カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Albums Of The Year 1981 後編

大変長らくお待たせいたしまた(えっ!誰も待ってないって?)
「Albums Of The Year 1981」の後編です(汗)。

10位 弱い者いじめ/スパークス
(Whomp That Sucker/Sparks)
Whomp_That_Sucker_-_Sparks[1]

10位は、過去2作が日本では発売されずに虐げられていたスパークスの、3年半ぶり
に日本発売された待望のアルバム。ジョルジョ・モロダー直系のディスコ・ビートは
『No.1 In Heaven』 の頃に比べると幾分控えめで、その分ポップ度が増しました。
ジャケ写のロン(兄)がラッセル(弟)をKOして、両手を挙げているのが痛快(笑)。


Funny Face/Sparks


9位 ゴースト・イン・ザ・マシーン/ザ・ポリス
(Ghost in the Machine/The Police)
Ghost In The Machine

9位は、ザ・ポリスの4枚目の作品。ポリスが本格的に全米進出し、セールス的な
成功を収めた最初のアルバムで、次作 『Synchronicity』 への序章となった作品。
全英1位、全米3位に輝いた「Every Little Thing She Does Is Magic」収録。

8位 ビューティ&ザ・ビート/ゴーゴーズ
(Beauty & The Beat/Go-Go's)
Beauty The Beat

8位は、GO-GO'Sのデビュー・アルバムがランク・イン。全米で6週にわたり1位
を記録した大ヒット作品。因みに女性だけのロック・グループとしては、史上初の
全米1位を記録。私もこの健康的なアイドル・ポップが堪らなく好きでしたぁ
でも、ジャケットのバック・カラーがアナログ盤の時は「青」だったんですが・・・。

7位 ペンギン・カフェ・オーケストラ/ペンギン・カフェ・オーケストラ
(Penguin Cafe Orchestra/Penguin Cafe Orchestra)
21JPjXKmqtL._SL500_AA192_[1]

7位は、ペンギン・カフェ・オーケストラの心が洗われる2ndアルバムが。ポップで
爽やかなメロディと、ヴァイオリン、ビオラ、チェロなどのアコースティックな楽器、
そして効果音などを取り入れながら、民族音楽の要素も持った不思議でとても優しい
音楽を奏でてくれた作品。休日のモーニング・コーヒーが、似合うアルバム。


Air á Danser/Penguin Cafe Orchestra


6位 イースト・サイド・ストーリー/スクイーズ
(East Side Story/Squeeze)
Eastside Story

6位は、エルヴィス・コステロデイヴ・エドモンズが、プロデュースを手掛けた
スクイーズの4作目。良質な“ひねくれポップ&ロックンロール・アルバム”を世に
送り込んだ彼らの「最高傑作」との誉れ高いアルバム。名曲「Tempted」収録。


第5位からは続きを読むへ・・・



5位 マジック、マーダー・アンド・ザ・ウエザー/マガジン
(Magic Murder & The Weather/Magazine)
Magic Magazine

5位は、マガジンのラスト・アルバムとなった4作目。元バズコックスのフロント・
マン、ハワード・デヴォードが中心となって結成した、ファンキーで耽美で浮遊感に
溢れるキーボードが、魅力的なバンド。実はこの作品、私がマガジンで最初に聴いた
アルバムなのに、レコードの帯に「さらばマガジン!」の文字が。解散した事を思い
ながらラストの「The Garden」を聴くと感動が倍化します。

4位 ディシプリン/キング・クリムゾン
(Discipline/King Crimson)
Discipline.jpg

4位は、再結成キング・クリムゾンの1stアルバム。あのロバート・フリップ先生が
ビル・ブラッフォードと一緒に帰って来たとなれば、いやが上にも興奮を抑えきれず
大きな期待を持って迎え入れた作品でしたが、評価は賛否両論。(って言うか否の方
が圧倒的)80年代ニュー・ウェーヴ・テイストを取り入れた このアルバムは70年代
キング・クリムゾン
とは別バンドと思って聴くべし。ぱぉーん、ぱぉーん。


Frame by Frame/King Crimson


3位 刺青の男/ザ・ローリング・ストーンズ
(Tattoo You/The Rolling Stones)
Tattoo You

3位は、ザ・ローリング・ストーンズの80年代を代表するアルバム。実は、殆どの
楽曲が過去のアウト・テイクの寄せ集め。しかし、散漫になるどころか見事な統一感
に仕立てられたのは流石。この辺りは、ツェッペリン『Physical Graffiti』 同様、
アーティストと楽曲の質の高さ故か。「Start Me Up」「Waiting on a Friend」収録。

