カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロックン・ロールにゃ老だけど死ぬにはチョイト若すぎる

DMR.jpgHaircut 100XTC DrumIan DuryMonchrome Set

【今日の5曲】  ~テーマ『個性的な邦題の曲特集』~
1.青に変わる時(Tell Me When My Light Turns Green)
/デキシーズ・ミットナイト・ランナーズ

・・・若き魂の反逆児を求めて(Searching For The Young Soul Rebels)
2.好き好きシャーツ(Favourite Shirts ~Boy Meets Girl)/ヘアカット100
・・・Pelican West...Plus
3.がんばれナイジェル(Making Plans for Nigel)/XTC
・・・Drums and Wires
4.洗濯屋へ連れてって(Take Me To The Cleaners)
/イアン・デューリー&ザ・ミュージック・スチューデント

・・・4000週間のご無沙汰でした!!(4000 weeks' holiday)
5.夕陽のジェット・セット・ジュンタ(The Jet set Junta)/モノクローム・セット
・・・カラフル・モノトーン(Eligible Bachelors)

昔・むかし、中学の英語の時間に「too~to構文」なるものの勉強をしました。
ちょうど、ドンピシャのタイミングでプログレ・バンド(?)のジェスロ・タル
『ロックン・ロールにゃ老だけど死ぬにはチョイト若すぎる』というハイ・センス
な邦題タイトルのアルバムを発表したのです。

このアルバムの原題は『Too Old To Rock 'N' Roll: Too Young To Die!』
いうもので、「toの後は動詞が来るんじゃないのかよ!Rock 'N' Rollは動詞か?」
と思いつつも、その直訳的なタイトルのおかげで、英語のテストでは正解する事が
出来ました。東芝EMIのジェスロ・タル担当者には、拍手を送りたい気分です。
(イアン・アンダーソンって当時まだ20代だったのに、あの老け顔なもんだから、
ハマり過ぎるタイトルでした)

このように洋楽の「邦題」には、“味わい深い”ものが結構あるんですよね。
ということで「今日の5曲」は、“個性的な邦題の曲”を5曲集めてみました。


DMR.jpg

1曲目は、デキシーズ・ミットナイト・ランナーズのデビュー・アルバム
『若き魂の反逆児を求めて(Searching For The Young Soul Rebels)』
から、「青に変わる時(Tell Me When My Light Turns Green)」です。
因みに“エキサイト翻訳”によると 「私の光がいつグリーンを変えるか
私に言ってください」
 となりました(笑)。

実は、このアルバムを聴いたのは2年前のこと(汗)。80年代前半に全英のみ
ならず、全米でも1位を記録したケルティック風ポップの名曲「カモン・アイリーン」
が収録された、彼らの2ndアルバム『Too-Rye-Ay(邦題:女の泪はワザモンだ)』
(このタイトルもスゴイ!)が、当時かなり話題になったにもかかわらず、
この1stは日本では何故か発売されなかったんですよね~。
そもそも、全米で新鋭のUKバンドの曲がヒットするということ自体、画期的な事で
それだけMTVの登場は、ロック史における大事件だったんですね。
ホーン・セクションを全面的に押し出した、ポップでソウルフルなビートに、
ケヴィン・ローランドの泣き叫ぶようなヴォーカルがクセになる、名曲揃いの傑作。
モッズ風でグリーン・ベースのジャケット・アート・ワークも秀逸。


Haircut 100

2曲目はヘアカット100のデビュー・アルバム『ペリカン・ウエスト』から
「好き好きシャーツ(Favourite Shirts ~Boy Meets Girl)」です。
なぜ「シャツ」ではなく「シャーツ」なのか?英語的な発音は「シャーツ」なのか?
「シャーツ」でググッたら「もしかして、シャツ?」と言われる始末(笑)。
「シャーツ」だけならまだしも、その前に「好き好き」が付くんだからね。
俺は「好き好き」より「すき焼き」が「好き好き」と、話を摩り替えてはいけない・・・。
音の方は「ファンカラティーナ」と呼ばれた、ポップなラテン・ミュージック。
同時代にモダン・ロマンスなんかと一緒に、アイドル的な人気を博しておりました。
夏のビーチがよく似合う、爽やかでキャッチーなメロディが、「ジメッ」とした
日本の夏、エアコンの無かった私のアパートに、涼風を運んでくれたものです。

このアルバムの想い出は大学時代、「貸しレコード屋」からこのLPを借りた
友人が、レコードに傷をつけてしまって正直に申告したら「定価相当額」で
買い取りを命じられたこと。
私はちゃっかり、その友人からタダでこのLPを借りて、カセット・デッキに
録音させていただきました


XTC Drum

3曲目は、XTCの3rdアルバム『ドラムス&ワイアーズ』から、英国では
初のヒットとなった「がんばれナイジェル(Making Plans for Nigel)」です。
前作『GO2』まで在籍していたキーボードのバリー・アンドリュースが抜け、
アヴァンギャルドな部分が薄れた反面、ギターとドラムを中心としたタイト
でポップなサウンドが構築されました。その大きな要因は、プロデューサー
スティーヴ・リリィホワイトを迎えた事。複雑なドラム・パターンに独特な
ドラム音がXTCの「屈折ポップ」と見事に調和し、アルバム・ジャケットの
ようにカラフルで、素晴らしい作品を生みました。
よくレノン=マッカートニーと比較される事が多い、アンディ・パートリッジ
コリン・ムールディングのソング・ライティングも、このアルバムあたり
から、磨きがかかってきた感があります。
もしスティーヴ・リリィホワイトが、ビートルズのアルバムをプロデュースしたら
こんなアルバムになったのかなぁ?

