カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空白の90年代(前編)

NIRVANA.jpgsmapam Mellon Collie

【今日の5曲】  ~テーマ『空白の90年代(前編)』~
1.スメルズ・ライク・ティーン・スピリット/ニルヴァーナ・・・Nevermind
2.1979/スマッシング・パンプキンズ・・・Mellon Collie And The Infinite Sadness

ロックを長く聴いている人には必ず、一度や二度の「ロック空白期」
あるのではないでしょうか?

私も、ロックを聴き始めて37年近くになりますが、いわゆる「空白期」が
二度ほどあります。

そのうち二度目の空白期は、約15年くらい続きまして【90年代のロック】が、
すっぽり抜け落ちた形になっております。

今日は、そんな後追いの「90年代の代表的なアルバム」を聴きながら、
「ロック空白期」について考えて見たいと思います。

----------------------------------------------------------------

先ず最初の「空白期」は、高校1年の夏~3年の秋でした。(1977~1978)

理由としては、生活環境が変わった事が挙げられます。
この時期、私は弱小高校ながら野球部に所属しており「部活が忙しく帰りが
遅かった」というのが、ロック離れを起こした一つの理由です。

でも本当は、中学時代に好んで聴いていた「プログレッシヴ・ロック」が衰退
していくのが手に取るように分かり、「プログレが最早、プログレッシヴ(進歩的)
なロックではなくなった」
と言う事実を認めたくなかったという事と、それに
代わるロックを見つける事が出来なかった。というのが最も大きな理由でした。

丁度「パンク・ロック」が登場し始めた頃で、私はその粗雑で原始的な音を聴いて
「絶望の淵」に追いやられた気分がしたものです。
(まぁ、後追いで聴いたら結構ハマッてしまったんだけどね・・・

そしてロックを離れて2年後の1979年、久しぶりにロック雑誌を読んだり、
ラジオを聴くとロック・シーンはポスト・パンクと呼ばれる「ニュー・ウェーヴ」
という新しいムーヴメントで、沸きかえっていたのです。

復帰して最初に聴いたアルバムは、ポリス「白いレガッタ」でした。
そのレゲエとパンクをミックスした斬新な音は、とても新鮮に聴こえたものです。

そういう意味では、ある程度「空白期」を置く事も、大切な事だなぁと感じました。

これ以降、大学へ進学し勉強そっちのけで、バイトしたお金を「レコード」と
「オーディオ」に注ぎ込む「人生最大のロック黄金期」を迎える事になります。

二度目の空白期については、後編でお話したいと思います。

----------------------------------------------------------------

それにしても、ニルヴァーナカート・コバーンの「死」って、どれだけ
センセーショナルだったのだろう?
もし、リアルタイムに直面していたら、どんな事を思ったんだろう?
ジョン・レノンの「死」と同じくらいの、ショックだったのかなぁ・・・?


1979かぁ。運命的な歌だな・・・

関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

こんばんは〜♪
ジョンの死はちょっと遅れましたが?カートのはよく覚えてますね。
その日、帰宅し、弟から教わりました。
感想は「あちゃ〜、やっぱり自殺?」みたいな感じで、それ以前からいろいろ怪しい感じだったんで、予感はなきにしもあらずって感じでした。
結構彼等には夢中だったんで、死んだことより、もう作品が聴けないって方がショックでした…って、こういう不謹慎な?こというとなぜかわが国じゃ?怒られそうなんで、ここだけに話ってことで…うふ♪

へどろんさん、こんばんは

>以前からいろいろ怪しい感じだったんで、予感はなきにしもあらずって感じでした

そーですか。ドラッグもやっていたようですし、プレッシャーも大きく圧し掛かっていたようですしね。
でも、「永遠」になった事で、より一層残された作品の評価が高まる事もありますね。
歳をとらないんですから、何年たっても普遍的に、その音が鳴り続けますからね。
(↑ちょっと問題発言?)
人気絶頂期を過ぎ、少し下り坂を降り始めた辺りで「命を絶ってしまう」というのが、ロック・ミュージシャンの「美学」の一つだとしたら、とても残念ですが・・・。

