カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンダーな気分で

昨日は長嶋茂雄読売ジャイアンツ終身名誉監督と、松井秀喜さんの「国民栄誉賞」
授賞式で盛り上がった1日でしたが、長嶋さんは始球式で松井の投げる球を、本気で
打ちにいってましたね(汗)。

ところでその野球の話ですが、「アンダースローのピッチャー」というと、貴方は誰を
思い浮かべますか?(←あまりにも唐突過ぎないか?)

私が子供の頃、最初に出会ったアンダースローの投手と言えば、元巨人の渡辺秀武
「メリーちゃん」の愛称で親しまれた投手で、ノーヒット・ノーランを記録した
1970年に20勝するなど、堀内、高橋一三と並んで巨人のV9に大きく貢献しました。

しかし、私の世代で最も活躍した下手投げの投手と言えば、阪急ブレーブスの黄金期
を支えた山田久志に尽きると思います。
通算284勝は、アンダースローの投手の中では最高の成績。プロ野球記録の12年連続
開幕投手を務めるなど、記録にも記憶にも残る昭和の大投手と言えるでしょう。

ただ、普通に野球をやっていて最初からアンダースローの投手を目指す事は有り得ない
わけで、アンダースローに辿り着くまでには色々な葛藤や苦悩があったと思われます。

先に書いた渡辺秀武は、プロに入ってから南海ホークスの杉浦忠を真似て下手投げに
転向したという事ですし、山田久志は社会人野球の時にサイドスローから下手投げに
転向したとの事。

少年野球や高校野球の指導者が、オーバースローで芽が出ない投手にアンダースロー
を勧めるという事は、先ず考えられませんし、特に今の時代はアンダースローのプロ
野球投手が少なくなったので、今後は名球界に入るような投手は現れないのでは?と
思います。

という事で 何の脈絡も有りませんが、野球からロックへ「強引・マイ・ウェイ」に曲の
タイトルに「アンダー」がつく5曲を選んでみました。


【1曲目】
アンダー・マイ・ホイール/アリスクーパー・・・Killer

Killer.jpg


Under My Wheels/Alice Cooper

アメリカのグラム・ロックと言えば、このアリス・クーパー
最後の「ガチャガチャガチャガチャ」が堪りませんね~(笑)。



【2曲目】
アンダー・マイ・サム/ザ・ローリング・ストーンズ・・・Aftermath

Aftermath.jpg


under my thumb/rolling stones

2曲目は、ブライアン・ジョーンズの奏でるマリンバのリフが印象的な
ザ・ローリング・ストーンズのこの曲。


【3曲目】
ダウン・アンダー/メン・アット・ワーク・・・Business As Usual

Busness As Usual


Down Under/Men At Work

3曲目は「Albums Of The Year 1981」で18位に輝いた、メン・アット・ワーク
全米No.1に輝いたこの曲。「Down Under」とは勿論、オーストラリアの事。


【4曲目】
アンダー・ザ・ブリッジ/レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
・・・Blood Sugar Sex Magik

Blood Suger Sex Magik


Under The Bridge/Red Hot Chili Peppers

4曲目はレッチリにとって、初の全米No.1シングルに輝いたギターのアルペジオが
美しい曲。ヴォーカルのアンソニーが、どん底から立ち直るキッカケになった曲。


【5曲目】
アンダー・プレッシャー/クイーン・・・Hot Space

Hot Space


Under Pressure/Queen&David Bowie

そしてラストの5曲目は、クイーンデヴィッド・ボウイの共作になるこの曲。
高音はフレディ、低音はボウイが歌ったこの曲は 「Bohemian Rhapsody」 以来と
なる全英1位を獲得。

-----------------------------------------------------------------------------------------

「アンダー」がタイトルにつく曲を取り上げる為に、全く関係ない「アンダー・スロー」
の話を持ち出す、強引な展開だったことを反省しながら、特にこれといったオチもなく
今日は終わろうと思います・・・(滝汗)。

関連記事
スポンサーサイト

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。