2位 トラスト/エルヴィス・コステロ
(Trust/Elvis Costello)
Elvis Costello

2位は、エルヴィス・コステロの5枚目の作品。ポップで辛口なロックン・ロールが
詰め込まれたコステロ節全開のこの作品は、私がリアルタイムでコステロに出会った
記念すべきアルバム。コステロの顔がアップで飾られたジャケ写のアルバムは、この
後にも幾つか発表されておりますが、アート・ワーク的にこれが文句なく最高傑作!
プロデュースは勿論、ニック・ロウ
コステロがプロデュースを務めた6位の、スクイーズグレン・ティルブルックとの
デュエット曲「From A Whisper To A Scream」や、代表曲「Clubland」収録。


New lace sleeves/Elvis Costello


1位 錻力の太鼓/ジャパン
(Tin Drum/Japan)
Japan

そして1位は、ジャパンのラストにして最高傑作のアルバム。ジャケットの毛沢東の
写真が飾られた、部屋のイメージ通りの似非中国的なトーンでまとめられた作品で、
それまでのヨーロッパ耽美派志向から、東洋的なエイジアン・メロディを大胆に採用
した事で、ジャパンという名前のバンドが最後の最後で、外国人がイメージする所の
「ジャパン(日本)」に帰結したという事になるのでしょう。
デヴィッド・シルヴィアンの内省的な世界と、オリエンタルなポップ・ミュージックが
ギリギリのところで、奇跡的なケミストリーを生んだ作品。


Visions of China/Japan


という事で、「Albums Of The Year 1981」 如何でしたでしょうか?
正直言って、前年の1980年が「BEST20」で収まり切らないほどの「大豊作」の年
(結局30枚選んだ)でしたので、この1981年はその反動からか、小粒な印象は否め
ません。

それでも、ニュー・ウェーヴの裾野は着実に広がりつつあり、7位に入ったペンギン・
カフェ・オーケストラ
なんていう、あの時代ならではのアルバムが登場するなど、
大変興味深い作品が、ランキングされた年だったと思います。

そして、次の1982年がまた凄いアルバム目白押しの年なんですよね~。
次回、何時になるか分かりませんが(汗)お楽しみに・・・。

関連記事
スポンサーサイト

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

No title

『Tatoo You』は、よく聴いたなぁ...
1位のJAPANも、ミック・カーンのベース聴きたいがために、よくプレイヤーに乗せます。
コステロのも良く聴くし、個人的に大当たり年だな(笑)。

No title

81年ベストテン、俺は待ってましたよ。ちなみに俺のとダブりは1、2、3、4、6、8、9です!!結構この辺はかさなりましたね。ちなみに4/15~26で一応81年編は終了。82年編は連休あけあたりから始めようと思います。

No title

ryoさん、いつもコメントありがとうございます。

この1981年の「ベスト3」は、なかなか強力なアルバムなんですが、
4位以下が例年のアルバムと比較すると、少し弱いかなぁ~と感じて
います。

今の時代から見ればどれも「昔のアルバム」で一括り出来るのですが、
こうして年度毎に振り返っていく事で、そのアルバムが発表された
必然性や、シーンに与えた影響が分かり、とても興味深く感じます。

No title

シュガー・シェイカーさん、いつもコメントありがとうございます。

そうですか?待っていて下さいましたか?
なかなかシュガーさんのように更新のペースが上がらず、 更に20枚
選んだアルバムをもう一度聴き直して、最終順位を調整しているので、
このペースがやっとです(苦笑)。

シュガーさんの82年のアルバム、楽しみにしています。

クリムゾン

 クリムゾンは新潟にも来たんですよね~。私はあまりのサウンドの変化にショックを受けて、結局行かなかったのですが、思えばビル・ブラッフォードを生で聴けるチャンスだったんですよね。

 いつでも聴けると思っているうちにブラッフォードは引退…、ついに生ブラッフォードは聴けませんでした。惜しいことをしました。まぁ、当時はシモンズばっかり使っていたので、行けば失望したかもしれませんけど…。

No title

りゅーとさん、いつもコメントありがとうございます。

調べてみたら確かにりゅーとさんが仰る通り、1981年にクリムゾンは新潟に
来てるんですね~。
しかも公演場所が「東京」「大阪」「名古屋」「新潟」ですから、オドロキ!!。
私は当時、学生で仙台に居たのですが、もし新潟に居たら県民会館行ったで
しょうかね~?。
新生クリムゾンも、このアルバムに関しては まぁまぁ良かったと思うのですが、
これ以降が・・・。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。