個人的には、好きなミュージシャンには、何歳になっても元気に頑張ってもらいたいなぁと思っています。
自分より年上のミュージシャンが、だんだん少なくなってきましたが、そういうベテランの元気な姿は、自分の目標にもなりますし、音楽を聴く励みになるものですv-410

コメント、ありがとうございました。

俺はTonight, Tonightが死ぬほど好きです。
スマパンはあの二枚組が最高傑作だと思います。

カートもビリー・コーガンも、正に90年代を象徴するアーティストですよね。

ryoさん、おはようございます

>俺はTonight, Tonightが死ぬほど好きです

Disc1-M1のタイトル・ナンバーから、この「Tonight, Tonight」に続く流れは、鳥肌ものですよね~。
私も「1979」と「Tonight, Tonight」は、どちらも甲乙つけ難いくらい好きなナンバーです。

2枚組というと曲が多すぎる為に散漫になって、まとまりがつかないものも有りますが、このアルバムは最後まで飽きさせずに聴かせてくれます。
ディストーション・ギターの陰鬱でヘヴィな部分もあれば、物凄いポップな曲があったりして、とても素晴らしいアルバムですね。

ビリー・コーガンの迫力あるルックスと、声のアンバランスさも絶妙ですe-348

コメント、ありがとうございました。

オアシーズさん、オヒサで~す♪
洋楽聴き始めて37年ですか!(≧▽≦)スゴイ!
私はまだようやく30年くらいかな(^^ゞ

私も空白期みたいな期間がありますよ~
全くの空白期間じゃないんだけど
「その時代に話題になってる若手バンド」を聴かなくなったのが
80年代後半から90年代前半かな~って。

その時代の流行がすきじゃなくて、時代に逆行して70年代60年代と
時代をさかのぼって聞くようになったのでしたw

ちなみにカート・コバーンの死はリアルタイムで知ってますけれど
ニルヴァーナを含めたグランジ自体が自分としては全く好みじゃなかったし
カートはいつも病人みたいだったから、きっとこの後なにかありそう、って思ってました。
だから早すぎる死が訪れてしまったときも、悲しいんですが「やっぱりな・・・」という気持ちもありました。

「その時代の旬な洋楽」をまたチョコチョコと聴き始めるようになったのは
90年代半ばのブリットポップからですね。
といっても、オアシスとブラーの2大バンド+幾つかのバンドという感じで
大まかなバンドを網羅するというところまではいきませんでしたけども(汗)。
スウェードとか好きでしたねぇ。グラムチックで妖しくて♪

2001年頃だったかな、クーラシェイカーを友達経由で知ったんだけど
もうそのときには解散しちゃってて。
でも90年代のバンドの中では一番私好みだったんです~!
サイケなところがw

彼らは再結成してくれました。
そしてもうそろそろ、3年ぶりの新譜が出る予定なので楽しみにしてるところです♪

もりたんさん、お久しぶりです

>洋楽聴き始めて37年ですか!
と言っても、そのうち15年位はブランクが有るんですけどね~e-351
やはり、もりたんさんも80年代後半からブランク期に入りましたか?
あの頃のロック界は、沈滞したムードに包まれていましたからね~。その反動で90年代に入ってグランジやブリット・ポップが、とても新鮮でみんなが飛びついたんでしょうね。

「今のロックがつまらなくなった」と感じた時、もりたんさんのように「60年代」に遡る選択肢も有ったんでしょうけど、私は10年くらい購読していたロック雑誌も全て捨てて、別の趣味に走ってしまったんですよねe-248。(←by JRA)
でも、今はそのブランク期のおかげで、毎日新鮮で楽しくロック三昧しております。

オアシスは、兄弟が別々の道を歩んでいくのかな?ブラーって解散したの?でも、ゴリラズは絶好調だし。スウェードは再結成するとかしないとか・・・?
クーラシェイカーって聴いたことが無いのですが、前作はあのサイケな魔法使い?のようなジャケットのやつですね。今度、聴いてみますe-454

コメント、ありがとうございました。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。