

 これからもよろしくお願いします。

JJバーネルは極真空手の道場生

りゅーとさん、いつもコメントありがとうございます。

ストラングラーズは、クラッシュと乱闘騒ぎを起こしたとか、
ローリング・ストーンズの楽屋を襲撃したとか、彼らの凶暴性を
物語る数々の武勇伝が残されていますね。
それに何よりもドラムのジェット・ブラックの迫力ある見た目が、
怖いこと!(汗)。
でも凶暴性を孕んだサウンドなのに、デイヴのキーボードが入る事で
マイルドに聴き易くしてくれているのが、良いと思います(笑)。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。