この曲は大学時代「夜のバイト(笑)」から帰ってきた時に、よく聴きました。
がんばれナイジェル」という邦題と、高揚感の中に「切なさ」を感じさせる
メロディが、バイトで疲れた身体を癒してくれると同時に元気を与えてくれました。


Ian Dury

4曲目は、イアン・デューリーの1984年に発表されたアルバム
『4000週間のご無沙汰でした!!(4000 weeks holiday)』から、
「洗濯屋へ連れてって(Take Me To The Cleaners)」です。

イアン・デューリーは、「小児麻痺派生障害」というハンデを感じさせない
ダイナミックなヴォーカルとステージ・パフォーマンスで、小柄な身体で
ありながら、物凄い存在感を発揮したアーティストです。
風貌は「場末の酒場」の臭いがプンプンする不良のイメージ。それでいて
少し悲哀を感じさせてくれるメロディと、ロックン・ロールが魅力で
「パブ・ロック」の重鎮と言える存在でした。
なにせ、デビュー曲が「Sex,Drags&Rock'n Roll」ときているんだからね。
カッコイイったらありゃしない。
このアルバムは、ホーン・セクションやスラップ・ベースを取り入れた
ジャジーなサウンドに、女性コーラスをフィーチュアしたファンキーな
曲が多く、この「洗濯屋へ連れてって」もポップでキャッチーなメロディと
デューリーのダミ声をやや控えめにした、どこか楽しげなヴォーカル、
そして弾むスラップ・ベースが、ご機嫌なナンバーです。
因みにこの曲の想い出は、大学時代にコイン・ランドリーで洗濯をしながら
カセット・ウォークマン(もどき)で聴いていたことです。


Monchrome SetP1010091_convert_20100316232709.jpg
右がアナログ日本盤のジャケット

そして最後の曲は、1982年に発表されたモノクローム・セットの3枚目の
アルバム『Eligible Bachelors(邦題:カラフル・モノトーン)』から
「夕陽のジェット・セット・ジュンタ(The Jet set Junta)」です。

ノスタルジックでオールディーズ風の「ひねくれポップ」なメロディに、
ヴォリュームを一杯にあげた、レスター・スクェアの荒削りなギターと、
声域の狭そうな(笑)ビドのヴォーカルが実に「ポスト・パンク」的な作り
だった前2作に代わって、「ネオアコ」の香りが注入された印象を受ける、
アルバムです。
この「夕陽のジェット・セット・ジュンタ」は、マカロニ・ウエスタン風の口笛
がイントロに使われており、「夕陽のガンマン」を想起させる所から「夕陽の」と
連体修飾語が付けられたのだと思われます。
実はこの曲『Volume,Contrast,Brilliance』という、レア・トラック・アルバム
にも収録されているのですが、残念ながらイントロの口笛がカットされた違う
ヴァージョンになっております。是非、オリジナルで聴く事をおススメします。
因みに、アルバムジャケットですが、私が所有しているアナログ日本盤と
UKオリジナル盤は全く違うものが、採用されているんですね。
断然、UK盤の方がカッコいいですね・・・。

---------------------------------------------------------------

こうしてみると、日本語のタイトルって「直訳そのまんま」のものから「ひねり」
が加えられたものなど、結構楽しめますね~。
私が一番ぶっ飛んだ邦題は、デヴィッド・ボウイ『ジギー・スターダスト』
原題は『The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars』
邦題は『屈折する星屑の上昇と下降、そして火星から来た蜘蛛の群』・・・。
小学生の時、音楽雑誌「ミュージック・ライフ」のアルバム・チャートで、この
タイトルを見る度に「難解そうなアルバムだなぁ」と思ったものです。

皆さんの「お気に入り」や「面白い」邦題があったら、是非教えてください。
お待ちしております

関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

こんばんは!
いただいたコメントに導かれ、ふらふらやってまいりました(笑)
今夜もお邪魔いたします~。

変な邦題と言えば、やっぱりハンソンのキラメキ☆なんちゃら(←おい)ですかね。
あれが私の「変な邦題」初体験でした(笑)

煌砂さん、いつもコメントありがとうございます。

変な邦題の洋楽というのは結構有りまして、これがどれも味わい深く、
侘び寂びを感じてしまいます(笑)。

なかでも煌砂さんイチオシのキラメキ☆なんちゃら(←おい×2)の
ように、キラメキだけでも十分なのに「☆」が入るのがたまりませんね。

同じキラメキ系でオレンジジュースというバンドに
「キ・ラ・メ・キトゥモロウ」という曲がありました。
またWHAMの「ウキ・ウキ・ウェイク・ミー・アップ」も
なかなか秀逸なタイトルです。

だいたいイケメン・アイドル系のバンドに多くみられる、
恥ずかしい系タイトルの典型ですね。
このタイトルが売上にどう貢献するのか、実に興味深い
ところですが、ワタシはタイトルだけで敬遠してしまいます(爆)。

ワタシもトラバさせていただきま~す☆(←恥っ)。

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マイナーチェンジ~Haircut100/Perican West Plus~

先週、前髪を切りました。 髪切り鋏がなかったので、キッチンばさみで(笑) 以前は前髪も他の部分と同じ長さだったので、ばっさり、10センチぐらいは切ったと思います。 もしかしたら15センチぐらい切ったかも…。
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。